[an error occurred while processing this directive]

つれづれ日誌第1号(98/01/17)


「メールマガジン発行のどたばた日記」&「プログラマのぐうたら日記」

1998/01/17 発信
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
         つ れ づ れ 日 記

            第 1 号

「メールマガジン発行のどたばた日記」&「プログラマのぐうたら日記」
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

 こんにちは。えのらです。
 前回(前々号)は「メールマガジン発行することになった経緯」をトークでお伝え
しましたが、今回は内容(ネタですね)が決まっていく過程をお送りしていきます。
■分野と読者数
 えのらも「まぐまぐ」さんで色々なメールマガジンを購読させていただいている読者
の一人ですが、
「園芸に関すること」「ゲームに関すること」など、専門分野のみを扱う
マガジンと、あらゆる読者層に対応した万人向けのマガジンとに大きく分かれている様に
思います。
 ある程度の読者数を期待して発行するのであれば、分野に拘ることなく多種に渡っての
記事を書かなくてはならなくなり、取材やネタ探しで苦労することになります。
 特に一人で発行する(大抵の方は一人で発行されていると思いますが)場合には相当な
労力を必要とします。
 また、専門分野に特定して発行するのであればネタは比較的容易に見つかるものの、
読者もその分野に興味のある方に限られてくるので、余り多大な数値は期待できません。
読者数に関係なく「ある分野の素晴らしさを伝える為」や、Q&Aなど「困っている方
の参考になれば」などの理由で発行される場合はこちらになると思います。
 私たち(前々号でご紹介致しました えのら・泥棒髭・印度・ドドの四人)は、最終
目的として、「将来インターネットビジネスを始める時の為の準備の一環」として発行
するので、より多くの方々に読んで頂けなければなりません。つまり、万人受けする記事
を書かなければならないわけです。
■完全分業制
 今回我々は4人で発行するのですが、
 1.4人が持ち回りでマガジンを発行する。
 2.一人一人が一つ以上記事を受け持ち、寄せ集めて一つのマガジンを発行する。
 いろいろ検討した結果、2の手法を取ることに決定しました。

 スタッフは皆、仕事や日々に追われているので、4回に1回しか順番が回ってこない
1の方が楽なのですが、記事によっては読者の全く興味のない分野の事があるかも知
れず、
読みたい記事が無いのに貴重なメールエリアを消費するという事があるので、できるだけ
いろんな分野の記事を盛り込む事ができる2を選びました。

■記事の内容(予定)
 えのら・・・・・未定(コンピュータ関連には間違いないと思いますが・・・)
 印度 ・・・・・これから御結婚される方へのワンポイントアドバイス
         これからマイホームを新築される方へ「住宅展示場の歩き方」から
         住宅メーカーの見分け方、自分が遭遇したトラブルや見聞きした
         情報、基礎工事から完成・入居まで、戸惑った経験とその解決経緯
         など、連載していきます。
 泥棒髭・・・・・仲間内では雑学王と呼ばれている泥棒髭が、御得意の雑学・社会批判
         など、厳しい口調で斬りまくります。
         第一回目は「近頃の古い者は・・・」だそうで、よく年配の方が
         おっしゃる「近頃の若い者は・・・」を逆の立場から見たお話です。
 どど・・・・・・?????
         セガサターンでインターネットをしている為、メールに書ける文章は
         1行限定だそうです。えのらの所までどうやって原稿を送ろうか、
         現在思案中につき、内容は未定です。
         (現在はペンネーム変更して「魔神」で連載しています)

 ここで、力強い味方が現れました。
 えのらは某企業のプログラマなのですが、実家が会社を経営している関係で、そこの
取締役でもあります。
 何かの折りに「今度、個人的にメールマガジンと言う物を発行する」旨を顧問の税理士
さんにお話したところ、「Q&A形式ではなく、税金・税務一般のワンポイントアド
バイス」
を連載して頂けるとのこと。
 さらに、この「つれづれ・・・」を読んで頂いている読者の方で「何かあればお手伝い
します」とおっしゃって下さる方もおられるので、お願いして執筆していただくことが
あるかも知れません。(目一杯アテにしてますので、その時は宜しくお願いしますね。)
 まだまだ未知数的な部分は多いですが、結構内容は充実しそうです。

 発行周期の予定が隔週なので、連載とは言え「一回一回読み切り」形式の記事を書
かなけ
ればならないし、読者の方に対してどのような情報を提供していけるのかについて、
内容を
検討している時はモメにモメました。
 特に「各自が得意とする分野が本当に読者の方に受け容れて頂けるか」、について
は一番
メンバーが悩んだ所ですし、実際今も結論は出ていません。
 しかし、やっても見ないで可否を判断できる訳もなし、「取り敢えずやってみよう
。小説家も
初めから小説家だった訳ではない」との結論から兎に角前進してみることにしました。

 トーク形式で書いているとキリが無いので今回トークは混じりませんが、結構幅広
い読者層
をサポートできるのではないかと考えています。

 今回もなにやら訳の判らない内容になってしまいました。
 恒例となってしまいましたが、「ぐうたら・・・」 は今回も積み残しです。
 もし余裕があれば臨時版として配信したいと思います。

 次回「つれづれ・・・正式版 ^^;」は少し間が開いてしまいます。
 実はえのらと印度の結婚式を2月の始めに行うのですが、結婚式・新婚旅行・新居
への引越し
等が今月末から2月の終わりにかけてドタバタとあります。
 本当に申し訳ないのですが、3月の初めまで「不定期に発行」させて頂きます。
(極力頑張りますので、見捨てないで下さい。)

 次号をお楽しみに!


======================================================================
 ◎これを機会にあなたも何か書いてみませんか?
  御意見・御感想・御質問・苦情は下記のメールアドレスまでお願い致します。
  発行人:えのら

======================================================================
**********************************************************************
 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」さんの
ご協力で発行させて頂いております。
http://www.mag2.com
**********************************************************************

Links to other sites on the Web

魔神の部屋トップへ
つれづれ日誌創刊号98/01/08
つれづれ日誌創刊(その2)号98/01/10
98/01/21号
98/02/12号
つれづれ日誌(履歴リスト)

======================================================================
 ◎これを機会にあなたも何か書いてみませんか?
  御意見・御感想・御質問・苦情は下記のメールアドレスまでお願い致します。
  発行人:ペンネーム 「魔神(まじん)」
  
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/3165
======================================================================
**********************************************************************
 このメールマガジンは、 インターネットの本屋さん「まぐまぐ」さん
ご協力で発行させて頂いております。
http://www.mag2.com
**********************************************************************


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ