[an error occurred while processing this directive]

つれづれ日記 4月15日 増刊号.


「メールマガジン発行のどたばた日記」&「プログラマのぐうたら日記」

つれづれ日記 4月15日 増刊号

--------------------------------------------------------------------------------

      「つれづれ日記」 & 「ぐうたら日記」 増刊号

--------------------------------------------------------------------------------

 今日は、えのらです。
 御無沙汰しております。

「つれづれ〜」を魔神氏にバトンタッチしてから2週間経過しますが、如何ですか?
 公な文章を書くのはメンバー全員初めてなので、御見苦しい点も多々あると思い
ますが、宜しくお願い致します。

 最近は非常に面白いメールマガジンが増えてきて、どのマガジンを購読しようかと
迷ってしまう事が多々あります。また、「メールマガジンは無料」という考え方も変
わりつつあり、「面白いものは代価を支払ってもよい」と考える読者が増えてきてい
ます。その為、メールマガジンを「ビジネスチャンスを得るための手段」として見た
時、「発行部数が増えれば広告収入につながる」から「メールマガジン発行そのもの」
をビジネスとして成り立たせる事が可能となってきました。
 無論、それなりの内容や情報を提供してこそ成り立つことですが、内容を充実させ
ればそれだけの結果が返ってくるのは非常に良いことだと思います。

 今、物語を書く作家になりたい人がいるとします。  作家になるには出版社に持ち込むか、懸賞小説などに応募するか、同人誌を発行し
て読者の方に読んでいただき、少しずつ名前を広めつつ文章表現の技術を磨いていか
なければなりません。出版社に持ち込んだ場合や応募した場合には、人目に触れる前
に審査されてしまうので、意見を満足に聞くこともできないまま挫折してしまう事も
あります。
 では、メールマガジンで発表した場合はどうでしょう。
 確かに読んでもらえる部数は少ないかもしれません。でも、編集者の指示で自分の
書きたかったことを曲げられることはありません。また、同人や自費出版と違い、コ
ストがかさみません。それよりなにより、読者の方の生の意見を伺うことができます。
 確かに「自分には才能がないんや。もうやめよ。」と思うくらい手厳しいご意見を
頂く時もあります。しかし、その全てが自分の作品に対して寄せられる手応えです。
そのうちに自分の作風と言うものが出来上がり、成長していくことができます。

 趣味であれ、ビジネスの一環として捉える場合であれ、今後は電子出版ならではの
面白い出版形態が確立されていくのではないかと思います。
 リクエストで「こんな物語が読みたい」と言うような、例えば「自分と憧れのあの
人が登場するロマンティックな物語が読みたい」とリクエストをすれば、希望通りの
小説を書いてもらえるとか、「自分の子供を主人公にした絵本がほしい」と頼めばH
TMLなどを駆使した電子絵本を書いてもらえ、子供と一緒に楽しんだり。
 実際の書籍は(作家さん以外は)読者にしかなれませんが、電子出版は誰でも夢や
を情報を提供できる側になれるのです。
 みなさんも何か書いてみませんか?

 「メールマガジンができるまでのどたばた」としてスタートしたこのマガジンも、
まだまだ読者の方に読んで頂けるような内容ではない事は自覚しています。
 でも、出版した以上は少しずつですが日々充実した内容をお送りできるように努力
致しますので、今後ともどうか宜しくお願い致します。
 その第一弾として、現在出版予定のマガジンのライター全員交代で、ある期間、こ
のマガジンを出版して行くことに致しました。(メンバー一人一人のスキルアップの
為です。)
 魔神氏の次は泥棒髭氏にも執筆していただく予定ですので、御意見、批判、苦情、
なんでも結構ですので、メールを頂ければ嬉しく思います。

--------------------------------------------------------------------------------

■ぐうたらなど
 最近えのらはテスターモードに入っています。
 テスターと言うのは、出来上がったプログラムを御客様に納品する前に行うβテス
トを専門に行う人のことです。普通はSE、PG(プログラマ)、テスター、サポー
トと専門の人間が居るものですが、私が勤める会社は小さいので、一人の人間がSE
からサポートまで、全てこなします。
 でもさすがにテストはプログラム作成者以外の人がすることになっているんです。
 なぜかというと、作成者は危なっかしい個所を誰よりもよく知っているので、
「落ちそうだな〜」と言う操作は絶対にしません。(と言うか、無意識に避けてしま
うんですね。)納品した後に火を吹いたら(バグが出たら)地獄に落ちるのは自分な
のに、早く今の苦しみから抜け出したい一心で「OKOK!も〜バッチリ!」と、
テストを終わらせてしまうからなんです。

◇他人の地獄は蜜の味
 自分の作成したプログラムを他の人にテストしてもらうのは、本当に心臓に悪いです。
小さい職場なので、誰かが席を立つ度に「ギク!」とします。
 しかし、他の人が作成したプログラムをテストするのは楽しいものです。無茶苦茶に
キーを叩いてみたりあちこちクリックしまくったりして、アプリケーションエラーなん
か出ようものなら満面の笑みを浮かべて「○○さん、バグです。」

 と言う訳で、今はテスターなので非常に楽しいお仕事なのですが、明日は我が身・・・
あまり皆の恨みを買わないようにしようと思うえのらであった。
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
ぐうたら日記への御感想・苦情・御意見は次のアドレスまでお願い致します。

stoneage@geocities.co.jp

このマガジンは「インターネットの本屋さん まぐまぐ」さんのご協力で出版しています。
http://www.mag2.com
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Links to other sites on the Web

魔神の部屋トップのページへ
インターネットの本屋さん「まぐまぐ」さん
つれづれ日記3月29日号
つれづれ日誌(4月4日号)
つれづれ日誌(4月25日号)
つれづれ日記(履歴リスト)

======================================================================
 ◎これを機会にあなたも何か書いてみませんか?
  御意見・御感想・御質問・苦情は下記のメールアドレスまでお願い致します。
  発行人:ペンネーム 「魔神(まじん)」
  
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/3165
======================================================================
**********************************************************************
 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」さんの
ご協力で発行させて頂いております。
http://www.mag2.com
**********************************************************************


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ