[an error occurred while processing this directive]

つれづれ日誌98/02/12号


「メールマガジン発行のどたばた日記」&「プログラマのぐうたら日記」

1998/02/12 発信
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
         つ れ づ れ 日 記

            2月12日号

「メールマガジン発行のどたばた日記」&「プログラマのぐうたら日記」
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 こんにちは、えのらです。
 私事で申し訳ないのですが、現在不定期発行とさせて頂いております。御了 承下さい。

 実は3週間ほど前、マシンを一台組みました。
 実は私ではなく泥棒髭さんなのですが、本格的にメールマガジンを発行する
に当たって必要に迫られての事なので、
「取り敢えず安くあげよう」をコンセプトにやってみました。
(泥棒髭さんはコンピュータ関連の仕事をしていますが、マシンを持っていま せんでした。)

 以下やり取り(大阪弁復活!)を交えながら、部品購入までをレポートします。

−−−−− 1月18日 大阪日本橋にて −−−−−

えのら「取り敢えず一台作るって言うたけど、どんなんにするん?」
泥棒髭「原稿書けたらええねんけど、インターネットも快適に出来る位のやつ。」
えのら「インターネットはマシンよりも回線の速度に依存するからなぁ。モデムで
    繋げている以上Windowsが走ったらどれでも一緒やで。
    実際家でも古いモノクロノートでインターネットやってる時もあるし。」
   (実際私はEPSON PC-386NoteARでインターネットに接続している時もあるが、
    33600bpsのモデムなので、もう一台のPentiumII-266のマシンと体感速度
    は大幅には変わらない)
泥棒髭「そやけど半年ぐらいは現役で速いマシンでつかいたいしなぁ。」
えのら「もし予算を思いっきり押さえるんやったらインテルのCPUはあかんなぁ。     高いし。」
 と言うわけでCPUはインテル以外の互換CPUを購入することにしました。
 しかし、CPUを互換メーカーにしてもマザーボードが対応していなければ何にも
ならないので、これも検討しました。

えのら「マザーボードはどうする?」
泥棒髭「買うCPUが動いたら何でもええ。えのら氏は何使こてんのん?」
えのら「作ったんはちょっと前やからなぁ。アスースのPIX-55T2P4ってやつ。
    もう今は生産してへんから店頭在庫だけやと思うけど、ちょっと前まで
    は一番売れてたやつやからインターネットにも資料がいっぱいあるし、
    会社のサーバーもそれを使こてるから。」
泥棒髭「それにしよ。捜したらどっかあるやろ。」
 マザーボードはあっけなく決定してしまいましたが、現在このマザーボードは生産
されておらず、次期製品に変わっています。
 現在販売されているボードは殆どのCPU(PentiumProやPentiumIIは別)を
サポートしていますが、少し前までのマザーボードはリビジョンによってサポー
トしていないCPUがあったりするので、気を付けなければいけません。

■取り敢えず買いに行く
 できるだけ安くあげると言うことで、CPUはインテル互換メーカーのものを
使うことにしました。
 互換と言ってもAMDやサイリックス、WinChipやIBMなどのメーカーが
あります。
 店頭で色々見てまわったのですが、速度は同クロックのPentiumIIに匹敵し、
MMXもサポートしているAMDのK6を採用することにしました。
 一番安かったのはC6と686だったのですが、安定性やマザーボードとの
相性がシビアなので今回は避けました。

 AMD K6−200MHz 17500円で購入
 ついでにCPUファン SANYOのCPUクーラー バルクで2000円で購入

 次に購入したのはマザーボードです。
 希望通り、T2P4があったので迷わず購入。このボードは少し前までは一番
安定して動作すると言われており、どのショップでもお薦めのボードだったので
すが、今は店頭在庫のみになっています。
 このボードはリビジョンによって、K6や686が使えなかったりするので
御注意下さい。今回使用したのはリビジョン3.0です。

 マザーボート ASUS T2P4 18000円で購入
   Windows95 OSR2.1+Plus! 18000円で購入

 メモリは取り敢えず64MBあれば使えるだろうと言うことでノーブランド品
を購入しました。
 普通に使用する場合は問題ないのですが、クロックアップでベースクロックを
引き上げて使用する場合などは誤動作したりする場合があるようです。
 また見落としがちなのですが、マザーボードのメモリソケットの接触部分が金
メッキならメモリの接触部分も金色、銀色なら銀色のものを選ばないと、違う金
属同士を接触させてていると接触部分が腐蝕する場合があるようです。

 72pinSIMM 32MB2枚 9400円で購入(ノーブランド)

 グラフィックボードはゲームをすることを考えてDirect3Dに対応して
いる事を条件に選びました。
 しかし泥棒髭氏は英語があまり得意ではないので、極力日本語マニュアル添付
のもので、しかも廉価のものが良いとのことなので国産のメーカー品を選びました。

 I・O DATA製 GA−PGDX4を購入しました。
 このボードはパッケージには書かれていないクセがあって、NTをセットアップ時
には取り外さなければ正常にセットアップ出来ないという事がマニュアル書かれ
ています。
 こういう事はマニュアルにではなくパッケージに明記して欲しいものです。

 GA−PGDX4 17000円で購入

 サウンドカードは御馴染みサウンドブラスター16を購入しました。
 これはもう説明は必要ないでしょう。

 CD−ROMはTEACの24倍速を購入しました。

 HDDは最近1Gを一万円をきる価格になっています。アプリケーションが
肥大化し過ぎて2Gではすぐに足りなくなるので3Gを購入しました。

 クァンタム製HDD E−IDE 3G 23000円で購入

 FDDはトムキャット製3モードを購入しました。
 よく98をばらしてAT互換機を作成する人がいます(えのらもその一人です)
が、FDDだけは絶対に使いまわさないでください。
 98のXMate以降のマシンはAT化が進んでいて、殆どのパーツが使い
まわすことが出来るのですが、FDDはVFOと言う特殊な回路が含まれているため、
 AT互換機に使用すると、最悪の場合マザーボードが壊れてしまします。
 ピン形状が同じなためにすんなりと接続できてしまうため、注意してください。

 TOMCAT 3MODE FDD 5000円で購入

 ケースはコンパクトなATX用ミニタワーを購入(10000円)
 キーボードは109日本語キーボード(1980円)、
 マウスはPS/2用(680円)を購入しました。

 モニタは大きく分けてフラット管・トリニトロン管・LCD管がありますが、
LCD管はまだまだ高価でOut of 眼中です。
 職業上の経験から、フラット管はにじみが多く目が疲れやすいのでダイアモン
ドトロン管のモニタを採用しました。
 えのらは三菱のダイアモンドトロンのRD17GXを購入したことがあるの
ですが、初期不良で3回も交換した経験があったので飯山電機のものを推薦しました。
 ダイアモンドトロン管は三菱電機からOEM供給されているので同じ様なもの
だとおもうのですが、何故か飯山製品で会社での経験を含めて不良品にあたった
事がありません。

 飯山電機 17インチダイヤモンドトロン 65000円で購入

■買い物を終えて
 色々なショップを回ってみて思ったのですが、同じ商品で店によってここまで
価格差があるものかと驚きました。
 コンピューターのパーツ価格は水物だとよくいわれますが、同じ店の支店間
でも相当な価格差がありました。
 CPUのK6−200MHzが17500円から23000円と、実に5000円
以上の差がありました。
 メモリも実に毎日のように価格が変動しています。
 コンピュータパーツを購入するのと、株式を購入するのと同じ様なものだなと
思いました。
 実際の組み立てはトラブルは全くなく、すんなりと組みあがりました。
 組み立ての際のトラブルとその解決法を特集することも出来たのですが、
トラブルが発生することなく組みあがってしまったので、近く創刊予定のマガジン
で業務上や過去の経験で得た知識や遭遇したトラブルを特集していきたいと思います。
 予算を押さえたとはいえ、そこそこのスペックを保持しているマシンですので、
Windows95は快適に動作しています。
 ゲームもおまけでついていたセガラリーはビュンビュン走っています。
 自作は初期投資は大きいのですが、マザーボードさえも交換の対象となるパーツ
ですので、非常に安価に最新スペックのマシンを所有しつづけることができます。
 もし、時間に余裕のある方で新しいマシンの購入を考えておられる方は、一度
自作されてみてはどうでしょうか?

■今週のえのら
 先月の末から今月の中まで、お休みをとっているので「ぐうたら」に書くこと
はありません。
 今週の中から業務に復帰するので、また色々愚痴らしてもらおうと考えています。
 しかしお休み中も携帯電話の電源を切ることを許されず、新婚旅行先からでも
会社のサーバーにアクセスして対応したりで泣きそうでした。
 (そのせいで嫁さんが怒って口を聞いてくれなかったり・・・)
 最近のホテルはインターネットが出来る設備があったりして、本当に便利に
なったものですね。
 今度から旅行するときには、そんな余計・・・(失礼!)便利な設備の無い
ひなびた温泉旅館に泊まろうと決意を固くしたえのらでした。

 今号はマシンレポートになってしまいましたが、これで全員原稿が書ける状態に
なったので、次号以降も益々頑張っていきます。
それでは!

======================================================================
 ◎これを機会にあなたも何か書いてみませんか?
  御意見・御感想・御質問・苦情は下記のメールアドレスまでお願い致します。
  発行人:えのら

======================================================================
**********************************************************************
 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」さんの
ご協力で発行させて頂いております。
http://www.mag2.com
**********************************************************************

Links to other sites on the Web

魔神の部屋トップへ
つれづれ日誌創刊(その2)98/01/10
第1号98/01/17
98/01/21号
魔神の連載スタート号98/03/29
つれづれ日誌(履歴リスト)

======================================================================
 ◎これを機会にあなたも何か書いてみませんか?
  御意見・御感想・御質問・苦情は下記のメールアドレスまでお願い致します。
  発行人:ペンネーム 「魔神(まじん)」
  
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/3165
======================================================================
**********************************************************************
 このメールマガジンは、 インターネットの本屋さん「まぐまぐ」さん
ご協力で発行させて頂いております。
http://www.mag2.com
**********************************************************************


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ