> 行政書士試験の練習用の過去問題(総合)- 出題状況 -10問モード
[介護福祉士・ケアマネージャー介護支援専門員・行政書士の過去問題クイズ] [挑戦] [高成績者] [成績分布] [出題状況]

行政書士試験の練習用の過去問題(総合)
出題状況


■出題状況情報■
総問題数 1196問
総出題回数 53415回
総正解回数 33453回
平均正解時間 3250.54秒
総正解率 62.62%

問題番号 成績 正解率 正解時間 作成者 問題内容 ジャンル
Q1. 441人中352人正解 79.8% 531.51秒   日本国憲法が国民に保障する自由および権利のすべては、日本国に居住する外国人にも保障される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q2. 438人中296人正解 67.5% 1054.33秒   外国人は、日本国憲法の定める基本的人権の享有主体ではない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q3. 422人中270人正解 63.9% 497.41秒   基本的人権の保障は、日本国民のみならず我が国に在留する外国人に対しても常に等しく及ぶものである。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q4. 453人中398人正解 87.8% 389.13秒   我が国に在留する外国人には、我が国の政治的意思決定に影響を及ぼすような政治活動の自由についてまで保障されているわけではない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q5. 443人中362人正解 81.7% 1000.75秒   外国人は、在留の権利ないし引き続き在留することを要求し得る権利を憲法上保障されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q6. 413人中334人正解 80.8% 659.89秒   基本的人権は、自然人について認められているものであるから、法人は、日本国憲法の定める基本的人権の享有主体ではない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q7. 421人中362人正解 85.9% 520.70秒   憲法の定める国民の権利および義務の各条項は、自然人たる国民のみに適用されるものであり、法人たる会社は、政治的行為をなす自由を有しない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q8. 415人中328人正解 79.0% 1594.83秒   税理士会が政治資金規正法上の政治団体に対して金員の寄付をすることは、たとい税理士会に係る法令の制定改廃に関する要求を実現するためであっても、原則として、税理士会の目的の範囲外の行為であり、無効と言わざるを得ない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q9. 471人中380人正解 80.6% 835.76秒   国民は、日本国憲法が国民に保障する自由および権利を濫用してはならないのであって、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q10. 428人中337人正解 78.7% 972.27秒   地方公務員の政治的行為を制限する法律は、民主政治過程を支える政治的表現の自由の侵害であるから、違憲である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q11. 452人中295人正解 65.2% 731.45秒   勤務時間外に公務員が支持政党のポスターを公営掲示板に貼りに行った行為を、公務の政治的中立性を理由に処罰するのは、合憲である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q12. 433人中327人正解 75.5% 2144.90秒   国家公務員は、一般職と特別職に分けられるが、前者に対して政治的行為を禁止することは出来ない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q13. 436人中343人正解 78.6% 1432.82秒   一定の制約の下に、未決拘禁で監獄に拘禁されている者に対して新聞等の閲読の自由を制限することは認められる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q14. 428人中351人正解 82.0% 656.91秒   刑務所に未決拘留により拘禁されている者であっても、幸福を追求する権利を有しており、喫煙を禁止することは出来ない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q15. 443人中345人正解 77.8% 138.47秒   喫煙の自由は、基本的人権に含まれるとしても、あらゆる時、所において保障されなければならないものではない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q16. 435人中329人正解 75.6% 748.80秒   日本国憲法の基本的人権の規定は、もっぱら国又は公共団体と個人との関係を規律するものであり、私人相互の関係を直接に規律することを予定していない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q17. 443人中373人正解 84.1% 1875.58秒   企業が、特定の思想・信条を有する者について、それを理由に雇い入れを拒んだとしても、当然に違法とはいえない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q18. 419人中189人正解 45.1% 1301.99秒   就業規則に女子の定年年齢を男子より低く定めた規定がある場合、その規定は、性別のみによる差別として法の下の平等を定めた憲法14条1項に違反して違憲無効である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q19. 429人中226人正解 52.6% 822.29秒   生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利は、いかなる場合も立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q20. 431人中350人正解 81.2% 571.06秒   警察官が正当な理由もないのに、個人の容ぼう等を撮影することは、憲法13条に違反するが、公共の福祉のために必要な場合には許される場合がある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q21. 427人中319人正解 74.7% 478.24秒   何人も、その承諾なしに、みだりにその容ぼう・姿態を撮影されない自由を有するが、警察官による撮影は、証拠保全の必要性があれば、その撮影の方法を問わず許容される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q22. 454人中412人正解 90.7% 1004.07秒   自動速度監視装置による運転者の容ぼうの写真撮影は、現に犯罪が行われ、かつ緊急に証拠を保全する必要があり、方法も相当である場合には許される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q23. 407人中318人正解 78.1% 474.42秒   私生活をみだりに公開されない権利が法的に救済されるための要件の1つとして、公開された内容が一般の人々に未だ知られていない事柄である事が必要とされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q24. 1人中0人正解 0.0% 0.00秒   地方公共団体が、弁護士会からの弁護士法23条の2の規定による前科照会に応じ、前科等の全てを報告することは、前科等をみだりに公開されないという個人の法律上の利益を害し、違法となることがある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q25. 432人中245人正解 56.7% 1003.26秒   市町村長が漫然と弁護士会の照会に応じて、前科等を報告することは、それが重罪でない場合には、憲法13条に違反し、違法な公権力の行使にあたる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q26. 440人中388人正解 88.1% 1494.14秒   名誉を違法に侵害された者は、人格権としての名誉権に基づき、将来生ずべき侵害を防止するため、侵害行為の差し止めを求めることが出来る。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q27. 428人中366人正解 85.5% 373.66秒   ある者の前科等を実名付きで公表した著作者は、それを公表する理由よりも公表されない法益の方が勝る場合、その者の精神的苦痛を賠償しなくてはならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q28. 425人中351人正解 82.5% 2197.47秒   何人も、憲法13条に基づき、みだりに指紋押捺を強制されない自由を有するが、外国人登録法が定めていた在留外国人についての指紋押捺制度は、許容されうる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q29. 446人中210人正解 47.0% 2733.78秒   栄誉、勲章その他の栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代を除き、いかなる特権も伴わない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q30. 446人中360人正解 80.7% 347.50秒   形式的に一人一票の原則が貫かれていても、投票価値が平等であるとは限らない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q31. 370人中324人正解 87.5% 227.25秒   選挙人資格における差別の禁止だけでなく、投票価値の平等も憲法上の要請である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q32. 414人中332人正解 80.1% 390.64秒   投票価値の平等は、他の政策目的との関連で調和的に実現されるべきものである。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q33. 433人中301人正解 69.5% 1507.85秒   法改正に時間がかかると言う国会側の事情は、憲法判断に際して考慮すべきではない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q34. 456人中340人正解 74.5% 458.76秒   参議院議員の選挙については、人口比例主義も一定程度譲歩・後退させられる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q35. 437人中330人正解 75.5% 508.71秒   裁判所が他人の名誉を毀損した者に対し謝罪広告を新聞紙上に掲載するように命じることは、意思表明の公表を強制するもので、憲法19条に違反する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q36. 433人中352人正解 81.2% 2085.28秒   憲法の政教分離規定は、国が宗教との関わり合いを持つことを全く許さない趣旨ではない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q37. 463人中404人正解 87.2% 599.93秒   市の主催により、市体育館の起工式を神道式地鎮祭として行うことは、その目的が社会の一般的慣習に従った儀礼を行うという専ら世俗的なものであっても、憲法20条3項により禁止されている宗教的活動に当たる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q38. 447人中374人正解 83.6% 664.54秒   地方公共団体が靖国神社に玉串料を奉納する行為は、両者の関わり合いが相当とされる限度を超えており、違憲な公金支出である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q39. 465人中352人正解 75.6% 677.30秒   地方公共団体がデモ行為を禁止する条例を定めるのは、集会・結社の自由の侵害であるから、違憲である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q40. 405人中336人正解 82.9% 1104.37秒   集団行動による思想等の表現は、単なる言論、出版等によるものと異なり、集団の力に支持されているものであり、地方公共団体は、法と秩序を維持するための必要かつ最小限度の措置を事前に講ずることが出来る。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q41. 450人中237人正解 52.6% 1446.95秒   報道の自由は、憲法21条の精神に照らし、十分尊重に値する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q42. 470人中304人正解 64.6% 562.59秒   取材の自由は、表現の自由を規定した憲法21条の保護のもとにある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q43. 434人中373人正解 85.9% 481.69秒   報道機関の事実の報道の自由は、憲法21条の保護の下にあり、報道のための取材の自由も憲法21条により保障されているので、何ら制約は受けない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q44. 412人中360人正解 87.3% 666.69秒   報道機関の報道は、国民が国政に関与するための重要な判断の資料を提供し、国民の知る権利に奉仕するものであるので、取材の自由が公正な裁判の実現のために何ら制約を受けることはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q45. 441人中291人正解 65.9% 869.34秒   報道の自由は、表現の自由を規定した健保21条の保障の下にあり、新聞記者の取材源に関する証言拒否権も広く認められる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q46. 462人中422人正解 91.3% 1217.00秒   報道機関の取材行為といえども、個人の人格の尊厳を蹂躙した場合は、違法となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q47. 413人中367人正解 88.8% 948.22秒   取材の自由の重要性に鑑み、報道機関が取材目的で公務員に秘密漏示をそそのかしても違法とはいえず、贈賄等の手段を用いても違法性は阻却される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q48. 430人中376人正解 87.4% 477.65秒   みだりに他人の家屋その他の工作物にはり札することを禁止した軽犯罪法上の規制は、公共の福祉のため、表現の自由に対し許された必要かつ合理的な制限である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q49. 399人中323人正解 80.9% 265.15秒   法廷での筆記行為の自由は、憲法21条の精神に照らして尊重に値し、故なく妨げられてはならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q50. 447人中301人正解 67.3% 962.27秒   検閲は、公共の福祉を理由として認められる場合がある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q51. 484人中418人正解 86.3% 594.50秒   外国から輸入しようとした出版物にわいせつな表現が含まれている場合、これを税関が輸入禁制品として没収するのは違憲である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q52. 410人中344人正解 83.9% 595.33秒   税関検査は、事前に発表そのものを禁止するものではないが、国民が思想・情報を受領する前に思想内容等を審査するものであるから、知る権利を害し許されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q53. 430人中327人正解 76.0% 709.71秒   検閲とは、公権力が主体となって、思想内容等の表現物を対象として、発表前にその内容を審査し、不適当と認めるときは、その発表を禁止することであるから、裁判所が表現物の事前差止の仮処分を行うことは、検閲に当たる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q54. 411人中327人正解 79.5% 493.47秒   裁判所が、仮処分の形で、名誉毀損的表現を含む書物の出版を前もって差し止めるのは、当事者に十分な意見陳述の機会が与えられていれば、合憲である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q55. 429人中346人正解 80.6% 1975.56秒   高校の政治経済の教科書を執筆し、その出版を企てる者に対して、国があらかじめその内容を審査し、記述の変更を求めるのは、違憲である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q56. 485人中402人正解 82.8% 539.20秒   文部科学大臣が教科書検定を行うことは、不合格とされた図書が一般図書として発行されることを何ら妨げられるものではなく、発表禁止目的や発表前の審査などの特質がないから、検閲には当たらない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q57. 411人中320人正解 77.8% 384.06秒   学問の自由には教授の自由も含まれるものであり、普通教育においても、大学における教授の自由と同じように、完全な教授の自由が認められている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q58. 445人中348人正解 78.2% 560.37秒   大学においては、憲法23条の学問の自由を保障するために、伝統的に大学の自治が認められているから、大学における学生の集会は、それが実社会の政治的社会的活動に当たる場合であっても、大学の有する学問の自由と自治を享有する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q59. 426人中301人正解 70.6% 808.98秒   新しく小売市場を開設しようとしているものに対して、既存の小売市場との距離が接近していることを理由に、県知事がこれを不許可とするのは、違憲である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q60. 430人中247人正解 57.4% 872.97秒   薬局開設の許可基準として、薬局間の距離に制限を設けることは、公共の利益のために必要かつ合理的な制限とはいえず、違憲である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q61. 464人中170人正解 36.6% 1739.02秒   公衆浴場法による適正は一期生は、その目的を達成するための必要かつ合理的な範囲内の手段と考えられるので、憲法22条1項に違反しない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q62. 7人中2人正解 28.5% 1081.00秒 将人(元・魔神)  慣習または慣習法に関して、犯罪と刑罰の内容は、あらかじめ法律によって規定されたものでなければならないから、慣習法は刑法の直接の法源とはなりえない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q63. 8人中7人正解 87.5% 8955.28秒 将人(元・魔神)  慣習または慣習法に関して、民法は、物権法定主義を原則としているから、入会権については各地方の慣習に従うことはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q64. 11人中9人正解 81.8% 1278.00秒 将人(元・魔神)  慣習または慣習法に関して、法令の中の公の秩序に関しない規定とは異なる慣習がある場合において、法律行為の当事者がその慣習による意思を有しているものと認められるときは、その慣習に従う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q65. 8人中3人正解 37.5% 501.66秒 将人(元・魔神)  慣習または慣習法に関して、商事に関しては、まず商法の規定が適用されるが、商法に規定がないときは民法が適用され、民法の規定もない場合には商慣習法が適用される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q66. 8人中5人正解 62.5% 1010.20秒 将人(元・魔神)  慣習または慣習法に関して、国際法は国家間の合意に基づいて成立するが、その合意には明示のものと黙示のものとがあり、前者は条約であり、後者は国際慣習法であって、この両者が国際法の法源となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q67. 11人中8人正解 72.7% 3493.62秒 将人(元・魔神)  投票価値の平等に関して、形式的に1人1票の原則が貫かれていても、投票価値が平等であるとは限らない。これは、最高裁判所の判例の趣旨に適合している。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q68. 6人中3人正解 50.0% 16109.33秒 将人(元・魔神)  投票価値の平等に関して、選挙人資格における差別の禁止だけでなく、投票価値の平等も憲法上の要請である。これは、最高裁判所の判例の趣旨に適合している。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q69. 7人中4人正解 57.1% 71239.25秒 将人(元・魔神)  投票価値の平等に関して、投票価値の平等は、他の政策目的との関連で調和的に実現されるべきである。これは、最高裁判所の判例の趣旨に適合している。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q70. 9人中4人正解 44.4% 34612.75秒 将人(元・魔神)  投票価値の平等に関して、法改正に時間がかかるという国会側の事情は、憲法判断に際して考慮すべきでない。これは、最高裁判所の判例の趣旨に適合している。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q71. 11人中5人正解 45.4% 12.60秒 将人(元・魔神)  投票価値の平等に関して、参議院議員の選挙については、人口比例主義も一定程度譲歩・後退させられる。これは、最高裁判所の判例の趣旨に適合している。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q72. 8人中4人正解 50.0% 5887.75秒 将人(元・魔神)  表現の自由に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、取材の自由は、表現の自由を規定した憲法第21条の保護のもとにある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q73. 9人中4人正解 44.4% 23666.00秒 将人(元・魔神)  表現の自由に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、報道の自由は、憲法第21条の精神に照らし、十分尊重に値する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q74. 13人中9人正解 69.2% 15605.00秒 将人(元・魔神)  表現の自由に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、法廷での筆記行為の自由は、憲法第21条の精神に照らして尊重に値し、故なく妨げられてはならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q75. 9人中5人正解 55.5% 51708.00秒 将人(元・魔神)  表現の自由に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、取材の自由は取材源の秘匿を前提として成り立つものであるが、新聞記者における証言拒絶の権利は、民事訴訟、刑事訴訟にかかわらず認められない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q76. 9人中4人正解 44.4% 1067.25秒 将人(元・魔神)  表現の自由に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、取材の自由の重要性に鑑み、報道機関が取材目的で公務員に秘密漏示をそそのかしても違法とはいえず、贈賄等の手段を用いても違法性が阻却される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q77. 8人中6人正解 75.0% 13141.66秒 将人(元・魔神)  これまで存在した各種の憲法典における条文の例として、連邦議会は、国教の樹立を規定し、もしくは宗教の自由な礼拝を禁止する法律を制定してはならない。これは、日本国憲法第20条から導かれるものと同様の原則を定めていると考えられる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q78. 8人中4人正解 50.0% 946.00秒 将人(元・魔神)  これまで存在した各種の憲法典における条文の例として、各宗教団体は、すべての人に適用される法律の制限の範囲内で、独立に、固有の事務を処理し、かつ、行政を執行する。これは、日本国憲法第20条から導かれるものと同様の原則を定めていると考えられる。これは、日本国憲法第20条から導かれるものと同様の原則を定めていると考えられる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q79. 5人中2人正解 40.0% 3410.00秒 将人(元・魔神)  これまで存在した各種の憲法典における条文の例として、フランスは不可分の非宗教的、民主的かつ社会的な共和国である。これは、日本国憲法第20条から導かれるものと同様の原則を定めていると考えられる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q80. 12人中8人正解 66.6% 6729.00秒 将人(元・魔神)  これまで存在した各種の憲法典における条文の例として、公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、これを支出し、又はその利用に供してはならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q81. 6人中2人正解 33.3% 2935.50秒 将人(元・魔神)  これまで存在した各種の憲法典における条文の例として、ルター派福音主義は、国家の公式の宗教である。これは、日本国憲法第20条から導かれるものと同様の原則を定めていると考えられる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q82. 13人中5人正解 38.4% 109308.20秒 将人(元・魔神)  日本国憲法下の内閣に関して、新しい内閣総理大臣が、まだ国務大臣を一人も任命していないうちは、前の内閣が引き続き職務を遂行する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q83. 4人中3人正解 75.0% 6.33秒 将人(元・魔神)  日本国憲法下の内閣に関して、内閣を構成する国務大臣の過半数を参議院議員が占めるとしても、それは憲法上許容されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q84. 11人中6人正解 54.5% 10058.66秒 将人(元・魔神)  日本国憲法下の内閣に関して、内閣の組織については、憲法が定める基本的な枠組に基づいて、国会が法律で定めるところによる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q85. 10人中5人正解 50.0% 60484.80秒 将人(元・魔神)  日本国憲法下の内閣に関して、内閣は、事前ないし事後に国会の承認を得ることを条件として、条約を締結する権能をもっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q86. 13人中9人正解 69.2% 3891.66秒 将人(元・魔神)  日本国憲法下の内閣に関して、内閣総理大臣は、閣議の決定を経ることなく、任意に国務大臣を罷免することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q87. 11人中5人正解 45.4% 8230.40秒 将人(元・魔神)  情報公開法(行政機関の保有する情報の公開に関する法律)の文書開示に関して、行政機関の長は、開示請求に係る行政文書に不開示情報が記録されている場合であっても、公益上特に必要があると認めるときには、当該行政文書を開示しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q88. 5人中3人正解 60.0% 10766.00秒 将人(元・魔神)  情報公開法(行政機関の保有する情報の公開に関する法律)の文書開示に関して、開示請求に対し、当該開示請求に係る行政文書が存在しているか否かを答えるだけで、不開示情報を開示することとなるときは、行政機関の長は、当該行政文書の存否を明らかにしないで、当該開示請求を拒否することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q89. 6人中6人正解 100.0% 7456.50秒 将人(元・魔神)  情報公開法(行政機関の保有する情報の公開に関する法律)の文書開示に関して、行政機関の長は、個人識別情報であっても、当該個人が公務員等である場合には、職務遂行の内容のみならず、その職についても開示しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q90. 10人中8人正解 80.0% 2716.75秒 将人(元・魔神)  情報公開法(行政機関の保有する情報の公開に関する法律)の文書開示に関して、行政機関の長は、個人に関する情報であって、特定の個人を識別することはできないが、公にすることによりなお個人の権利利益を害するおそれがあるものが記録されている場合には、開示してはならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q91. 11人中7人正解 63.6% 305.85秒 将人(元・魔神)  情報公開法(行政機関の保有する情報の公開に関する法律)の文書開示に関して、行政機関の長は、開示請求に係る行政文書の一部に不開示情報が記録されている場合において、不開示情報が記録されている部分を容易に区分して除くことができるときは、当該部分を除いた部分につき開示しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q92. 7人中3人正解 42.8% 309.00秒 将人(元・魔神)  行政機関が行う次のような行為のうち、建築規制法規に違反する建築物として除却命令が出ているにもかかわらず義務者が自主的に除却しないため、行政の職員が義務者に代わって除却する行為行は、政法理論上「即時強制」にあたる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q93. 12人中7人正解 58.3% 4101.85秒 将人(元・魔神)  行政機関が行う次のような行為のうち、営業許可に付された条件の履行を促す行政指導を無視したまま営業を継続している業者の氏名を行政庁が公表する行為は、政法理論上「即時強制」にあたる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q94. 5人中3人正解 60.0% 25.33秒 将人(元・魔神)  行政機関が行う次のような行為のうち、建築規制法規に違反する建築物の所有者からの給水申し込みを市長が拒否する行為 は、政法理論上「即時強制」にあたる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q95. 11人中8人正解 72.7% 6907.25秒 将人(元・魔神)  行政機関が行う次のような行為のうち、車両が通行する公道上に寝ころんだまま熟睡している泥酔者の安全を確保するため、警察官がその者を警察署に運び保護する行為は、政法理論上「即時強制」にあたる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q96. 13人中6人正解 46.1% 35246.66秒 将人(元・魔神)  行政機関が行う次のような行為のうち、火災の発生現場において消防士が、延焼の危険のある近隣の家屋を破壊してそれ以上の延焼を防止する行為は、政法理論上「即時強制」にあたる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q97. 8人中5人正解 62.5% 48535.60秒 将人(元・魔神)  国家賠償に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、公立学校における教員の教育活動は、行政処分ではなく体罰等の事実行為であっても国家賠償法での公権力の行使にあたる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q98. 7人中4人正解 57.1% 4237.75秒 将人(元・魔神)  国家賠償に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、議員に対し、町議会が辞職勧告決議をなしたことが議員に対する名誉毀損にあたるとする国家賠償の訴えは、決議が違法か否かが審査されるので法律上の争訟にはあたらない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q99. 8人中4人正解 50.0% 30187.75秒 将人(元・魔神)  国家賠償に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、公務員が主観的には職務権限行使の意思を有しなかったとしても、客観的に職務行為の外形を備える行為であれば、国家賠償法第1条の職務を行うについてという要件をみたし、損害が発生している場合には、国または公共団体は損害賠償責任を負担する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q100. 9人中2人正解 22.2% 4129.00秒 将人(元・魔神)  国家賠償に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、行政処分の違法性を理由とする国家賠償法上の訴えを提起するにあたっては、その前提としてあらかじめその行政処分の取消または無効確認の判決を得ておく必要はない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q101. 8人中3人正解 37.5% 11.00秒 将人(元・魔神)  国家賠償に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、公務員個人は、国または公共団体がその責任を負担する以上、被害者に対し直接責任を負うことはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q102. 12人中6人正解 50.0% 75058.66秒 将人(元・魔神)  行政手続法に関して、行政手続法は、行政処分をもっぱら対象とし、その事前手続について法的規律を設けるとともに、事後的救済手続についても定めを置いている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q103. 12人中10人正解 83.3% 1870.80秒 将人(元・魔神)  行政手続法に関して、行政手続法は、侵害的行政処分ならびに公権力の行使に当たる行為のみならず、許認可などの授益的処分についても規律を定めている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q104. 8人中5人正解 62.5% 7126.20秒 将人(元・魔神)  行政手続法に関して、行政手続法は、不服申立てに対する行政庁の裁決、裁判の執行としてされる処分、公務員の身分に関してされる処分についても、その事前手続につき法的な規律を設けている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q105. 4人中2人正解 50.0% 7788.00秒 将人(元・魔神)  行政手続法に関して、行政手続法は、行政処分については事前の聴聞手続を置いているが、行政立法については、事前のパブリック・コメント制に関する制度を設けていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q106. 15人中9人正解 60.0% 23833.88秒 将人(元・魔神)  行政手続法に関して、行政手続法は、行政処分について手続的規律を設けるほか、行政機関が一方当事者である一定金額以上の契約について、入札制などの手続規定を置いている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q107. 9人中4人正解 44.4% 54682.75秒 将人(元・魔神)  裁判において、裁判所は、法令適用の前提となる事実の存否が確定できない場合であっても、裁判を拒否することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q108. 11人中9人正解 81.8% 9501.88秒 将人(元・魔神)  裁判において、最高裁判所は、憲法その他法令の解釈適用に関して、意見が前に最高裁判所のした裁判または大審院のした裁判と異なるときには、大法廷で裁判を行わなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q109. 9人中6人正解 66.6% 39086.50秒 将人(元・魔神)  裁判において、ある事件について刑事裁判と民事裁判が行われる場合には、それぞれの裁判において当該事件に関して異なる事実認定がなされることがある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q110. 8人中3人正解 37.5% 2516.33秒 将人(元・魔神)  裁判において、裁判は法を基準として行われるが、調停などの裁判以外の紛争解決方法においては、法の基準によらずに紛争の解決を行うことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q111. 15人中9人正解 60.0% 10686.66秒 将人(元・魔神)  裁判において、上告審の裁判は、法律上の問題を審理する法律審であることから、上告審の裁判において事実認定が問題となることはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q112. 11人中8人正解 72.7% 9252.50秒 将人(元・魔神)  情報と法において、電子署名法※1は、電子署名に、自然人の本人確認だけではなく、会社などの法人の存在証明としての効力を認めるものである。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q113. 8人中3人正解 37.5% 60080.33秒 将人(元・魔神)  情報と法において、刑法における窃盗罪が成立するためには、財物の占有が奪われることが必要であり、情報が記録されている媒体を持ちさることなく情報だけを違法に収得しても、財物占有が奪われることはないから、窃盗罪は成立しない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q114. 9人中7人正解 77.7% 2403.42秒 将人(元・魔神)  情報と法において、著作権、特許権などの情報に関する知的所有権が財産として保護されるためには、官公署に登録されることが必要であり、登録されていない著作権、特許権は第三者に対抗することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q115. 5人中3人正解 60.0% 1345.00秒 将人(元・魔神)  情報と法において、インターネット上の情報について、憲法上、表現の自由は保障されているが、通信の秘密の保護の対象となることはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q116. 8人中5人正解 62.5% 80.80秒 将人(元・魔神)  情報と法において、平成17年4月に施行された個人情報保護法※2は、情報公開法※3とは異なり、電子計算機により処理された個人情報についてもっぱら適用され、手書きの個人情報について適用されることはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q117. 8人中7人正解 87.5% 8330.42秒 将人(元・魔神)  日本国憲法の条文において、皇位は、世襲のものであって、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q118. 7人中1人正解 14.2% 8.00秒 将人(元・魔神)  日本国憲法の条文において、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q119. 17人中5人正解 29.4% 12724.80秒 将人(元・魔神)  日本国憲法の条文において、何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命、自由若しくは財産を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q120. 8人中4人正解 50.0% 17192.00秒 将人(元・魔神)  日本国憲法の条文において、何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その補償を求めることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q121. 4人中2人正解 50.0% 56032.50秒 将人(元・魔神)  日本国憲法の条文において、国民、天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q122. 11人中5人正解 45.4% 9173.80秒 将人(元・魔神)  衆参両院の議事運営において、日本国憲法は、議事運営につき、戦前の議院法に相当する国会法の制定を予定しているが、法律の定めていない細則については、各議院の議院規則にゆだねられている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q123. 3人中2人正解 66.6% 14.00秒 将人(元・魔神)  衆参両院の議事運営において、政府委員の制度は、日本国憲法の下では、国会法上の存在にとどまり憲法の予定するところではなかったが、戦前からの伝統を受け継ぎ今日まで維持されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q124. 9人中5人正解 55.5% 31714.00秒 将人(元・魔神)  衆参両院の議事運営において、日本国憲法は「両議院は、国民より提出された請願書を受けることができる。」と定めるにとどまるが、いわゆる請願権を憲法上の権利と解するのが通説である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q125. 9人中3人正解 33.3% 13764.66秒 将人(元・魔神)  衆参両院の議事運営において、日本国憲法は「会期中に議決に至らなかつた案件は、後会に継続しない。」とするが、各議院の議決で付託され閉会中に審査した案件は、後会に継続するのが慣例である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q126. 6人中5人正解 83.3% 253.20秒 将人(元・魔神)  衆参両院の議事運営において、衆参両院の会期は同じであり、衆議院の側の事情によって行われた閉会、会期の延長は、参議院の活動能力をも左右することになる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q127. 6人中3人正解 50.0% 653.66秒 将人(元・魔神)  日本国憲法が定める身分保障において、いわゆる議員特権の一つとして、両議院の議員は、法律の定めるところにより、国庫から相当額の歳費を受けるものとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q128. 6人中4人正解 66.6% 13831.50秒 将人(元・魔神)  日本国憲法が定める身分保障において、皇室財産については、憲法上、すべて国に属するものと定められ、皇室の費用も、すべて予算に計上して国会の議決を経なければならないとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q129. 10人中7人正解 70.0% 7219.00秒 将人(元・魔神)  日本国憲法が定める身分保障において、裁判官の身分保障に関連して、下級裁判所の裁判官の任期は10年であり、仮に再任されたとしても、法律の定める年齢に達したときには退官するものとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q130. 11人中8人正解 72.7% 5485.50秒 将人(元・魔神)  日本国憲法が定める身分保障において、裁判官の身分保障に関連して、下級裁判所の裁判官は、憲法上、すべて定期に相当額の報酬を受け、在任中、これを減額することができないと定められている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q131. 11人中5人正解 45.4% 741.40秒 将人(元・魔神)  日本国憲法が定める身分保障において、公務員の身分保障の一環として、官吏は、憲法上、すべて定期に相当額の報酬を受けるものと定められている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q132. 7人中4人正解 57.1% 6450.00秒 将人(元・魔神)  国会議員の資格をめぐる裁判の担い手は、議院である。また、国会議員の選挙の効力をめぐる裁判の担い手は、国会である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q133. 9人中4人正解 44.4% 6636.00秒 将人(元・魔神)  国会議員の資格をめぐる裁判の担い手は、国会である。また、国会議員の選挙の効力をめぐる裁判の担い手は、裁判所である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q134. 14人中11人正解 78.5% 5399.00秒 将人(元・魔神)  国会議員の資格をめぐる裁判の担い手は、裁判所である。また、国会議員の選挙の効力をめぐる裁判の担い手は、議院である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q135. 10人中3人正解 30.0% 1210.66秒 将人(元・魔神)  国会議員の資格をめぐる裁判の担い手は、議院である。また、国会議員の選挙の効力をめぐる裁判の担い手は、裁判所である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q136. 12人中6人正解 50.0% 131.00秒 将人(元・魔神)  国会議員の資格をめぐる裁判の担い手は、国会である。また、国会議員の選挙の効力をめぐる裁判の担い手は、議院である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q137. 5人中3人正解 60.0% 6664.00秒 将人(元・魔神)  国の行政機関の長が命令等を発する権限について規定している「国家行政組織法」の条文において、第12条 各省大臣は、主任の行政事務について、法律若しくは政令を施行するため、または法律若しくは政令の特別の委任に基づいて、それぞれその機関の命令として規則を発することができる。第14条 各省大臣、各委員会及び各庁の長官は、その機関の所掌事務について、公示を必要とする場合においては、告示を発することができる。2、各省大臣、各委員会及び各庁の長官は、その機関の所掌事務について、命令又は示達するため、所管の諸機関及び職員に対し、訓令又は通達を発することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q138. 6人中3人正解 50.0% 14785.66秒 将人(元・魔神)  国の行政機関の長が命令等を発する権限について規定している「国家行政組織法」の条文において、第12条 各省大臣は、主任の行政事務について、法律若しくは政令を施行するため、または法律若しくは政令の特別の授権に基づいて、それぞれその機関の命令として政令を発することができる。第14条 各省大臣、各委員会及び各庁の長官は、その機関の所掌事務について、公示を必要とする場合においては、通達を発することができる。2、各省大臣、各委員会及び各庁の長官は、その機関の所掌事務について、命令又は示達するため、所管の諸機関及び職員に対し、告示又は訓令を発することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q139. 9人中2人正解 22.2% 1457.00秒 将人(元・魔神)  国の行政機関の長が命令等を発する権限について規定している「国家行政組織法」の条文において、第12条 各省大臣は、主任の行政事務について、法律若しくは政令を施行するため、または法律若しくは政令の特別の委任に基づいて、それぞれその機関の命令として訓令を発することができる。第14条 各省大臣、各委員会及び各庁の長官は、その機関の所掌事務について、公示を必要とする場合においては、布告を発することができる。2、各省大臣、各委員会及び各庁の長官は、その機関の所掌事務について、命令又は示達するため、所管の諸機関及び職員に対し、通達又は規則を発することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q140. 6人中6人正解 100.0% 3579.50秒 将人(元・魔神)  国の行政機関の長が命令等を発する権限について規定している「国家行政組織法」の条文において、第12条 各省大臣は、主任の行政事務について、法律若しくは政令を施行するため、または法律若しくは政令の特別の委任に基づいて、それぞれその機関の命令として省令を発することができる。第14条 各省大臣、各委員会及び各庁の長官は、その機関の所掌事務について、公示を必要とする場合においては、告示を発することができる。2、各省大臣、各委員会及び各庁の長官は、その機関の所掌事務について、命令又は示達するため、所管の諸機関及び職員に対し訓令又は通達を発することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q141. 10人中4人正解 40.0% 5048.00秒 将人(元・魔神)  国の行政機関の長が命令等を発する権限について規定している「国家行政組織法」の条文において、第12条 各省大臣は、主任の行政事務について、法律若しくは政令を施行するため、または法律若しくは政令の特別の授権に基づいて、それぞれその機関の命令として省令を発することができる。第14条 各省大臣、各委員会及び各庁の長官は、その機関の所掌事務について、公示を必要とする場合においては、通達を発することができる。2、各省大臣、各委員会及び各庁の長官は、その機関の所掌事務について、命令又は示達するため、所管の諸機関及び職員に対し、訓令又は告示を発することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q142. 10人中5人正解 50.0% 13920.60秒 将人(元・魔神)  行政指導において、行政指導は相手方私人の任意的協力を求めるもので、法令や行政処分のように法的拘束力を有するものではなく、宅地開発指導要綱のように書面で正式に公示される形式をとった場合や、指導に従わなかった場合には相手方の氏名が公表されることが条例によって定められている場合においても、法的拘束力がないということに変わりはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q143. 5人中2人正解 40.0% 303.00秒 将人(元・魔神)  行政指導において、規制的な行政指導によって、私人が事実上の損害を受けた場合には国家賠償請求訴訟によってその損害を求償することができる。これに対し、受益的な行政指導の場合においては、強制の要素が法律上のみならず事実上もないのであるから、行政指導に基づき損害が発生した場合には、民法上の不法行為責任を問うことはできても、国家賠償責任を問うことはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q144. 9人中4人正解 44.4% 12879.50秒 将人(元・魔神)  行政指導において、行政機関が行政手続法による規律をうける行政指導を行うことができるのは、行政機関が行政処分権限を法律上有しており、処分に代替して事前に行政指導をする場合に限られる。これに対し、組織法上の権限のみに基づいて行われる事実上の行政指導については、行政手続法上の規定は適用されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q145. 9人中5人正解 55.5% 1106.80秒 将人(元・魔神)  行政指導において、行政機関が同一の行政目的を実現するため一定の条件に該当する複数の者に対し同種の行政指導をしようとするときは、行政機関は、あらかじめ、事案に応じ、これらの行政指導に共通してその内容となるべき事項を定め、かつ行政上特別の支障のない限り、これを公表しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q146. 14人中7人正解 50.0% 22571.00秒 将人(元・魔神)  行政指導において、行政指導は、その内容および責任者を明確にするため書面で行うことを原則とすべきであり、書面によることができない相当な理由がある場合を除いて、口頭による行政指導をすることはできないという行政手続法の定めがある。これに対し、一部の行政手続条例では、行政手続法の規定とは異なり、口頭の行政指導を許容する規定を置いている場合がある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q147. 10人中7人正解 70.0% 4657.57秒 将人(元・魔神)  申請についての行政手続法の定めにおいて、補助金の交付申請は、法令に基づかない申請であっても、行政手続法上の申請とみなされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q148. 4人中3人正解 75.0% 55145.33秒 将人(元・魔神)  申請についての行政手続法の定めにおいて、行政手続法上の申請のうち、行政庁が諾否の応答を義務づけられるのは、許可あるいは認可を求めるもののみに限られる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q149. 6人中4人正解 66.6% 8630.00秒 将人(元・魔神)  申請についての行政手続法の定めにおいて、許認可の申請にあたっては、申請者には申請権があり、行政庁には申請に対する審査・応答義務があるので、形式要件に適合している限り、申請書類の返戻は許されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q150. 11人中6人正解 54.5% 3989.00秒 将人(元・魔神)  申請についての行政手続法の定めにおいて、行政庁は、申請がその事務所に到達したときは、遅滞なく当該申請の審査を開始しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q151. 9人中6人正解 66.6% 29.00秒 将人(元・魔神)  申請についての行政手続法の定めにおいて、申請に対し許認可を与える場合、それは、申請通りの内容を行政庁として認めることを意味しているので条件を付すことは許されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q152. 4人中3人正解 75.0% 4760.66秒 将人(元・魔神)  行政手続法に規定されている聴聞手続において、聴聞手続は行政庁の通知によって開始される。通知文書には、予定される不利益処分の内容、聴聞期日、場所等が必ず記載されていなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q153. 10人中6人正解 60.0% 127.50秒 将人(元・魔神)  行政手続法に規定されている聴聞手続において、聴聞は行政庁が指名する職員その他政令で定める者が主宰する。この場合に、行政庁が指名しうる職員の範囲については特に明文の制限はないので、その実質的な当否はともかく、当該不利益処分に関与した担当者を主宰者として指名することも不可能ではない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q154. 8人中5人正解 62.5% 14774.80秒 将人(元・魔神)  行政手続法に規定されている聴聞手続において、聴聞の期日における審理は非公開が原則である。しかし、行政庁が相当と認めるときは、その裁量により公開して行うことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q155. 9人中4人正解 44.4% 54767.50秒 将人(元・魔神)  行政手続法に規定されている聴聞手続において、聴聞手続の主宰者は、期日ごとに聴聞の審理の経過を記載した聴聞調書を作成し、また聴聞終結後は報告書を作成する。しかし、これらの文書には当事者の主張を整理して記載することが求められているだけで、主催者の意見を記載することは許されていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q156. 7人中5人正解 71.4% 10638.40秒 将人(元・魔神)  行政手続法に規定されている聴聞手続において、行政庁は不利益処分の決定をするときは、聴聞調書の内容等を十分に参酌しなければならない。これは単にそれを参考に供するということだけを意味するのではなく、行政庁が聴聞調書に掲げられていない事実に基づいて判断することは原則として許されないことを意味する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q157. 10人中3人正解 30.0% 37902.66秒 将人(元・魔神)  行政代執行法において、行政代執行法の定める手続的要件は、憲法上の要請と解されているので、個別の法律で簡易代執行を認めることはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q158. 7人中4人正解 57.1% 4779.75秒 将人(元・魔神)  行政代執行法において、行政代執行法では、代執行の前提となる命令等の行政処分がすでに文書で告知されているので、戒告を改めて文書で行う必要はない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q159. 9人中7人正解 77.7% 1389.71秒 将人(元・魔神)  行政代執行法において、行政代執行では、緊急の必要性が認められ正規の手続をとる暇がない場合には、代執行令書による通知手続を経ないで代執行をすることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q160. 8人中4人正解 50.0% 33569.00秒 将人(元・魔神)  行政代執行法において、行政代執行は、義務者の義務不履行をその要件として、その意に反して行われるので、行政代執行手続においても、行政手続法上の不利益処分の規定が適用される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q161. 7人中4人正解 57.1% 33.75秒 将人(元・魔神)  行政代執行法において、行政代執行法は、法令違反の是正が目的とされているから、義務の不履行を放置することが著しく公益に反しない場合であっても、代執行が可能である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q162. 11人中4人正解 36.3% 11383.50秒 将人(元・魔神)  国家賠償法において、国家賠償法1条に定める公共団体の責任とは、公共団体自体の責任を問うものではなく、加害公務員の責任を代位するといういわゆる代位責任であるから、具体的に損害を与えた加害公務員の特定が常に必要とされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q163. 10人中6人正解 60.0% 138.83秒 将人(元・魔神)  国家賠償法において、国家賠償法における公権力行使の概念は非常に広く、法的行為のみならず、警察官による有形力の行使等の事実行為をも対象とするが、教育活動や公共施設管理などのサービス行政に関わる行為など民法709条の不法行為責任を問うことができる場合については、国家賠償法に基づく責任を問うことはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q164. 11人中6人正解 54.5% 706.16秒 将人(元・魔神)  国家賠償法において、職務を行うについてという要件の範囲は非常に広く、勤務時間外に行われた、公共団体にとってはおよそ直接監督することができない、職務とは関わりのない行為でも、それが制服を着用していたり、公務であることを騙ったりして、外見上職務であるように見えれば、国家賠償法上の職務関連行為として認定されることがある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q165. 9人中2人正解 22.2% 594.00秒 将人(元・魔神)  国家賠償法において、国家賠償法1条の責任は、国・公共団体の客観的な責任を問うものであり、損害が発生したことについて、行為者たる公務員本人の故意過失が認められない場合であっても、損害の発生が国・公共団体の作為・不作為に起因するものである場合には、賠償責任が成立することが最高裁判例により認められている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q166. 13人中7人正解 53.8% 34130.14秒 将人(元・魔神)  国家賠償法において、国・公共団体の機関は、規制権限の行使・不行使に関する判断をする裁量的な権限を一般的に有しているが、国民の生命・身体に直接の危害が発生するおそれがある場合には、規制権限の不行使が国家賠償法上責任あるものとして認められる場合がある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q167. 11人中5人正解 45.4% 16088.60秒 将人(元・魔神)  都市計画法に基づく開発許可処分は、行政不服審査法の不服申立ての対象である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q168. 11人中7人正解 63.6% 35886.14秒 将人(元・魔神)  外国人の出入国に関する処分は、行政不服審査法の不服申立ての対象である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q169. 6人中3人正解 50.0% 10644.66秒 将人(元・魔神)  人の収容、物の留置その他その内容が継続的性質を有する事実行為は、行政不服審査法の不服申立ての対象である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q170. 10人中7人正解 70.0% 3789.14秒 将人(元・魔神)  建築基準法上の建築確認処分は、行政不服審査法の不服申立ての対象である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q171. 12人中9人正解 75.0% 37399.55秒 将人(元・魔神)  国税犯則事件に関する法令に基づき、国税庁長官が行う処分は、行政不服審査法の不服申立ての対象である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q172. 8人中3人正解 37.5% 82123.00秒 将人(元・魔神)  「不作為に対する不服申立ては、行政庁が法令に基づく申請に対し、相当の期間内に何らの判断も示さない場合に行政庁がすみやかに判断を下すよう督促し、事務処理の促進を求めるものであるから、異議申立てのほう審査請求より実効性がないということは、必ずしもいえない。むしろ不作為の不服申立ては、上級庁自体に直接行ったほうが、迅速、適切な措置を期待できる場合もあるので、本法は、不作為に対する不服申立てに関しては自由選択主義をとった。」(出典 田中館照橘ほか「判列コンメンタール行政不服審査法」より)
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q173. 3人中1人正解 33.3% 1053.00秒 将人(元・魔神)  「不作為に対する不服申立ては、行政庁が法令に基づく申請に対し、相当の期間内に何らの判断も示さない場合に行政庁がすみやかに判断を下すよう督促し、事務処理の促進を求めるものであるから、審査請求のほうが再審査請求より実効性がないということは、必ずしもいえない。むしろ不作為の不服申立ては、上級庁自体に直接行ったほうが、迅速、適切な措置を期待できる場合もあるので、本法は、不作為に対する不服申立てに関しては審査請求中心主義をとった。」(出典 田中館照橘ほか「判列コンメンタール行政不服審査法」より)
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q174. 6人中4人正解 66.6% 10122.50秒 将人(元・魔神)  「不作為に対する不服申立ては、行政庁が法令に基づく申請に対し、相当の期間内に何らの判断も示さない場合に行政庁がすみやかに判断を下すよう督促し、事務処理の促進を求めるものであるから、審査請求のほうが再審査請求より実効性がないということは、必ずしもいえない。むしろ不作為の不服申立ては、処分庁自体に直接行ったほうが、迅速、適切な措置を期待できる場合もあるので、本法は、不作為に対する不服申立てに関しては自由選択主義をとった。」(出典 田中館照橘ほか「判列コンメンタール行政不服審査法」より)
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q175. 6人中4人正解 66.6% 176.75秒 将人(元・魔神)  「不作為に対する不服申立ては、行政庁が法令に基づく申請に対し、相当の期間内に何らの判断も示さない場合に行政庁がすみやかに判断を下すよう督促し、事務処理の促進を求めるものであるから、異議申立てのほうが審査請求より実効性がないということは、必ずしもいえない。むしろ不作為の不服申立ては、処分庁自体に直接行ったほうが、迅速、適切な措置を期待できる場合もあるので、本法は、不作為に対する不服申立てに関しては自由選択主義をとった。」(出典 田中館照橘ほか「判列コンメンタール行政不服審査法」より)
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q176. 4人中3人正解 75.0% 21327.00秒 将人(元・魔神)  「不作為に対する不服申立ては、行政庁が法令に基づく申請に対し、相当の期間内に何らの判断も示さない場合に行政庁がすみやかに判断を下すよう督促し、事務処理の促進を求めるものであるから、審査請求のほうが再審査請求より実効性がないということは、必ずしもいえない。むしろ不作為の不服申立ては、処分庁自体に直接行ったほうが、迅速、適切な措置を期待できる場合もあるので、本法は、不作為に対する不服申立てに関しては審査請求中心主義をとった。」(出典 田中館照橘ほか「判列コンメンタール行政不服審査法」より)
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q177. 6人中3人正解 50.0% 528.66秒 将人(元・魔神)  平成16年の行政事作訴訟法改正では、行政訴訟における国民の救済範囲の拡大と国民にとっての利用しやすさの増進がはかられた。従来、抗告訴訟における被告は行政庁とされていたが、改正後は、国家賠償法と同様に、国または公共団体を被告とすることになった。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q178. 8人中6人正解 75.0% 15934.33秒 将人(元・魔神)  平成16年の行政事作訴訟法改正では、行政訴訟における国民の救済範囲の拡大と国民にとっての利用しやすさの増進がはかられた。従来、無名抗告訴訟の一種として位置づけられてきた義務付け訴訟や差止訴訟が、改正後は法定抗告訴訟とされたのにともない、仮の義務付けおよび仮の差止めの制度が設けられた。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q179. 9人中4人正解 44.4% 13232.25秒 将人(元・魔神)  平成16年の行政事作訴訟法改正では、行政訴訟における国民の救済範囲の拡大と国民にとっての利用しやすさの増進がはかられた。従来、きわめて厳格であった「回復の困難な損害を避けるため緊急の必要があるとき」という執行停止の要件が、「重大な損害を避けるため緊急の必要があるとき」とされ、改正前に比べ緩和された。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q180. 13人中8人正解 61.5% 5201.87秒 将人(元・魔神)  平成16年の行政事作訴訟法改正では、行政訴訟における国民の救済範囲の拡大と国民にとっての利用しやすさの増進がはかられた。従来、原告適格の要件としての「法律上の利益」が厳格に解釈されていたが、当該法令と目的を共通にする関係法令も参酌すべきことなどとされ、その拡大がはかられた。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q181. 11人中3人正解 27.2% 28274.66秒 将人(元・魔神)  平成16年の行政事作訴訟法改正では、行政訴訟における国民の救済範囲の拡大と国民にとっての利用しやすさの増進がはかられた。従来、厳格に解釈されてきた取消訴訟における処分性について、具体的な効果など諸事情を総合的に考慮し判断すべきとの解釈規定が加えられ、その拡大がはかられた。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q182. 15人中6人正解 40.0% 5173.66秒 将人(元・魔神)  普通地方公共団体の議会(以下、「地方議会」という。)において、地方議会の議員の職務は、戦前は報酬なしの名誉職とされていたが、現在は、条例の定めにより、報酬および期末手当の支給と費用弁償を受けることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q183. 4人中4人正解 100.0% 27037.25秒 将人(元・魔神)  普通地方公共団体の議会(以下、「地方議会」という。)において、地方議会の議員定数は条例で定めるが、各地方自治体が最も適正と考える議員定数を自由に定めることができるわけではなく、都道府県と市町村の人口規模に応じて法律に定める範囲内でなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q184. 7人中3人正解 42.8% 703.66秒 将人(元・魔神)  普通地方公共団体の議会(以下、「地方議会」という。)において、地方議会の議員は、衆議院議員・参議院議員を兼職することができず、また他の地方公共団体の議員や、地方公共団体の常勤ないし短時間勤務の職員を兼ねることも禁止されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q185. 16人中13人正解 81.2% 2234.38秒 将人(元・魔神)  普通地方公共団体の議会(以下、「地方議会」という。)において、地方自治法は、町村に限ってではあるが、議会をおかずに、これに代えて、条例により選挙権者による総会を設置することを認めている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q186. 8人中3人正解 37.5% 215.33秒 将人(元・魔神)  普通地方公共団体の議会(以下、「地方議会」という。)において、地方自治法の規定する議会の議決事項は限定列挙と解されているため、地方自治体が条例によって、自治事務につき議会の議決事項を追加することは認められていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q187. 8人中5人正解 62.5% 532.40秒 将人(元・魔神)  地方公共団体における監査制度において、監査委員の権限は、地方公共団体の事務のうち、いわゆる自治事務を対象とするものであって、法律に特別の定めがない限り、法定受託事務には及ばない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q188. 8人中7人正解 87.5% 336.28秒 将人(元・魔神)  地方公共団体における監査制度において、監査委員の権限は、地方公共団体の財務に関する事務執行およびその経営に関する事業の管理などいわゆる「財務監査」に限られ、一般行政事務に関するいわゆる「事務監査」にまで及ぶわけではない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q189. 11人中7人正解 63.6% 6369.57秒 将人(元・魔神)  地方公共団体における監査制度において、監査委員には複数の委員が選任されるが、他の行政委員会のようにその職務を合議機関として執行するのではなく、各監査委員が独任機関として、独立して権限を行使するものとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q190. 8人中6人正解 75.0% 15465.16秒 将人(元・魔神)  地方公共団体における監査制度において、いわゆる外部監査制度の導入により、地方公共団体は、公認会計士、弁護士など、外部の一定の資格ある者(外部監査人)との外部監査契約に基づいて、その者の監査を受ける場合は、従来の監査委員をおかないことができることになった。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q191. 6人中4人正解 66.6% 10822.25秒 将人(元・魔神)  地方公共団体における監査制度において、住民は、有権者の50分の1の連署をもって監査委員に事務の監査を求める直接請求をした場合で、監査委員の監査結果に不服があるときは、さらに裁判所に対し住民訴訟を提起することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q192. 14人中6人正解 42.8% 1569.50秒 将人(元・魔神)  地方自治法上の「公の施設」において、公の施設とは、住民の福祉を増進する目的をもってその利用に供する施設を指し、法令に特別の定めのあるものを除いて、その設置、管理については、かならず条例の根拠を要する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q193. 8人中5人正解 62.5% 7803.59秒 将人(元・魔神)  地方自治法上の「公の施設」において、公の施設は、相手方自治体との協議が整いさえすれば、当該施設を設置・管理する自治体の区域外であっても、これを設置することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q194. 10人中6人正解 60.0% 9040.00秒 将人(元・魔神)  地方自治法上の「公の施設」において、自治体は、公の施設のうち条例で定める特に重要なものについてこれを廃止し、または特定の者に長期の独占的な使用を認めようとするときは、市町村にあっては都道府県知事の、都道府県にあっては総務大臣の認可を受けなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q195. 11人中7人正解 63.6% 4099.42秒 将人(元・魔神)  地方自治法上の「公の施設」において、自治体は、公の施設の設置目的を効果的に達成するために必要があると認めるときには、自ら当該施設を管理するのではなく、条例の定めるところにより、法人その他の団体であって当該自治体が指定する者(指定管理者)に、その管理を行わせることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q196. 7人中5人正解 71.4% 66418.40秒 将人(元・魔神)  地方自治法上の「公の施設」において、自治体の長がした公の施設を利用する権利に関する処分に不服がある者は、市町村長がした処分については都道府県知事に、都道府県知事のした処分については総務大臣に審査請求をすることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q197. 8人中7人正解 87.5% 9269.28秒 将人(元・魔神)  制限行為能力制度において、自然人ばかりでなく法人も、成年後見人になることができるが、株式会社等の営利法人は、成年後見人になることはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q198. 11人中7人正解 63.6% 1647.85秒 将人(元・魔神)  制限行為能力制度において、制限行為能力を理由に法律行為が取り消された場合に、制限行為能力者は、その行為によって現に利益を受けている限度において、返還の義務を負う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q199. 5人中4人正解 80.0% 17115.50秒 将人(元・魔神)  制限行為能力制度において、本人以外の者の請求によって保佐開始の審判をするためには、本人の同意が必要である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q200. 16人中12人正解 75.0% 11805.33秒 将人(元・魔神)  制限行為能力制度において、精神上の障害により事理を弁識する能力が不十分である者について、本人、配偶者、4親等内の親族は、補助開始の審判を請求することはできるが、後見人や保佐人は、これをすることはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q201. 11人中10人正解 90.9% 11300.80秒 将人(元・魔神)  制限行為能力制度において、補助人が選任されている場合においても、家庭裁判所は、必要があると認めるときは、さらに補助人を選任することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q202. 7人中2人正解 28.5% 20.50秒 将人(元・魔神)  不動産と登記において、判例の趣旨に照らし、Aの所有する甲土地につきAがBに対して売却した後、Bが甲土地をCに売却したが、いまだに登記がAにある場合に、Bは、甲土地に対する所有権を喪失しているので、Aに対して移転登記を請求することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q203. 6人中3人正解 50.0% 13233.00秒 将人(元・魔神)  不動産と登記において、判例の趣旨に照らし、Aの所有する甲土地につきAがBに対して売却した後、Aが重ねて甲土地を背信的悪意者Cに売却し、さらにCが甲土地を悪意者Dに売却した場合に、第一買主Bは、背信的悪意者Cからの転得者であるDに対して登記をしていなくても所有権の取得を対抗できる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q204. 13人中10人正解 76.9% 6373.60秒 将人(元・魔神)  不動産と登記において、判例の趣旨に照らし、Aの所有する甲土地につきAがBに対して売却し、Bは、その後10年以上にわたり占有を継続して現在に至っているが、Bが占有を開始してから5年が経過したときにAが甲土地をCに売却した場合に、Bは、Cに対して登記をしなくては時効による所有権の取得を対抗することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q205. 7人中5人正解 71.4% 35084.20秒 将人(元・魔神)  不動産と登記において、判例の趣旨に照らし、Aの所有する甲土地につきAがBに対して売却したが、同売買契約が解除され、その後に、甲土地がBからCに売却された場合に、Aは、Cに対して、Cの善意悪意を問わず、登記をしなくては所有権の復帰を対抗することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q206. 8人中3人正解 37.5% 12484.66秒 将人(元・魔神)  不動産と登記において、判例の趣旨に照らし、Aの所有する甲土地につきAがBに対して遺贈する旨の遺言をして死亡した後、Aの唯一の相続人Cの債権者DがCを代位してC名義の所有権取得登記を行い、甲土地を差し押さえた場合に、Bは、Dに対して登記をしていなくても遺贈による所有権の取得を対抗できる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q207. 9人中8人正解 88.8% 20950.25秒 将人(元・魔神)  Aがその所有する建物をCに賃貸していたところ、Cがその建物を自己の所有する建物としてBに売却した場合、Bが即時取得(民法192条)によりその所有権を取得できる可能性がある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q208. 11人中7人正解 63.6% 5878.28秒 将人(元・魔神)  Aの所有する山林に生育する立木について、Bがその山林および立木を自己の所有するものであると誤信して、その立木を伐採した場合、Bが即時取得(民法192条)によりその所有権を取得できる可能性がある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q209. 9人中6人正解 66.6% 18849.33秒 将人(元・魔神)  成年被後見人Aは、その所有するパソコンをBに売却したが、Bは、Aが成年被後見人である事実について善意・無過失であった場合、Bが即時取得(民法192条)によりその所有権を取得できる可能性がある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q210. 16人中9人正解 56.2% 22.33秒 将人(元・魔神)  Aの所有する自転車をCが借りた後に駅前駐輪場に停めていたところ、Bがその自転車を自己の自転車と誤信して、その自転車の使用を継続した場合、Bが即時取得(民法192条)によりその所有権を取得できる可能性がある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q211. 11人中7人正解 63.6% 44672.42秒 将人(元・魔神)  Aの所有する宝石をCが盗み出し、CがこれをBに売却したが、Bは、その宝石が盗品である事実について善意・無過失であった場合、Bが即時取得(民法192条)によりその所有権を取得できる可能性がある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q212. 12人中8人正解 66.6% 518.00秒 将人(元・魔神)  債権者代位権において、判例の趣旨に照らし、著名な陶芸家の真作とされた陶器がA→B→Cと順次売却されたが、後にこれが贋作と判明した場合において、無資力であるBがその意思表示に要素の錯誤があることを認めているときは、Bみずから当該意思表示の無効を主張する意思がなくても、Cは、Bに対する売買代金返還請求権を保全するために、Bの意思表示の錯誤による無効を主張して、BのAに対する売買代金返還請求権を代位行使することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q213. 8人中6人正解 75.0% 1554.66秒 将人(元・魔神)  債権者代位権において、判例の趣旨に照らし、債権者Aは、Bに対する金銭債権を保全するためにBのCに対する動産の引渡請求権を代位行使するにあたり、Cに対して、その動産をBに引渡すことを請求することはできるが、直接自己に引渡すことを請求することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q214. 9人中7人正解 77.7% 350.00秒 将人(元・魔神)  債権者代位権において、判例の趣旨に照らし、不動産がA→B→Cと順次売却された場合において、それらの所有権移転登記が未了の間に、Dが原因証書等を偽造して、同一不動産につきA→Dの所有権移転登記を経由してしまったときは、Cは、Bの債権者として、BがAに代位してDに行使することができる所有権移転登記の抹消請求権を代位行使することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q215. 13人中6人正解 46.1% 69948.16秒 将人(元・魔神)  債権者代位権において、判例の趣旨に照らし、AはBから同人の所有する建物を賃借する契約を締結したが、その建物の引渡しが行われていない状態のもとでそれをCが権原なく占有してしまった場合において、Aが、自己の賃借権を保全するためにBに代位して、Cに対して建物の明渡しを請求するときは、Aは、建物を直接自己へ引き渡すことを請求することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q216. 2人中1人正解 50.0% 13.00秒 将人(元・魔神)  債権者代位権において、判例の趣旨に照らし、自動車事故の被害者Aは、加害者Bに対する損害賠償債権を保全するために、Bの資力がその債務を弁済するに十分であるか否かにかかわらず、Bが保険会社との間で締結していた自動車対人賠償責任保険契約に基づく保険金請求権を代位行使することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q217. 8人中3人正解 37.5% 10289.33秒 将人(元・魔神)  贈与者Aと受贈者Bとの関係において、判例の趣旨に照らして、未登記の建物を書面によらず贈与した場合において、AがBにその建物を引き渡したときは、Aはその贈与契約を取り消すことができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q218. 7人中6人正解 85.7% 4569.33秒 将人(元・魔神)  贈与者Aと受贈者Bとの関係において、判例の趣旨に照らして、既登記の建物を書面によらずに贈与した場合において、AがBにその建物を引き渡したときは、所有権移転登記が未了であっても、Aはその贈与契約を取り消すことができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q219. 5人中3人正解 60.0% 24314.33秒 将人(元・魔神)  贈与者Aと受贈者Bとの関係において、判例の趣旨に照らして、既登記の建物を書面によらずに贈与した場合において、AからBにその建物の引渡しが行われていないときであっても、所有権移転登記がなされていれば、Aはその贈与契約を取り消すことができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q220. 9人中7人正解 77.7% 444.71秒 将人(元・魔神)  贈与者Aと受贈者Bとの関係において、判例の趣旨に照らして、負担付贈与においてBがその負担である義務の履行を怠るときは、Aは契約の解除をすることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q221. 9人中4人正解 44.4% 23986.25秒 将人(元・魔神)  贈与者Aと受贈者Bとの関係において、判例の趣旨に照らして、Bに対する定期の給付を目的とする贈与であらかじめ期間の定めがあるものは、Aが死亡しても、その期間内は効力を失うことはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q222. 10人中4人正解 40.0% 16417.25秒 将人(元・魔神)  遺留分減殺請求権において、判例の趣旨に照らし、遺留分減殺請求権は、権利行使の確定的意思を有することを外部に表明したと認められる特段の事情がある場合を除き、債権者代位権の目的とすることができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q223. 5人中3人正解 60.0% 5383.66秒 将人(元・魔神)  遺留分減殺請求権において、判例の趣旨に照らし、遺留分減殺請求権の行使は、受遺者または受贈者に対する意思表示によってすれば足り、必ずしも裁判上の請求による必要はなく、いったんその意思表示がなされた以上、法律上当然に減殺の効力を生じる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q224. 10人中4人正解 40.0% 1766.50秒 将人(元・魔神)  遺留分減殺請求権において、判例の趣旨に照らし、被相続人の全財産が相続人の一部の者に遺贈された場合において、遺留分減殺請求権を有する相続人が、遺贈の効力を争うことなく、遺産分割協議の申入れをしたときは、特段の事情のない限り、その申入れには遺留分減殺の意思表示が含まれる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q225. 4人中1人正解 25.0% 31.00秒 将人(元・魔神)  遺留分減殺請求権において、判例の趣旨に照らし、相続人が被相続人から贈与された金銭をいわゆる特別受益として遺留分算定の基礎となる財産の価額に加える場合には、贈与の時の金額を相続開始のときの貨幣価値に換算した価額をもって評価するべきである。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q226. 4人中0人正解 0.0% 0.00秒 将人(元・魔神)  遺留分減殺請求権において、判例の趣旨に照らし、遺言者の財産全部についての包括遺贈に対して遺留分権利者が減殺請求権を行使した場合には、遺留分権利者に帰属する権利は、遺産分割の対象となる相続財産としての性質を有すると解される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q227. 12人中5人正解 41.6% 1353.60秒 将人(元・魔神)  株式会社の設立において、定款に発起人として署名をしていない場合であっても、株式募集の文書において賛同者として氏名を掲げることを承諾した者は、発起人と同一の責任を負う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q228. 7人中5人正解 71.4% 15258.60秒 将人(元・魔神)  株式会社の設立において、発起人が会社の成立を条件として成立後の会社のために一定の営業用の財産を譲り受ける契約をする場合には、譲渡の対象となる財産、その価格、譲渡人の氏名ならびにこれに対して付与する株式の種類および数を定款に記載または記録しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q229. 13人中7人正解 53.8% 1101.71秒 将人(元・魔神)  株式会社の設立において、設立に際して作成される定款は、公証人の認証を受けなければ効力を有しないが、会社成立後に定款を変更する場合は、公証人の認証は不要である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q230. 6人中3人正解 50.0% 50.66秒 将人(元・魔神)  株式会社の設立において、募集設立の場合には、発起人以外の者が、設立に際して発行される株式の全部を引き受けることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q231. 7人中3人正解 42.8% 2496.00秒 将人(元・魔神)  株式会社の設立において、発起人は、設立時発行株式の引受け後遅滞なく、その引き受けた設立時発行株式につき、その出資に係る金銭の全額を払い込み、又はその出資に係る金銭以外の財産の全部の給付が必要である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q232. 10人中6人正解 60.0% 3710.00秒 将人(元・魔神)  株式会社の取締役において、取締役会決議について特別の利害関係を有する取締役は、取締役会の決議に参加することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q233. 7人中3人正解 42.8% 540.66秒 将人(元・魔神)  株式会社の取締役において、取締役会設置会社において、取締役が自己または第三者のために会社の事業の部類に属する取引を行う場合には、取締役会において当該取引に関する重要な事実を開示して、その承認を受けなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q234. 8人中6人正解 75.0% 8849.66秒 将人(元・魔神)  株式会社の取締役において、取締役が法令または定款に違反する行為をしようとしている場合であって、それが行われると会社に重い損害が生ずるおそれがあるときには、6か月前から引き続き株式を有する株主は、会社のために取締役に対しその行為の差止め請求することをできる場合がある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q235. 8人中3人正解 37.5% 28539.00秒 将人(元・魔神)  株式会社の取締役において、取締役がその任務を怠ったために、株式会社に対し、損害を与えた場合には、会社に対して損害の賠償をしなければならないが、総株主の同意があれば、会社はこの責任を免除することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q236. 8人中4人正解 50.0% 2221.25秒 将人(元・魔神)  株式会社の取締役において、法律により取締役会が決定すべきものとされている事項についても、定款の定めによって代表取締役に決定権限を委譲することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q237. 7人中5人正解 71.4% 1721.20秒 将人(元・魔神)  商法上の営業等において、商法上の問屋とは、自己の名をもって、他人のために、物品の販売または買入をなすことを業とする者である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q238. 10人中9人正解 90.0% 592.88秒 将人(元・魔神)  商法上の営業等において、場屋取引とは、客に一定の設備を利用させることを目的とする取引であり、営業としてこれを行うときは、商行為となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q239. 3人中2人正解 66.6% 29229.50秒 将人(元・魔神)  商法上の営業等において、商法上の仲立人とは、他人間の商行為について、代理または媒介をなすことを業とする者である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q240. 9人中6人正解 66.6% 70528.33秒 将人(元・魔神)  商法上の営業等において、匿名組合契約とは、当事者の一方が相手方の営業のために出資を行い、その営業から生ずる利益を分配することを約する契約である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q241. 6人中4人正解 66.6% 612.75秒 将人(元・魔神)  商法上の営業等において、商法上の代理商とは、一定の商人のために平常その営業の部類に属する取引の代理または媒介を行う独立した商人である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q242. 7人中4人正解 57.1% 4222.75秒 将人(元・魔神)  議院内閣制において、大統領制に比べて議院内閣制のほうが権力分立の原理が忠実に適用され、立法権と行政権の分離が徹底される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q243. 8人中5人正解 62.5% 26503.00秒 将人(元・魔神)  議院内閣制において、議院内閣制を採っている国々では、日本国憲法と同様に、議会が最高機関であるとする明文の規定を置いている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q244. 8人中4人正解 50.0% 32833.50秒 将人(元・魔神)  議院内閣制において、議院内閣制の母国とされるイギリスでは、国民の政治的意思を忠実に反映させる選挙制度としての比例代表制が採用されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q245. 9人中5人正解 55.5% 22603.00秒 将人(元・魔神)  議院内閣制において、日本の地方自治体の制度は首長主義を採っているが、議会の長に対する不信任と長による議会の解散とを対抗させる仕組みは議院内閣制と同様である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q246. 9人中6人正解 66.6% 1546.16秒 将人(元・魔神)  議院内閣制において、議院内閻制では、内閣の意思決定と政権党の意思決定が対立することが通例であるため、内閣の閣内不一致による総辞職が引き起こされやすい。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q247. 6人中4人正解 66.6% 13190.75秒 将人(元・魔神)  国および地方公共団体が不足経費を補うために発行する公債において、国の歳出について日本の財政法は、国会の議決による例外を除いて、「公債又は借入金以外の歳入を以て、その財源としなければならない」と定めている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q248. 8人中6人正解 75.0% 1113.00秒 将人(元・魔神)  国および地方公共団体が不足経費を補うために発行する公債において、不況対策としてとられる財政政策の手段には色々あるが、一般財源の不足を補うための歳入補填国債の発行はできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q249. 12人中7人正解 58.3% 40.57秒 将人(元・魔神)  国および地方公共団体が不足経費を補うために発行する公債において、長期国債の償還、借り換えに対処するための短期国債は、日本銀行の引き受けが可能な政府短期証券と同一である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q250. 7人中5人正解 71.4% 4630.80秒 将人(元・魔神)  国および地方公共団体が不足経費を補うために発行する公債において、地方債は国債と異なって日本銀行の引き受けが行われておらず、すべて郵便貯金、簡易保険の資金で購入されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q251. 11人中5人正解 45.4% 287.40秒 将人(元・魔神)  国および地方公共団体が不足経費を補うために発行する公債において、地方分権を推進するための地方自治法の改正により、地方債の発行に対する国の関与は撤廃され、地方公共団体の裁量に委ねられることになった。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q252. 8人中4人正解 50.0% 22197.50秒 将人(元・魔神)  A、日本の中央銀行が現在果たしている役割において、基準割引率および基準貸付利率(公定歩合)の変更、公開市場政策による市中資金量と金利の操作、市中銀行が預託している準備率の変更を通じて銀行の与信量を増減する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q253. 7人中6人正解 85.7% 16951.50秒 将人(元・魔神)  B、日本の中央銀行が現在果たしている役割において、為替率の適正な水準を維持するため、外貨集中制を維持し、外国為替と貿易との一体的な管理を行う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q254. 9人中5人正解 55.5% 11807.40秒 将人(元・魔神)  C、日本の中央銀行が現在果たしている役割において、国庫金の出納を扱い、政府短期証券を引き受け、政府財政の資金繰りの調整を行うほか、必要に応じて法定外の公債の引受けも行う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q255. 4人中3人正解 75.0% 271.66秒 将人(元・魔神)  D、日本の中央銀行が現在果たしている役割において、銀行の経営実態を把握し、必要に応じて銀行に対し考査を行い、その指導・監督を行う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q256. 8人中6人正解 75.0% 8243.50秒 将人(元・魔神)  国民の公的負担において、国民負担率は、租税負担と社会保障負担とが国民所得に対して占める割合で示されており、国民の公的負担水準をマクロで表す指標となっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q257. 7人中2人正解 28.5% 6092.00秒 将人(元・魔神)  国民の公的負担において、国民経済全体における租税の負担水準を示す租税負担率は、国家予算全体に占める国税収入の割合や、地方財政全体に占める地方税総収入の割合で表示される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q258. 10人中5人正解 50.0% 28564.80秒 将人(元・魔神)  国民の公的負担において、公債の発行による資金調達割合を増やすことは、国民の租税負担を抑制し、国民負担率の上昇を将来的にも抑える効果をもつ。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q259. 9人中7人正解 77.7% 7714.71秒 将人(元・魔神)  国民の公的負担において、日本の場合、租税負担に占める国税の制合が、G7諸国の中できわめて高いのに対して、地方税の割合が最も低いという特色をもつ。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q260. 10人中5人正解 50.0% 34468.60秒 将人(元・魔神)  国民の公的負担において、日本の場合、相続税が国税収入全体に占める割合は、G7諸国の中で比較的高く、平成17年度当初予算では、国税収入の約1割にあたる相続税収入が見込まれている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q261. 10人中8人正解 80.0% 5349.87秒 将人(元・魔神)  会計処理方法において、同じ商品であっても、完成品はたな卸資産として扱われるが、原材料や半製品などの未完成品は、たな卸資産から除外されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q262. 5人中4人正解 80.0% 1522.00秒 将人(元・魔神)  会計処理方法において、予約販売も一種の契約に基づく取引である以上、その販売収益については、成約した時点で、そのすべてを売上高に計上する必要がある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q263. 8人中6人正解 75.0% 566.00秒 将人(元・魔神)  会計処理方法において、貸借対照表に記載する資産の価額は、原則として取得原価によるが、たな卸資産の時価が取得原価より著しく下落して回復の見込みがないときは、時価による。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q264. 12人中7人正解 58.3% 10979.71秒 将人(元・魔神)  会計処理方法において、売掛金債権は貸借対照表中の流動資産として分類されるが、1年以内に費用化することが見込まれる前払費用は、繰延資産として取り扱われる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q265. 9人中5人正解 55.5% 4757.00秒 将人(元・魔神)  会計処理方法において、開発費や試験研究費は、本来は投資として経理区分をすべきであるが、例外的に前払費用として取扱うことも可能である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q266. 8人中6人正解 75.0% 225.50秒 将人(元・魔神)  次世代育成支援対策推進法は、総務大臣の定める指針に即して、一般事業主が行動計画を策定するように義務づけている。多数の来訪者が利用する社屋等で子どもを連れた人が安心して利用できるよう、託児室や授乳コーナー、乳幼児と一緒に利用できるトイレの設置などの整備を行うことは、指針で行動計画に盛り込むことがまったく予定されていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q267. 10人中8人正解 80.0% 9608.25秒 将人(元・魔神)  次世代育成支援対策推進法は、総務大臣の定める指針に即して、一般事業主が行動計画を策定するように義務づけている。子どもの出生時に、父親が5日程度の休暇を取得しやすい環境を整備すること、あるいは父親が年次有給休暇や育児休業を取得しやすくすることは、指針で行動計画に盛り込むことがまったく予定されていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q268. 7人中4人正解 57.1% 20.25秒 将人(元・魔神)  次世代育成支援対策推進法は、総務大臣の定める指針に即して、一般事業主が行動計画を策定するように義務づけている。チャイルドシートの貸出しや再利用、業務に使用する自動車の運転者に対する交通安全教育など、子どもを交通事故から守るために必要な措置を実施することは、指針で行動計画に盛り込むことがまったく予定されていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q269. 7人中4人正解 57.1% 165.00秒 将人(元・魔神)  次世代育成支援対策推進法は、総務大臣の定める指針に即して、一般事業主が行動計画を策定するように義務づけている。心豊かな子どもを育むため、保護者の働いているところを子どもが実際に見ることが出来る「子ども参観日」を実施することは、指針で行動計画に盛り込むことがまったく予定されていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q270. 9人中4人正解 44.4% 31171.25秒 将人(元・魔神)  次世代育成支援対策推進法は、総務大臣の定める指針に即して、一般事業主が行動計画を策定するように義務づけている。小学校就学時から高校卒業時に至るまでの学齢期の子どもが病気になった時に、親が1年について5日以上の看護休暇をとることが可能な制度を実施することは、指針で行動計画に盛り込むことがまったく予定されていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q271. 9人中6人正解 66.6% 5363.83秒 将人(元・魔神)  地球環境保護に関する国際条約において、水鳥の生息地である湿地と、そこに生息生育する動植物の保全を促進するため、国際的に重要な湿地の指定登録と、その適切な利用を求めている。これをラムサール条約条約という。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q272. 6人中4人正解 66.6% 421.50秒 将人(元・魔神)  地球環境保護に関する国際条約において、水鳥の生息地である湿地と、そこに生息生育する動植物の保全を促進するため、国際的に重要な湿地の指定登録と、その適切な利用を求めている。これをバクー条約条約という。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q273. 6人中6人正解 100.0% 452.00秒 将人(元・魔神)  地球環境保護に関する国際条約において、絶滅のおそれがある野生動植物の保護を目的として、野生動植物の輸出入や持込みなどの規制を定めている。これをワシントン条約という。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q274. 13人中11人正解 84.6% 20088.00秒 将人(元・魔神)  地球環境保護に関する国際条約において、絶滅のおそれがある野生動植物の保護を目的として、野生動植物の輸出入や持込みなどの規制を定めている。これをパリ条約という。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q275. 13人中6人正解 46.1% 2543.00秒 将人(元・魔神)  地球環境保護に関する国際条約において、有害廃棄物などの国境を越えた移動を規制する目的で、国際的な規制の枠組みや手続きを定めている。これをバーゼル条約という。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q276. 12人中6人正解 50.0% 115.33秒 将人(元・魔神)  地球環境保護に関する国際条約において、有害廃棄物などの国境を越えた移動を規制する目的で、国際的な規制の枠組みや手続きを定めている。これをベルン条約という。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q277. 6人中2人正解 33.3% 107084.50秒 将人(元・魔神)  地球環境保護に関する国際条約において、有害廃棄物などの国境を越えた移動を規制する目的で、国際的な規制の枠組みや手続きを定めている。これをジュネーブ条約という。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q278. 6人中1人正解 16.6% 5941.00秒 将人(元・魔神)  地球環境保護に関する国際条約において、オゾン層の変化による悪影響から人の健康や環境を保護するため、国際協力の基本的な枠組みを定めている。これをウィーン条約という。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q279. 12人中5人正解 41.6% 3100.20秒 将人(元・魔神)  地球環境保護に関する国際条約において、オゾン層の変化による悪影響から人の健康や環境を保護するため、国際協力の基本的な枠組みを定めている。これをオタワ条約という。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q280. 5人中3人正解 60.0% 8095.00秒 将人(元・魔神)  地球環境保護に関する国際条約において、国際地球観測年に育まれた国際的科学協力体制を維持発展させるため、地域の平和利用、科学調査の自由と国際協力の推進、領土権主張の凍結などを取り決めている。これを。南極条約という。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q281. 11人中7人正解 63.6% 8367.00秒 将人(元・魔神)  地球環境保護に関する国際条約において、国際地球観測年に育まれた国際的科学協力体制を維持発展させるため、地域の平和利用、科学調査の自由と国際協力の推進、領土権主張の凍結などを取り決めている。これを。北極条約という。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q282. 9人中5人正解 55.5% 1088.20秒 将人(元・魔神)  地球環境保護に関する国際条約において、国際地球観測年に育まれた国際的科学協力体制を維持発展させるため、地域の平和利用、科学調査の自由と国際協力の推進、領土権主張の凍結などを取り決めている。これを。砂漠条約という。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q283. 8人中2人正解 25.0% 14718.50秒 将人(元・魔神)  個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)の本法において「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であり、故人の情報は含まれない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q284. 11人中4人正解 36.3% 329.50秒 将人(元・魔神)  個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)において、本法の規制の対象となる事業者は営利団体であり、非営利団体は対象外である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q285. 2人中1人正解 50.0% 37217.00秒 将人(元・魔神)  個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)において、顧客のメールアドレスと電話番号10,000件が入ったCD-ROMを紛失しても、個人名が含まれていなければ規制の対象とはならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q286. 6人中5人正解 83.3% 383.80秒 将人(元・魔神)  経営者が同一であれば、A社の顧客情報を別業種のB社が別目的で利用しても法律で禁止している第三者提供とはならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q287. 11人中5人正解 45.4% 1587.40秒 将人(元・魔神)  個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)において、個人情報取扱事業者による保有個人データの取扱いに対し、自己に関する情報の開示や訂正、利用停止等を求めることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q288. 12人中9人正解 75.0% 17790.66秒 将人(元・魔神)  迷惑メール防止法(特定電子メールの送信の適正化等に関する法律)において、受信者が受信拒否の意図を送信者に伝えると、送信者は原則としてそれ以降特定電子メールの送信を止めなければならない。(注)特定電子メールとは、受信者の同意を得ずに送信される広告宣伝メールを指すものとする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q289. 9人中6人正解 66.6% 3945.66秒 将人(元・魔神)  迷惑メール防止法(特定電子メールの送信の適正化等に関する法律)において、大量の架空電子メールアドレスをコンピュータプログラム上で生成し、それらのアドレスに対し、特定電子メールを送信することは禁止されている。(注)特定電子メールとは、受信者の同意を得ずに送信される広告宣伝メールを指すものとする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q290. 7人中3人正解 42.8% 6276.66秒 将人(元・魔神)  迷惑メール防止法(特定電子メールの送信の適正化等に関する法律)において、特定電子メールを送信する際には、送信者の氏名または名称を表示しなければならない。(注)特定電子メールとは、受信者の同意を得ずに送信される広告宣伝メールを指すものとする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q291. 5人中5人正解 100.0% 2468.80秒 将人(元・魔神)  迷惑メール防止法(特定電子メールの送信の適正化等に関する法律)において、この法律ではいわゆるオプトイン方式を採用しているため、特定電子メールを送信するには原則として事前に相手の同意が必要となる。(注)特定電子メールとは、受信者の同意を得ずに送信される広告宣伝メールを指すものとする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q292. 10人中6人正解 60.0% 1539.16秒 将人(元・魔神)  迷惑メール防止法(特定電子メールの送信の適正化等に関する法律)において、特定電子メールを送信者が一時に多数送信した場合であっても、電気通信事業者はこの利用者に対し電気通信役務の提供を拒絶することはできない。(注)特定電子メールとは、受信者の同意を得ずに送信される広告宣伝メールを指すものとする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q293. 9人中4人正解 44.4% 707.00秒 将人(元・魔神)  インターネットにおいて、バナー広告とは、ホームページ上に広告の画像を貼り、そのホームページと広告主のホームページにリンクを張る形式の広告のことである。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q294. 13人中7人正解 53.8% 15118.57秒 将人(元・魔神)  インターネットにおいて、スパイウェアとは、パソコンを使うユーザの行動や個人情報などを収集したり、パソコンの空き時間を借用して計算を行ったりするソフトのことで、それらの情報がスパイウェアの作成元に送られる仕組みとなっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q295. 13人中6人正解 46.1% 26274.83秒 将人(元・魔神)  インターネットにおいて、ポータルサイトとは、省庁等の公的機関のウェブサイトのことであるが、これらのウェブが不正に書き換えられる事件が多発しており、その社会的影響が極めて大きいことから、ポータルサイト対策は急務となっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q296. 9人中4人正解 44.4% 705.50秒 将人(元・魔神)  インターネットにおいて、ブログとは、ウェブログの略で、日記的なウェブサイトのことを指す。一般的には、単なる日記ではなく、ネットで見つけた面白いニュース記事やウェブサイトヘのリンクを張り、そこに自分の評論を書き加えた記事が時系列に配置されている場合が多い。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q297. 7人中4人正解 57.1% 157.25秒 将人(元・魔神)  インターネットにおいて、ユビキタス・コンピューティングとは、世の中のいたる所にコンピュータが存在し、コンピュータ同士が自律的に連携して動作する情報環境のことであり、現在、実現に向け広く研究開発が進められている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q298. 8人中2人正解 25.0% 73090.00秒 将人(元・魔神)  外国人において、父母がともに外国人である場合において、子が日本で生まれたときは、その子は、日本国民となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q299. 10人中5人正解 50.0% 42436.60秒 将人(元・魔神)  外国人において、外国人が日本国外において犯罪を行った場合には、日本の刑法が適用されることはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q300. 9人中6人正解 66.6% 37123.00秒 将人(元・魔神)  外国人において、地方公共団体は、条例により、その区域内に住所のある外国人に対して、当該地方公共団体の長および議会の議員の選挙権を付与することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q301. 9人中6人正解 66.6% 5949.33秒 将人(元・魔神)  外国人において、外国人は、法令または条約により禁止される場合を除いて、私法上の権利を亨有する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q302. 9人中5人正解 55.5% 1453.60秒 将人(元・魔神)  外国人において、ともに外国人である者が日本において婚姻する場合の婚姻の成立および効力については、日本の法律による。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q303. 7人中5人正解 71.4% 43.40秒 将人(元・魔神)  私人間における人権規定の効力において、最高裁判所の判例の述べるところ、憲法の定める基本的人権のうち重要なものは、単に国家権力に対する自由権を保障するのみではなく、社会生活の秩序原理でもある。これは、一定の範囲において、国民相互の法律関係に対して直接の意味を有する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q304. 7人中4人正解 57.1% 20473.75秒 将人(元・魔神)  私人間における人権規定の効力において、最高裁判所の判例の述べるところ、人の思想、信条は身体と同様本来自由であるべきものであり、その自由は憲法19条の保障するところでもあるから、企業が労働者を雇傭する場合等、一方が他方より優越した地位にある場合に、その意に反してみだりにこれを侵してはならないことは明白である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q305. 9人中6人正解 66.6% 5320.66秒 将人(元・魔神)  私人間における人権規定の効力において、最高裁判所の判例の述べるところ、日本国憲法は価値中立的な秩序ではなく、その基本的人権の章において客観的な価値秩序を定立している。この価値体系は、憲法上の基本決定として、法のすべての領域で通用する。いかなる民法上の規定もこの価値体系と矛盾してはならず、あらゆる規定はこの価値体系の精神において解釈されなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q306. 8人中4人正解 50.0% 30786.25秒 将人(元・魔神)  私人間における人権規定の効力において、最高裁判所の判例の述べるところ、私人による差別的行為であっても、それが公権力との重要な関わり合いの下で生じた場合や、その私人が国の行為に準じるような高度に公的な機能を行使している場合には、法の下の平等を定める憲法14条が直接に適用される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q307. 11人中10人正解 90.9% 18103.30秒 将人(元・魔神)  私人間における人権規定の効力において、最高裁判所の判例の述べるところ、憲法19条、21条、23条等のいわゆる自由権的基本権の保障規定は、国又は公共団体の統治行動に対して個人の基本的な自由と平等を保障することを目的とした規定であって、専ら国又は公共団体と個人との関係を規律するものであり、私人相互間の関係について当然に適用ないし類推適用されるものでない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q308. 5人中3人正解 60.0% 6230.33秒 将人(元・魔神)  内閣総理大臣の指名は、憲法上、天皇の国事行為として認められていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q309. 12人中6人正解 50.0% 133.50秒 将人(元・魔神)  憲法改正、法律、政令及び条約の裁可は、憲法上、天皇の国事行為として認められていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q310. 8人中4人正解 50.0% 211.00秒 将人(元・魔神)  国務大臣の任免は、憲法上、天皇の国事行為として認められていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q311. 8人中6人正解 75.0% 600.00秒 将人(元・魔神)  大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権の決定は、憲法上、天皇の国事行為として認められていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q312. 6人中4人正解 66.6% 16713.00秒 将人(元・魔神)  衆議院の解散は、憲法上、天皇の国事行為として認められていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q313. 13人中7人正解 53.8% 26094.71秒 将人(元・魔神)  何人も、同時に両議院の議員たることはできないことは、日本国憲法に規定されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q314. 3人中0人正解 0.0% 0.00秒 将人(元・魔神)  何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されないは、日本国憲法に規定されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q315. 5人中3人正解 60.0% 110.66秒 将人(元・魔神)  華族その他の貴族の制度は、これを認めないことは、日本国憲法に規定されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q316. 9人中6人正解 66.6% 9411.00秒 将人(元・魔神)  何人も、正当な理由がなければ、拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければならないことは、日本国憲法に規定されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q317. 10人中7人正解 70.0% 457.28秒 将人(元・魔神)  刑事事件について、別に法律で陪審の制度を設けることを妨げないことは、日本国憲法に規定されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q318. 2人中2人正解 100.0% 34.50秒 将人(元・魔神)  公法と私法が交錯する領域において、防火地域に関する建築基準法の規定は、民法の相隣規定に関する特別法として適用されるとするのが最高裁の判例である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q319. 11人中9人正解 81.8% 47127.00秒 将人(元・魔神)  公法と私法が交錯する領域において、現実に開設されている私道を日常的に利用する利益は反射的利益であり、敷地所有者に対して通行妨害排除の民事訴訟を提起する利益とはなりえないとするのが最高裁の判例である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q320. 8人中7人正解 87.5% 265.42秒 将人(元・魔神)  公法と私法が交錯する領域において、建築確認は、その土地について私法上の権原がある者により申請される必要があるから、権原なき者によって申請された場合には、そのことを理由として却下することができるというのが最高裁の判例である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q321. 10人中8人正解 80.0% 1162.50秒 将人(元・魔神)  公法と私法が交錯する領域において、公営住宅に世帯主として入居している者が死亡した場合、その相続人が低所得者であるときには、入居関係は相続させなければならないとするのが最高裁の判例である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q322. 12人中6人正解 50.0% 7793.66秒 将人(元・魔神)  公法と私法が交錯する領域において、海岸線の変動により、従来私人の所有であった土地が海面下に沈んだ場合には、私人の土地所有権は自動的に滅失するというのが最高裁の判例である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q323. 14人中10人正解 71.4% 4058.00秒 将人(元・魔神)  行政庁などの行政機関の概念において、行政庁は独任制でなければならず、委員会などの合議体が行政庁としての役割を果たすことはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q324. 8人中5人正解 62.5% 55134.20秒 将人(元・魔神)  行政庁などの行政機関の概念において、行政庁、諮問機関、参与機関などの行政機関の定義は、国家行政組織法において定められている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q325. 6人中5人正解 83.3% 3152.00秒 将人(元・魔神)  行政庁などの行政機関の概念において、諮問機関が示した答申・意見について、行政庁はそれを尊重すべきではあるが、法的に拘束されることはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q326. 4人中1人正解 25.0% 55.00秒 将人(元・魔神)  行政庁などの行政機関の概念において、行政庁の権限を補助機関が専決する場合には、代決の場合とは異なり、処分権限は行政庁ではなく、補助機関に帰属することとなる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q327. 12人中7人正解 58.3% 1980.14秒 将人(元・魔神)  行政庁などの行政機関の概念において、補助機関とは行政主体の手足として実力を行使する機関であり、警察官、収税官などがこれに当たる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q328. 14人中4人正解 28.5% 6478.25秒 将人(元・魔神)  行政行為の職権取消と撤回において、行政行為の撤回は、処分庁が、当該行政行為が違法になされたことを理由にその効力を消滅させる行為であるが、効力の消滅が将来に向かってなされる点で職権取消と異なる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q329. 11人中5人正解 45.4% 19006.80秒 将人(元・魔神)  行政行為の職権取消と撤回において、旅館業法8条が定める許可の取消は、営業者の行為の違法性を理由とするものであるから、行政行為の職権取消にあたる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q330. 5人中3人正解 60.0% 202.33秒 将人(元・魔神)  行政行為の職権取消と撤回において、公務員の懲戒免職処分は、当該公務員の個別の行為に対しその責任を追及し、公務員に制裁を課すものであるから、任命行為の職権取消にあたる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q331. 11人中4人正解 36.3% 1308.00秒 将人(元・魔神)  行政行為の職権取消と撤回において、行政行為の職権取消は、私人が既に有している権利や法的地位を変動(消滅)させる行為であるから、当該行政行為の根拠法令において個別に法律上の根拠を必要とする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q332. 2人中1人正解 50.0% 13.00秒 将人(元・魔神)  行政行為の職権取消と撤回において、行政行為の職権取消は、行政活動の適法性ないし合目的性の回復を目的とするものであるが、私人の信頼保護の要請等との比較衡量により制限されることがある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q333. 13人中6人正解 46.1% 35415.83秒 将人(元・魔神)  行政手続法における聴聞と弁明において、弁明は、行政庁が口頭ですることを認めたときを除き、書面の提出によってするのが原則であるが、聴聞は、口頭かつ公開の審理によるのが原則である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q334. 8人中5人正解 62.5% 1288.40秒 将人(元・魔神)  行政手続法における聴聞と弁明において、聴聞においては、処分の相手方以外の利害関係人にも意見を述べることが認められることがあるが、弁明の機会は、処分の相手方のみに与えられる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q335. 10人中3人正解 30.0% 2639.66秒 将人(元・魔神)  行政手続法における聴聞と弁明において、聴聞は、不利益処分をなす場合にのみ実施されるが、弁明の機会は、申請者の重大な利益に関わる許認可等を拒否する処分をなす場合にも与えられる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q336. 9人中4人正解 44.4% 7449.75秒 将人(元・魔神)  行政手続法における聴聞と弁明において、聴聞を経てなされた不利益処分については、行政不服審査法による異議申立てや審査請求をすることはできないが、弁明の機会を賦与したに過ぎない不利益処分については、こうした制限はない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q337. 5人中3人正解 60.0% 285.33秒 将人(元・魔神)  行政手続法における聴聞と弁明において、聴聞の相手方については、聴聞の通知があったときから処分がなされるまでの間、関係書類の閲覧を求める権利が認められるが、弁明の機会を賦与される者には、こうした権利は認められない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q338. 5人中3人正解 60.0% 14475.66秒 将人(元・魔神)  行政手続法に定める行政指導において、行政指導に携わる者は、その相手方に対し、当該行政指導の趣旨、内容並びに責任者を明確に示さなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q339. 10人中5人正解 50.0% 371.40秒 将人(元・魔神)  行政手続法に定める行政指導において、同一の行政目的を実現するために複数の者に対し行政指導をするときには、行政機関はあらかじめ行政指導の共通する内容を定め、それを公表しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q340. 8人中2人正解 25.0% 12.00秒 将人(元・魔神)  行政手続法に定める行政指導において、不利益処分に先立つ行政指導をする場合においては、行政機関は相手方に対し、書面で行政指導をしなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q341. 7人中4人正解 57.1% 34999.25秒 将人(元・魔神)  行政手続法に定める行政指導において、すでに書面で相手方に通知されている事項と同一内容の行政指導をする場合においては、行政機関は書面を求められても、これを交付する必要はない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q342. 11人中7人正解 63.6% 16581.28秒 将人(元・魔神)  行政手続法に定める行政指導において、行政指導の相手方以外の利害関係人に対しては、請求があっても書面で行政指導をする必要はない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q343. 2人中2人正解 100.0% 15.50秒 将人(元・魔神)  行政手続法に定める意見公募手続において、命令等を定めようとする場合において、やむを得ない理由があるときは、その理由を公示した上で、30日を下回る意見提出期間を定めることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q344. 5人中5人正解 100.0% 3802.00秒 将人(元・魔神)  行政手続法に定める意見公募手続において、他の行政機関が意見公募手続を実施して定めた命令等と実質的に同一の命令等を定めようとする場合に、意見公募手続を省略することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q345. 9人中5人正解 55.5% 19.40秒 将人(元・魔神)  行政手続法に定める意見公募手続において、意見公募手続を実施したが、当該命令等に対して提出された意見(提出意見)が全く存在しなかった場合に、結果を公示するのみで再度の意見公募手続を実施することなく命令等を公布することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q346. 10人中4人正解 40.0% 38887.25秒 将人(元・魔神)  行政手続法に定める意見公募手続において、意見公募手続を実施したにもかかわらず命令等を定めないことにした場合に、結果等を公示せずに手続を終了させることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q347. 6人中2人正解 33.3% 14916.00秒 将人(元・魔神)  行政手続法に定める意見公募手続において、委員会等の議を経て命令を定めようとする場合に、当該委員会等が意見公募手続に準じた手続を実施していることのみを理由として、自ら意見公募手続を実施せずに命令等を公布することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q348. 8人中5人正解 62.5% 15384.80秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法による審査請求の審査手続において、審査請求は、書面によりなすことが原則であるが、審査請求人が求めたときは、口頭による審査請求も認めなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q349. 12人中8人正解 66.6% 7560.37秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法による審査請求の審査手続において、審査請求の審理は、書面によってなされるが、とくに審査庁が必要と認めた場合に限り、審査請求人は、口頭で意見を述べることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q350. 11人中4人正解 36.3% 94634.24秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法による審査請求の審査手続において、審査請求がなされたときは、審査庁は、審査請求書の副本を処分庁に送付して、その反論書の提出を求めることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q351. 6人中3人正解 50.0% 203.33秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法による審査請求の審査手続において、審査請求が不適法であっても、これを補正できるときは、審査庁は、直ちにこれを却下することはできず、相当の期間を定めて、その補正を命じなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q352. 7人中4人正解 57.1% 500.25秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法による審査請求の審査手続において、審査請求手続は、決定により終了するのが原則であるが、審査請求を認容する決定についても理由を付さなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q353. 9人中3人正解 33.3% 12.66秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法による審査請求における執行停止において、従来、執行停止の要件としては、「重大な損害」が必要とされていたが、平成16年の法改正により、「回復困難な損害」で足りることとされた。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q354. 9人中6人正解 66.6% 1678.83秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法による審査請求における執行停止において、審査庁は、「本案について理由がないとみえるとき」には、執行停止をしないことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q355. 9人中4人正解 44.4% 4696.75秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法による審査請求における執行停止において、申請拒否処分に対する審査請求については、平成16年の法改正により、執行停止制度に加えて、「仮の義務付け」と「仮の差止め」の制度が明文化された。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q356. 12人中9人正解 75.0% 2387.77秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法による審査請求における執行停止において、執行停止の決定がなされた場合において、それに内閣総理大臣が異議を述べたときは、審査庁は、執行停止を取消さなければならないこととされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q357. 2人中2人正解 100.0% 21562.00秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法による審査請求における執行停止において、処分庁の上級庁である審査庁は、審査請求人の申立てによることなく職権により執行停止をすることは許されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q358. 12人中7人正解 58.3% 22246.42秒 将人(元・魔神)  行政不服審査手続と取消訴訟手続の対比に関し、取消訴訟は他の民事訴訟と同じく3審制であるが、行政不服申立ての場合、異議申立てに対する決定に不服があるものは、第三者機関に審査請求できる2審制が原則として取られている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q359. 8人中5人正解 62.5% 1491.00秒 将人(元・魔神)  行政不服審査手続と取消訴訟手続の対比に関し、行政不服審査法4条により、不服申立ての対象とならないと定められている外国人の出入国に関する処分、刑務所の被収容者に関する処分については、取消訴訟でも争うことはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q360. 9人中3人正解 33.3% 212.33秒 将人(元・魔神)  行政不服審査手続と取消訴訟手続の対比に関し、取消訴訟の出訴期間は、処分の相手方が処分のあったことを知った日から6か月であるが、不服申立て期間は3か月となっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q361. 11人中8人正解 72.7% 22893.50秒 将人(元・魔神)  行政不服審査手続と取消訴訟手続の対比に関し、取消訴訟においては行政処分のみを争うことができるが、行政不服申立てにおいては、行政指導や事実行為も争うことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q362. 14人中6人正解 42.8% 4142.16秒 将人(元・魔神)  行政不服審査手続と取消訴訟手続の対比に関し、取消訴訟においては処分の適法性のみを争うことができるが、行政不服申立てにおいては処分の適法性のみならず、処分の不当性をも争うことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q363. 12人中6人正解 50.0% 306.83秒 将人(元・魔神)  取消訴訟と審査請求の関係について、個別法が裁決主義を採用している場合においては、元の処分に対する取消訴訟は提起できず、裁決取消訴訟のみが提起でき、元の処分の違法についても、そこで主張すべきこととなる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q364. 11人中4人正解 36.3% 23799.00秒 将人(元・魔神)  取消訴訟と審査請求の関係について、行政事件訴訟法は原処分主義を採用しているため、審査請求に対する棄却裁決を受けた場合には、元の処分に対して取消訴訟を提起して争うべきこととなり、裁決に対して取消訴訟を提起することは許されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q365. 8人中3人正解 37.5% 20231.33秒 将人(元・魔神)  取消訴訟と審査請求の関係について、審査請求ができる処分については、それについての裁決を経ることなく取消訴訟を提起することはできないとするのが行政事件訴訟法上の原則であるが、審査請求から3か月を経過しても裁決がなされないときは、裁決を経ることなく取消訴訟を提起できる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q366. 9人中4人正解 44.4% 14884.25秒 将人(元・魔神)  取消訴訟と審査請求の関係について、審査請求の前置が処分取消訴訟の要件とされている場合には、その審査請求は適法なものでなければならないが、審査庁が誤って不適法として却下したときは、却下裁決に対する取消訴訟を提起すべきこととなる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q367. 9人中5人正解 55.5% 24632.20秒 将人(元・魔神)  取消訴訟と審査請求の関係について、審査請求の前置が処分取消訴訟の要件とされている場合には、その出訴期間も審査請求の裁決の時点を基準として判断されることとなるが、それ以外の場合に審査請求をしても、処分取消訴訟の出訴期間は処分の時点を基準として判断されることとなる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q368. 13人中7人正解 53.8% 30372.28秒 将人(元・魔神)  従来、法令に基づく申請についてのみ認められていた不作為違法確認訴訟が、規制権限の不行使についても認められることになった。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q369. 7人中2人正解 28.5% 5818.50秒 将人(元・魔神)  仮の義務付けまたは仮の差止めは、処分の執行停止と同様の機能を有するので、内閣総理大臣の異議の制度が準用されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q370. 9人中5人正解 55.5% 498.60秒 将人(元・魔神)  処分が、国または公共団体に所属しない行政庁によって行われた場合、当該処分の取消を求める訴えは、処分取消訴訟に替わり、民事訴訟によることとなった。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q371. 7人中3人正解 42.8% 25226.66秒 将人(元・魔神)  法令に基づく申請に対して相当の期間内に何らの処分もなされない場合は、原告の判断により、不作為違法確認訴訟または義務付け訴訟のいずれかを選択して提起することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q372. 9人中7人正解 77.7% 14368.42秒 将人(元・魔神)  処分もしくは裁決の存否またはその効力の有無を確認する判決(無効等の確認判決)は、第三者に対しても効力を有することが明文上認められた。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q373. 4人中2人正解 50.0% 571.50秒 将人(元・魔神)  平成16年改正により、行政事件訴訟法に設けられた教示制度の規定に関して、行政事件訴訟法に教示の規定が設けられたことを契機として、行政不服審査法においても教示の規定が創設されることとなった。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q374. 5人中2人正解 40.0% 18446.00秒 将人(元・魔神)  平成16年改正により、行政事件訴訟法に設けられた教示制度の規定に関して、取消訴訟を提起することができる処分が口頭でされた場合に、相手方から書面による教示を求められたときは、書面で教示しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q375. 11人中6人正解 54.5% 6372.33秒 将人(元・魔神)  平成16年改正により、行政事件訴訟法に設けられた教示制度の規定に関して、原処分ではなく裁決に対してのみ取消訴訟を認める旨の定めがある場合に、当該原処分を行う際には、その定めがある旨を教示しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q376. 16人中9人正解 56.2% 53827.66秒 将人(元・魔神)  平成16年改正により、行政事件訴訟法に設けられた教示制度の規定に関して、当該処分または裁決の相手方以外の利害関係人であっても、教示を求められた場合には、当該行政庁は教示をなすべき義務がある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q377. 6人中5人正解 83.3% 12807.00秒 将人(元・魔神)  平成16年改正により、行政事件訴訟法に設けられた教示制度の規定に関して、誤った教示をした場合、または教示をしなかった場合についての救済措置の規定がおかれている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q378. 11人中9人正解 81.8% 25431.33秒 将人(元・魔神)  国家賠償法1条による賠償責任に関し、最高裁判所の判例の立場に照らして、公立学校のプールにおける飛込みで事故が起きた場合、国家賠償法1条にいう「公権力の行使」とは、「行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為」を意味するから、国家賠償法1条は適用されず、民法上の不法行為として損害賠償を求めることになる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q379. 5人中2人正解 40.0% 15922.50秒 将人(元・魔神)  国家賠償法1条による賠償責任に関し、最高裁判所の判例の立場に照らして、警察官でない者が、公務執行中の警察官であるかのような外観を装い、他人を殺傷した場合、当該被害者ないしその遺族は、いわゆる外形理論により国又は公共団体に対して国家賠償法1条に基づき損害賠償を求めることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q380. 12人中7人正解 58.3% 11221.57秒 将人(元・魔神)  国家賠償法1条による賠償責任に関し、最高裁判所の判例の立場に照らして、国会議員が国会で行った発言によって他人の名誉や信用を害した場合、憲法51条により国会議員の法的責任は免責されるため、被害者は国家賠償法1条に基づく損害賠償を求めることができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q381. 8人中2人正解 25.0% 224.50秒 将人(元・魔神)  国家賠償法1条による賠償責任に関し、最高裁判所の判例の立場に照らして、消防職員の消火ミスにより、一度鎮火したはずの火災が再燃し、家屋が全焼した場合、失火責任法が適用されるため、被害者は国又は公共団体に対して国家賠償法1条に基づく損害賠償を求めることができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q382. 8人中7人正解 87.5% 10827.00秒 将人(元・魔神)  国家賠償法1条による賠償責任に関し、最高裁判所の判例の立場に照らして、パトカーが逃走車両を追跡中、逃走車両が第三者の車両に追突し、当該第三者が死傷した場合、被害者たる第三者の救済は、国家賠償法1条による損害賠償ではなく、もっぱら憲法29条に基づく損失補償による。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q383. 14人中8人正解 57.1% 7690.62秒 将人(元・魔神)  都道府県の処理する自治事務と法定受託事務に関して、自治事務の執行の経費は、都道府県が負担するのが原則であるが、法定受託事務の執行の経費は、国が負担するのが原則である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q384. 11人中6人正解 54.5% 28348.16秒 将人(元・魔神)  都道府県の処理する自治事務と法定受託事務に関して、都道府県議会は、自治事務に関しては、国の法令に違反しなければ条例を制定できるが、法定受託事務については、国の法令の特別の委任がなければ条例を制定できない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q385. 3人中2人正解 66.6% 1685.50秒 将人(元・魔神)  都道府県の処理する自治事務と法定受託事務に関して、都道府県の監査委員は、自治事務の執行については原則として監査できるが、法定受託事務の執行については、政令で定めるものについてのみ監査できる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q386. 9人中5人正解 55.5% 15929.60秒 将人(元・魔神)  都道府県の処理する自治事務と法定受託事務に関して、都道府県による法定受託事務の執行については、国の大臣は、一般的な指揮監督の権限を有するが、自治事務については、法定された関与のみが認められる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q387. 7人中3人正解 42.8% 19240.33秒 将人(元・魔神)  都道府県の処理する自治事務と法定受託事務に関して、都道府県による法定受託事務の執行については、国の大臣による代執行の手続があるが、自治事務の執行については、こうした手続はない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q388. 13人中8人正解 61.5% 5246.87秒 将人(元・魔神)  条例制定権の限界に関して、河川法の適用されない普通河川の管理について、条例により河川法が同法の適用される河川等について定めるところ以上に強力な規制をすることは許されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q389. 8人中4人正解 50.0% 3193.75秒 将人(元・魔神)  条例制定権の限界に関して、財産権の行使については国の法律によって統一的に規制しようとするのが憲法29条2項の趣旨であるから、条例による財産権規制は、法律の特別な授権がある場合に限られる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q390. 9人中4人正解 44.4% 3563.00秒 将人(元・魔神)  条例制定権の限界に関して、条例によって健全な風俗を害する行為を規制することは許されるが、規制の程度、態様等によっては、他の地方公共団体との関係で平等原則違反が問題になる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q391. 6人中3人正解 50.0% 34697.66秒 将人(元・魔神)  条例制定権の限界に関して、故意に一定以上の騒音を発する者に対し、条例で騒音を発する行為の中止を命じる規定を設けた場合、併せて一定額の過料を課すことを通告して義務の履行を促すことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q392. 6人中5人正解 83.3% 270.40秒 将人(元・魔神)  条例制定権の限界に関して、条例によって地方公共の安寧と秩序を維持する規制を行うことは許されるが、国の法令による規制とその目的が同一であったり、部分的に共通するような規制を行うことは許されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q393. 5人中4人正解 80.0% 17.75秒 将人(元・魔神)  地方自治法における直接請求において、直接請求として、地方税の賦課徴収、分担金、使用料、手数料の徴収に関する条例の制定改廃を求めることも可能である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q394. 8人中5人正解 62.5% 721.00秒 将人(元・魔神)  地方自治法における直接請求において、知事・市町村長のみならず、選挙管理委員、監査委員などの役員も、直接請求としての解職請求の対象となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q395. 11人中7人正解 63.6% 10792.14秒 将人(元・魔神)  地方自治法における直接請求において、条例の制定改廃を求める直接請求が成立した場合、首長は住民投票を行って過半数の同意が得られれば、議会の同意を経ることなく条例を公布することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q396. 5人中2人正解 40.0% 10602.50秒 将人(元・魔神)  地方自治法における直接請求において、首長等の解職を求める直接請求は、あくまでも解職請求権の行使を議会に求めるものであり、直接請求が成立した場合においても、首長を解職するか否かの最終判断は議会が行う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q397. 7人中1人正解 14.2% 17.00秒 将人(元・魔神)  地方自治法における直接請求において、一般行政事務の監査請求は、他の直接請求とは異なり、選挙権者の50分の1以上の賛成という要件が不要なので、一人でも監査請求をすることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q398. 10人中7人正解 70.0% 11493.57秒 将人(元・魔神)  地方自治法に定める住民監査請求および住民訴訟に関し、住民監査請求の監査の結果もしくは勧告が出されるまでは、住民訴訟を提起することは許されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q399. 7人中4人正解 57.1% 486.75秒 将人(元・魔神)  地方自治法に定める住民監査請求および住民訴訟に関し、住民監査請求を提起できるのは、当該普通地方公共団体の住民のうち選挙権を有する者に限られる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q400. 13人中12人正解 92.3% 14078.33秒 将人(元・魔神)  地方自治法に定める住民監査請求および住民訴訟に関し、住民訴訟において、住民は地方公共団体に代位して、損害を与えた職員等に直接損害賠償または不当利得返還請求をなすことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q401. 7人中5人正解 71.4% 18359.60秒 将人(元・魔神)  地方自治法に定める住民監査請求および住民訴訟に関し、住民訴訟においては、執行機関または職員に対する行為の差止めの請求をなすことは認められない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q402. 7人中4人正解 57.1% 682.00秒 将人(元・魔神)  地方自治法に定める住民監査請求および住民訴訟に関し、住民監査請求は地方公共団体の不当な公金支出行為についても請求することができるが、住民訴訟は不当な公金支出行為については提起することができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q403. 7人中3人正解 42.8% 1734.33秒 将人(元・魔神)  制限行為能力者と取引をした相手方の保護に関し、制限行為能力者が自己の行為を取り消したときには、相手方は受け取っていた物を返還しなければならないが、相手方は、制限行為能力を理由とする取消しであることを理由に、現に利益を受けている限度で返還をすれば足りる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q404. 4人中4人正解 100.0% 43200.25秒 将人(元・魔神)  制限行為能力者と取引をした相手方の保護に関し、制限行為能力者が未成年者の場合、相手方は、未成年者本人に対して、1か月以上の期間を定めてその行為を追認するかどうかを催告することができ、その期間内に確答がなければその行為を追認したものとみなされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q405. 6人中5人正解 83.3% 14195.40秒 将人(元・魔神)  制限行為能力者と取引をした相手方の保護に関し、制限行為能力者が成年被後見人であり、相手方が成年被後見人に日用品を売却した場合であっても、成年被後見人は制限行為能力を理由として自己の行為を取り消すことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q406. 8人中5人正解 62.5% 44294.40秒 将人(元・魔神)  制限行為能力者と取引をした相手方の保護に関し、制限行為能力者が被保佐人であり、保佐人の同意を得なければならない行為を被保佐人が保佐人の同意またはそれに代わる家庭裁判所の許可を得ずにした場合において、被保佐人が相手方に対して行為能力者であると信じさせるために詐術を用いたときには、制限行為能力を理由としてこの行為を取り消すことはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q407. 8人中7人正解 87.5% 2004.14秒 将人(元・魔神)  制限行為能力者と取引をした相手方の保護に関し、制限行為能力者が被補肋人であり、補助人の同意を得なければならない行為を被補助人が補助人の同意を得てした場合であっても、相手方は、制限行為能力を理由として補助人の行為を取り消すことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q408. 11人中7人正解 63.6% 17397.00秒 将人(元・魔神)  民法上の住所に関し、住所が知れない場合において、居所を住所とみなすことはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q409. 12人中5人正解 41.6% 1347.00秒 将人(元・魔神)  民法上の住所に関し、日本に住所を有しない外国人は、日本における居所をその者の住所とみなすことはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q410. 9人中5人正解 55.5% 516.60秒 将人(元・魔神)  民法上の住所に関し、ある行為について仮住所を選定したときは、その行為に関しては、その仮住所を住所とみなす。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q411. 13人中7人正解 53.8% 19251.14秒 将人(元・魔神)  民法上の住所に関し、住所が複数ある場合には、本籍地を住所とみなす。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q412. 12人中2人正解 16.6% 28004.50秒 将人(元・魔神)  民法上の住所に関し、住民票に記載されている住所と本籍地が異なる場合には、住民票に記載されている住所を民法上の住所とみなす。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q413. 11人中6人正解 54.5% 252.33秒 将人(元・魔神)  所有権の原始取得に関し、Aは、B所有の土地をBの所有であると知りつつ所有の意思をもって平穏かつ公然に10年間占有した場合に、その土地の所有権を取得する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q414. 11人中4人正解 36.3% 32000.50秒 将人(元・魔神)  所有権の原始取得に関し、Aの所有する動産とBの所有する動産が付合して分離することが不可能になった場合において、両動産について主従の区別をすることができないときには、AとBは、当然に相等しい割合でその合成物を共有するものとみなす。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q415. 11人中7人正解 63.6% 9350.14秒 将人(元・魔神)  所有権の原始取得に関し、BがAの所持する材料に工作を加えて椅子を完成させた場合に、その椅子の所有権は、AとBとの取決めに関係なく、Aに帰属する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q416. 12人中10人正解 83.3% 12146.10秒 将人(元・魔神)  所有権の原始取得に関し、Bの所有する動産がAの所有する不動産に従として付合した場合に、AとBは、AとBとの取決めに関係なく、Aの不動産の価格とBの動産の価格の割合に応じてその合成物を共有する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q417. 9人中5人正解 55.5% 9317.00秒 将人(元・魔神)  所有権の原始取得に関し、Aは、所有者のいない動産を所有の意思をもって占有を始めた場合に、その動産の所有権を取得する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q418. 9人中7人正解 77.7% 1106.57秒 将人(元・魔神)  Aは、B所有の甲土地について地上権の設定を受けて、同土地上に乙建物を建築した。Aが同建物を建築するについては、そのための資金としてC銀行から融資を受けた。A・B間では賃借権ではなく地上権が設定されたので、その存続期間については、借地借家法の適用はなく民法の規定が適用される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q419. 11人中4人正解 36.3% 6913.00秒 将人(元・魔神)  Aは、B所有の甲土地について地上権の設定を受けて、同土地上に乙建物を建築した。Aが同建物を建築するについては、そのための資金としてC銀行から融資を受けた。AがC銀行のために抵当権を設定するには、乙建物のみを抵当権の目的とすることができ、Aの甲土地に対する地上権を抵当権の目的とすることはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q420. 8人中4人正解 50.0% 633.25秒 将人(元・魔神)  Aは、B所有の甲土地について地上権の設定を受けて、同土地上に乙建物を建築した。Aが同建物を建築するについては、そのための資金としてC銀行から融資を受けた。Bが死亡し、Bの相続人Dが甲土地を相続した場合に、Aは、甲土地についての地上権登記または乙建物についての保存登記を経由していない限り、Dに対し、Aの甲土地についての地上権を対抗することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q421. 6人中2人正解 33.3% 34.00秒 将人(元・魔神)  Aは、B所有の甲土地について地上権の設定を受けて、同土地上に乙建物を建築した。Aが同建物を建築するについては、そのための資金としてC銀行から融資を受けた。AのC銀行に対する債務の担保のために、Aが乙建物についてC銀行のために抵当権を設定するとともに、Bが物上保証人として甲土地についてC銀行のために抵当権を設定していた場合において、C銀行が抵当権を実行するには、まず乙建物から行う必要はない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q422. 7人中5人正解 71.4% 860.80秒 将人(元・魔神)  Aは、B所有の甲土地について地上権の設定を受けて、同土地上に乙建物を建築した。Aが同建物を建築するについては、そのための資金としてC銀行から融資を受けた。Aが死亡し、Aの相続人EおよびFが遺産分割により乙建物を共有することになった場合において、EおよびFは、相互に5年間は乙建物の分割を請求することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q423. 9人中7人正解 77.7% 229.42秒 将人(元・魔神)  A・B間で建物の売買契約が成立し、Aは、Bから建物の引渡しを受け、また、移転登記も得て、近く同建物に引っ越しをしようと思っていたところ、同建物は、第三者Cの放火によって焼失してしまった。BからAに対して上記建物についての売買代金の支払請求があった場合に、Aは、Bに対して同時履行の抗弁権を主張して代金の支払いを拒むことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q424. 8人中4人正解 50.0% 319.00秒 将人(元・魔神)  A・B間で建物の売買契約が成立し、Aは、Bから建物の引渡しを受け、また、移転登記も得て、近く同建物に引っ越しをしようと思っていたところ、同建物は、第三者Cの放火によって焼失してしまった。上記建物は、Bの責めに帰すことができない事由により焼失したので、危険負担に関し建物の滅失についてはAの負担に帰する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q425. 5人中2人正解 40.0% 2750.00秒 将人(元・魔神)  A・B間で建物の売買契約が成立し、Aは、Bから建物の引渡しを受け、また、移転登記も得て、近く同建物に引っ越しをしようと思っていたところ、同建物は、第三者Cの放火によって焼失してしまった。Aは、Bに対して履行不能を理由として売買契約を解除することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q426. 9人中3人正解 33.3% 2959.66秒 将人(元・魔神)  A・B間で建物の売買契約が成立し、Aは、Bから建物の引渡しを受け、また、移転登記も得て、近く同建物に引っ越しをしようと思っていたところ、同建物は、第三者Cの放火によって焼失してしまった。Aは、Bに対して代金の支払いを免れることはできないが、債務不履行を理由とする損害賠償請求をすることができるので、この両者につき相殺を主張することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q427. 9人中5人正解 55.5% 19405.80秒 将人(元・魔神)  A・B間で建物の売買契約が成立し、Aは、Bから建物の引渡しを受け、また、移転登記も得て、近く同建物に引っ越しをしようと思っていたところ、同建物は、第三者Cの放火によって焼失してしまった。Aは、Bに対して代金の支払いを免れることはできないが、Cに対して不法行為を理由として損害賠償請求をすることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q428. 6人中2人正解 33.3% 20.50秒 将人(元・魔神)  契約の履行期に関し、請負の報酬は、仕事の目的物の引渡しを要する場合でも、仕事の目的物の完成時に注文者が請負人に対して支払わなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q429. 7人中2人正解 28.5% 6822.00秒 将人(元・魔神)  契約の履行期に関し、宅地や建物の賃貸借の賃料は、翌月分を毎月末までに賃借人は賃貸人に対して支払わなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q430. 10人中3人正解 30.0% 7476.33秒 将人(元・魔神)  契約の履行期に関し、売買目的物の引渡しについて期限があるときは、代金の支払についても同一の期限までに買主が売主に対してその代金を支払わなければならないものと推定される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q431. 8人中6人正解 75.0% 7783.33秒 将人(元・魔神)  契約の履行期に関し、報酬の合意がある場合には、委任の報酬は、受任者の請求があれば委任者がその前払をしなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q432. 8人中5人正解 62.5% 49755.80秒 将人(元・魔神)  契約の履行期に関し、消費貸借については、返還時期の合意がないときには、貸主の請求があれば借主は直ちに返還しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q433. 4人中3人正解 75.0% 667.00秒 将人(元・魔神)  Aはその所有する建物をBに賃貸し、BはAの承諾を得てその建物をCに転貸している。この状況の下で、A・B間の賃貸借契約が終了したので、AはCに建物の明渡しを求めたいと考えている。A・Bが賃貸借契約を合意解除した場合には、AはそれをCに対抗することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q434. 11人中5人正解 45.4% 2139.60秒 将人(元・魔神)  Aはその所有する建物をBに賃貸し、BはAの承諾を得てその建物をCに転貸している。この状況の下で、A・B間の賃貸借契約が終了したので、AはCに建物の明渡しを求めたいと考えている。Bが賃借権を放棄した場合には、AはそれをCに対抗することができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q435. 10人中6人正解 60.0% 678.83秒 将人(元・魔神)  Aはその所有する建物をBに賃貸し、BはAの承諾を得てその建物をCに転貸している。この状況の下で、A・B間の賃貸借契約が終了したので、AはCに建物の明渡しを求めたいと考えている。Bの債務不履行によってA・B間の賃貸借契約が解除された場合には、AはあらかじめCに催告をしなくてもCに対抗することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q436. 5人中3人正解 60.0% 40.33秒 将人(元・魔神)  Aはその所有する建物をBに賃貸し、BはAの承諾を得てその建物をCに転貸している。この状況の下で、A・B間の賃貸借契約が終了したので、AはCに建物の明渡しを求めたいと考えている。A・B間の賃貸借契約が期間満了によって終了した場合には、AはCにその旨を通知しなくても、それをCに対抗することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q437. 9人中6人正解 66.6% 750.16秒 将人(元・魔神)  Aはその所有する建物をBに賃貸し、BはAの承諾を得てその建物をCに転貸している。この状況の下で、A・B間の賃貸借契約が終了したので、AはCに建物の明渡しを求めたいと考えている。Aからの正当事由を伴う解約申し入れによりA・B間の賃貸借契約が終了した場合には、AはCにその旨を通知しなければ、それをCに対抗することができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q438. 6人中4人正解 66.6% 27756.00秒 将人(元・魔神)  観光バス会社Aの運転手Bは、営業運転中に、Cが運転するD社のタンクローリー車と衝突事故を起こし、バスの乗客が負傷した。その事故は、Bの前方不注意とCの居眠り運転が競合して生じたものであり、B・Cの過失割合は3:7であった。Aが乗客の請求に応じて損害を賠償した場合には、Aは、Cの過失割合に応じてCに対して求償することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q439. 8人中4人正解 50.0% 22.50秒 将人(元・魔神)  観光バス会社Aの運転手Bは、営業運転中に、Cが運転するD社のタンクローリー車と衝突事故を起こし、バスの乗客が負傷した。その事故は、Bの前方不注意とCの居眠り運転が競合して生じたものであり、B・Cの過失割合は3:7であった。Bが乗客の請求に応じて損害を賠償した場合には、Bは、賠償額全額につきDに対して求償することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q440. 6人中3人正解 50.0% 14.66秒 将人(元・魔神)  観光バス会社Aの運転手Bは、営業運転中に、Cが運転するD社のタンクローリー車と衝突事故を起こし、バスの乗客が負傷した。その事故は、Bの前方不注意とCの居眠り運転が競合して生じたものであり、B・Cの過失割合は3:7であった。Bが乗客の請求に応じて損害を賠償した場合には、Bは、賠償額全額につきAに対して求償することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q441. 11人中6人正解 54.5% 2535.33秒 将人(元・魔神)  観光バス会社Aの運転手Bは、営業運転中に、Cが運転するD社のタンクローリー車と衝突事故を起こし、バスの乗客が負傷した。その事故は、Bの前方不注意とCの居眠り運転が競合して生じたものであり、B・Cの過失割合は3:7であった。BおよびCが乗客の請求に応じて対等額を支出して損害の賠償を行った場合には、Bは、自己の負担部分を超える範囲につきDに対して求償することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q442. 6人中2人正解 33.3% 10.50秒 将人(元・魔神)  観光バス会社Aの運転手Bは、営業運転中に、Cが運転するD社のタンクローリー車と衝突事故を起こし、バスの乗客が負傷した。その事故は、Bの前方不注意とCの居眠り運転が競合して生じたものであり、B・Cの過失割合は3:7であった。Cが乗客の請求に応じて損害を賠償した場合には、Cは、Bの負担部分につきBに対してのみ求償することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q443. 12人中7人正解 58.3% 13339.71秒 将人(元・魔神)  Aは、自己が所有する甲建物に居住していたところ、Bと婚姻後においても、同建物にA・Bで同居することになった。A・Bが甲建物に関して婚姻の届出前に別段の契約をしなかったときは、甲建物は、A・Bの共有に属するものと推定される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q444. 15人中11人正解 73.3% 7235.27秒 将人(元・魔神)  Aは、自己が所有する甲建物に居住していたところ、Bと婚姻後においても、同建物にA・Bで同居することになった。A・Bの婚姻後にAが甲建物を第三者Cに譲渡したときは、Bは、そのA・C間の売買契約を取り消すことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q445. 15人中8人正解 53.3% 89.75秒 将人(元・魔神)  Aは、自己が所有する甲建物に居住していたところ、Bと婚姻後においても、同建物にA・Bで同居することになった。A・Bの婚姻後に甲建物について必要な修繕をしたときは、その修繕に要した費用は、A・Bで分担する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q446. 10人中5人正解 50.0% 18191.60秒 将人(元・魔神)  Aは、自己が所有する甲建物に居住していたところ、Bと婚姻後においても、同建物にA・Bで同居することになった。A・Bの婚姻後に甲建物内に存するに至った動産は、A・Bの共有に属するものとみなされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q447. 9人中7人正解 77.7% 253.28秒 将人(元・魔神)  Aは、自己が所有する甲建物に居住していたところ、Bと婚姻後においても、同建物にA・Bで同居することになった。A・Bが離婚をした場合において、AまたはBがその相手方に対して財産の分与を請求することができるときに、その請求権を有する者は、甲建物内に存する動産について先取特権を有する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q448. 8人中4人正解 50.0% 22000.25秒 将人(元・魔神)  商業使用人に関して、支配人は、商人に代わってその営業に関する一切の裁判上または裁判外の行為をなす権限を有し、支配人の代理権に加えた制限は、それを登記した場合に、これをもって善意の第三者に対抗することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q449. 8人中7人正解 87.5% 508.85秒 将人(元・魔神)  商業使用人に関して、支配人は、商人の許諾がなければ自ら営業を行うことができないが、商人の許諾がなくとも自己または第三者のために商人の営業の部類に属する取引を行うことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q450. 9人中7人正解 77.7% 9707.28秒 将人(元・魔神)  商業使用人に関して、商人の営業所の営業の主任者であることを示す名称を付した使用人は、相手方が悪意であった場合を除いて、当該営業所の営業に関する一切の裁判外の行為をなす権限を有するものとみなされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q451. 10人中3人正解 30.0% 1681.00秒 将人(元・魔神)  商業使用人に関して、営業に関するある種類または特定の事項の委任を受けた使用人は、その事項に関して一切の裁判外の行為をなす権限を有し、当該使用人の代理権に加えた制限は、これをもって善意の第三者に対抗することができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q452. 11人中9人正解 81.8% 2682.77秒 将人(元・魔神)  商業使用人に関して、物品の販売を目的とする店舖の使用人は、相手方が悪意であった場合も、その店舖にある物品の販売に関する権限を有するものとみなされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q453. 5人中4人正解 80.0% 17.25秒 将人(元・魔神)  商行為に関し、商人が平常取引をする者からその営業の部類に属する契約の申込みを受け、申込みとともに受け取った物品がある場合において、その申込みを拒絶するときは、相当の期間内にその物品を相手方の費用により返還しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q454. 4人中2人正解 50.0% 11.50秒 将人(元・魔神)  商行為に関し、数人がその一人または全員のために商行為である行為によって債務を負担した場合は、その債務は各自が連帯してこれを負担する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q455. 9人中2人正解 22.2% 9.50秒 将人(元・魔神)  商行為に関し、商人がその営業の範囲内において他人のために行為をした場合は、報酬に関する契約がなくとも、相当の報酬を請求することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q456. 8人中5人正解 62.5% 21091.60秒 将人(元・魔神)  商行為に関し、当事者の一方のために商行為となる行為によって生じた債権が弁済期にあるときは、債権者は、債権の弁済を受けるまで、債権者が占有する債務者所有の物または有価証券を留置することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q457. 4人中0人正解 0.0% 0.00秒 将人(元・魔神)  商行為に関し、商行為によって生じた債権を担保するために設定した質権については、質権者に弁済として質物の所有権を取得させることを契約で定めることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q458. 10人中7人正解 70.0% 12605.85秒 将人(元・魔神)  株主総会に関して、最高裁判所の判例に照らし、招集権者による株主総会の招集の手続を欠く場合であっても、株主全員がその開催に同意して出席したいわゆる全員出席総会において、株主総会の権限に属する事項について決議をしたときには、この決議は株主総会の決議として有効に成立する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q459. 13人中6人正解 46.1% 22700.83秒 将人(元・魔神)  株主総会に関して、最高裁判所の判例に照らし、株主総会において議決権を行使する代理人を株主に限る旨の定款の規定は、株主総会が第三者により撹乱されることを防止して、会社の利益を保護する趣旨にでた合理的理由による相当程度の制限であって、有効である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q460. 10人中3人正解 30.0% 22835.66秒 将人(元・魔神)  株主総会に関して、最高裁判所の判例に照らし、株主は、自己に対する株主総会の招集手続に瑕疵がなくとも、他の株主に対する招集手続に瑕疵がある場合には、株主総会の決議取消しの訴えを提起することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q461. 11人中8人正解 72.7% 15898.12秒 将人(元・魔神)  株主総会に関して、最高裁判所の判例に照らし、株主総会の決議取消しの訴えを提起した場合においては、その提訴期間が経過した後であっても、新たな取消事由を追加して主張することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q462. 6人中1人正解 16.6% 21.00秒 将人(元・魔神)  株主総会に関して、最高裁判所の判例に照らし、株主総会の決議の内容自体に法令または定款違背の瑕疵がなく、単に決議の動機または目的において公序良俗に反する不法がある場合は、その株主総会の決議は無効とならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q463. 9人中3人正解 33.3% 29.00秒 将人(元・魔神)  会社の合併に関して、会社が合併するには、各当事会社の株主総会の特別決議による承認を要するが、存続会社に比べて消滅会社の規模が著しく小さい場合には、各当事会社は株主総会決議を省略することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q464. 6人中1人正解 16.6% 20.00秒 将人(元・魔神)  会社の合併に関して、合併の各当事会社は、会社債権者に対して、合併に異議があれば一定の期間内に述べるように官報に公告し、かつ電子公告をした場合であっても、知れたる債権者には個別催告する必要がある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q465. 8人中5人正解 62.5% 1170.20秒 将人(元・魔神)  会社の合併に関して、合併決議前に反対の意思表示をし、かつ合併承認決議に反対した株主は、合併承認決議が成立した場合には、株式買取請求権を行使することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q466. 9人中8人正解 88.8% 193.87秒 将人(元・魔神)  会社の合併に関して、会社の合併が違法である場合に、各当事会社の株主等若しくは社員等または、破産管財人若しくは合併を承認しなかった債権者は、その無効を合併無効の訴えによってのみ主張することができ、合併無効の判決が確定した場合には、将来に向かってその合併は無効となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q467. 6人中3人正解 50.0% 48840.00秒 将人(元・魔神)  会社の合併に関して、会社の合併により、消滅会社の全財産が包括的に存続会社に移転するため、財産の一部を除外することは許されないが、消滅会社の債務については、消滅会社の債権者の承諾が得られれば、存続会社は消滅会社の債務を引き継がないとすることも可能である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q468. 11人中6人正解 54.5% 4164.00秒 将人(元・魔神)  会社の種類に関し、合名会社と合資会社の持分は、定款の定めにより1持分につき複数の議決権を与えることができるが、株式会社でも、1株に複数の議決権を有する種類株式を発行する旨を定款に定めることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q469. 8人中7人正解 87.5% 8259.71秒 将人(元・魔神)  会社の種類に関し、合名会社の無限責任社員は、各社員が会社債務全額につき連帯責任を負うが、会社債権者に対して、まず会社資産から弁済を受けるように求めることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q470. 5人中3人正解 60.0% 8044.00秒 将人(元・魔神)  会社の種類に関し、合資会社の有限責任社員は、定款記載の出資額までしか責任を負わないため、有限責任社員となる時点で出資全額の履行が要求されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q471. 8人中5人正解 62.5% 1079.60秒 将人(元・魔神)  会社の種類に関し、株式会社は、株式会社を表章する有価証券を発行しなければならず、合名会社と合資会社でも持分を表章する有価証券を発行しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q472. 15人中4人正解 26.6% 5285.00秒 将人(元・魔神)  会社の種類に関し、合資会社では、無限責任社員から業務執行権と会社代表権を有する代表社員を選任することを要し、株式会社では、取締役から業務執行権と会社代表権を有する代表取締役を選定する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q473. 8人中4人正解 50.0% 18.25秒 将人(元・魔神)  1980年代からの国の行政改革に関して、中曽根内閣のもとで設置された第2次臨時行政調査会は、「民間活力の活用」をすすめる観点から、旧国鉄、旧電電公社、旧郵政公社の民営化に取り組んだ。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q474. 13人中7人正解 53.8% 12761.57秒 将人(元・魔神)  1980年代からの国の行政改革に関して、第2次臨時行政調査会のあと、さらに3次にわたる臨時行政改革推進審議会が設置され、第3次の同審議会最終答申で「官から民へ」「国から地方へ」の改革課題が集約された。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q475. 8人中4人正解 50.0% 4105.75秒 将人(元・魔神)  1980年代からの国の行政改革に関して、地方分権推進法にもとづいて設置された地方分権推進委員会は、市町村合併の推進を唱えたのに加えて、都道府県制に代わる道州制の検討を提言した。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q476. 10人中8人正解 80.0% 5043.49秒 将人(元・魔神)  1980年代からの国の行政改革に関して、中央省庁等改革に取り組んだ行政改革会議は、「公共性の空間」は中央の官の独占物ではないとする基本理念に立って最終報告を取りまとめた。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q477. 8人中3人正解 37.5% 701.00秒 将人(元・魔神)  日本の地方自治に関して、地方自治体では首長制を採用しているが、議会による首長の不信任議決等の制度を認めているため、議院内閣制の要素も含まれている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q478. 11人中8人正解 72.7% 35239.00秒 将人(元・魔神)  日本の地方自治に関して、地方自治体で行われている住民投票は、当該自治体の条例に基づかずに実施されているため、法的拘束力のないものとなっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q479. 9人中6人正解 66.6% 110.00秒 将人(元・魔神)  日本の地方自治に関して、いわゆる「平成の大合併」では、人口8,000人をめどに合併をすすめるものとされ、強制合併の制度も導入された。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q480. 9人中4人正解 44.4% 11.75秒 将人(元・魔神)  日本の地方自治に関して、1999年制定の地方分権一括法に基づく分権改革では、機関委任事務制度の廃止等の大きな成果があったが、地方税財政秩序の再構築などの課題が残された。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q481. 11人中7人正解 63.6% 26273.28秒 将人(元・魔神)  日本の地方自治に関して、一般市が政令指定都市に指定されると、都道府県から独立した地位を与えられるため、市域内の都道府県税は原則として当該市の財源に属することとなる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q482. 12人中4人正解 33.3% 5184.25秒 将人(元・魔神)  財政投融資制度に関して、財政投融資は、郵便貯金や銀行預金、年金保険料などを原資として、社会資本整備などの分野に低利で融資・出資を行う制度として創設された。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q483. 10人中7人正解 70.0% 5914.00秒 将人(元・魔神)  財政投融資制度に関して、特殊法人等の財政投融資機関は、国の財政融資資金特別会計からの借入れにより必要な資金総額を調達しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q484. 11人中6人正解 54.5% 13181.33秒 将人(元・魔神)  財政投融資制度に関して、国の財政融資資金特別会計は、特殊法人等に貸し出す資金を調達するために、財投機関債を発行している。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q485. 7人中5人正解 71.4% 9852.60秒 将人(元・魔神)  財政投融資制度に関して、財政投融資計画額を使途別にみると、「生活環境整備」「中小企業」「道路」の占める割合が高くなっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q486. 3人中3人正解 100.0% 2720.66秒 将人(元・魔神)  財政投融資制度に関して、財政投融資による融資は、公益上の必要に基づいて行う融資であり、もっぱら無利息の融資である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q487. 6人中2人正解 33.3% 38.00秒 将人(元・魔神)  貿易の自由化に関し、GATTケネディラウンドでは、関税の一括引下げ方式が提案されたが、引下げ対象品目について合意には達せず、その採用には至らなかった。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q488. 8人中0人正解 0.0% 0.00秒 将人(元・魔神)  貿易の自由化に関し、GATTウルグアイラウンドでは、交渉対象が農業分野にまで拡大されたが、サービス分野や知的財産権については、交渉対象として取り上げられるまでに至らなかった。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q489. 6人中4人正解 66.6% 454.25秒 将人(元・魔神)  貿易の自由化に関し、WTO(世界貿易機関)は、加盟国間の貿易交渉に加えて、貿易をめぐる紛争処理や、各国の貿易政策の審査といった役割を担う機関である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q490. 5人中1人正解 20.0% 16191.00秒 将人(元・魔神)  貿易の自由化に関し、WTO(世界貿易機関)は、貿易について二国間主義を掲げており、関税同盟などの地域経済統合についても認める立場をとっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q491. 13人中8人正解 61.5% 1754.37秒 将人(元・魔神)  貿易の自由化に関し、日本は、これまでアジアのどの国・地域に対してもセーフガード(緊急輸入制限)を発動したことはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q492. 11人中5人正解 45.4% 896.00秒 将人(元・魔神)  海洋に関して、領海とは、沿岸国の領域の一部を構成する海域の部分で、いずれの国も沿岸に引かれる基線から測定して12カイリを超えない範囲で領海の幅を定めることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q493. 4人中2人正解 50.0% 49289.00秒 将人(元・魔神)  海洋に関して、世界の海洋のうち、沿岸国の領海と排他的経済水域を除いた部分が公海であり、公海自由の原則が適用される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q494. 10人中4人正解 40.0% 14262.25秒 将人(元・魔神)  海洋に関して、排他的経済水域は、基線より測って沖合100カイリまでの海域に設定することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q495. 6人中3人正解 50.0% 15620.33秒 将人(元・魔神)  海洋に関して、沿岸国は、排他的経済水域にあるすべての天然資源の探査・開発のための主権的権利を有する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q496. 10人中2人正解 20.0% 141089.50秒 将人(元・魔神)  海洋に関して、排他的経済水域においては、沿岸国だけでなくすべての国が、航行および上空飛行の自由ならびに海底電線・海底パイプライン敷設の自由を亨有する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q497. 7人中2人正解 28.5% 16.00秒 将人(元・魔神)  接続しているユーザーの情報やファイルのリストを中央サーバーが管理し、ファイルの転送のみを利用者間で直接行う中央サーバー型システムと、まったくサーバーを持たず、すべての情報がバケツリレー式に利用者の間で流通する純粋型システムが存在する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q498. 10人中8人正解 80.0% 5621.12秒 将人(元・魔神)  不特定多数のコンピュータ間で匿名性の高いファイル交換を行うために、指定したファイルを直接受信せず、一度別のコンピュータを経由する転送機能を有するソフトも存在している。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q499. 9人中5人正解 55.5% 6119.20秒 将人(元・魔神)  ファイル交換ソフト自体は公開するファイル、公開しないファイルを指定できる仕組みとなっているが、ファイル交換ソフトが暴露ウィルスに感染してしまった時には本来非公開の個人情報や内部資料をネットワーク上に流出させてしまうことがある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q500. 6人中6人正解 100.0% 11929.50秒 将人(元・魔神)  ファイル交換ソフトは、著作権侵害をはじめとする違法な情報流通の温床になっているとして強い非難の対象となっている。実際、日本でも近年ファイル交換ソフトの開発者のなかに逮捕された者もいる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q501. 9人中6人正解 66.6% 17542.00秒 将人(元・魔神)  ファイル交換の原理自体は非常に有用であるため、多くの学校や公的機関で、公文書の交換にその利用が近年急増している。これが個人情報流出の遠因となっているとも指摘されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q502. 7人中3人正解 42.8% 16402.00秒 将人(元・魔神)  電子署名に関し、オンライン申請においてなりすましを防止するために、私人のみならず行政機関も電子署名法*に基づき認証事業者から取得した証明書を利用しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q503. 4人中0人正解 0.0% 0.00秒 将人(元・魔神)  電子署名に関し、地方公共団体が発行する公的個人認証の証明書は、行政機関に対してのみならず、一般の民間企業とのオンライン手続においても用いることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q504. 12人中7人正解 58.3% 7919.00秒 将人(元・魔神)  電子署名に関し、電子署名法に基づき、認証事業者は、自然人および法人の本人性の確認をするサービスを行うことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q505. 11人中9人正解 81.8% 26192.66秒 将人(元・魔神)  電子署名に関し、法人の電子署名については、商業登記法に基づき法務省の登記官が作成した電子証明書を利用することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q506. 7人中2人正解 28.5% 20.00秒 将人(元・魔神)  電子署名に関し、地方公共団体の発行する公的個人認証の証明書は、私人の本人性確認と地方公共団体自身の組織認証のために用いられる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q507. 5人中1人正解 20.0% 4.00秒 将人(元・魔神)  通信の秘密と個人情報の保護に関し、個人情報保護法が私人に対しても適用されるのに比べ、通信の秘密の法理は、公権力による通信の侵害にのみ適用され、私人による通信の秘密の侵害には適用されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q508. 8人中4人正解 50.0% 14494.75秒 将人(元・魔神)  通信の秘密と個人情報の保護に関し、通信の秘密を保護する義務は、回線を保有管理する電気通信事業者には課せられるが、回線を利用するに過ぎない電気通信事業者(プロバイダ)は、個人情報保護法の適用は受けても、通信の秘密を保護する義務は負わない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q509. 7人中1人正解 14.2% 33.00秒 将人(元・魔神)  通信の秘密と個人情報の保護に関し、通信にかかる個人の秘密は個人情報保護法によっても保護されるが、通信にかかる法人の秘密は、通信の秘密の法理により保護される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q510. 7人中4人正解 57.1% 28324.25秒 将人(元・魔神)  通信の秘密と個人情報の保護に関し、個人の秘密に関する情報の漏洩は個人情報保護法により刑事罰の対象となるが、通信の秘密を侵害しただけでは刑事罰の対象とはならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q511. 7人中3人正解 42.8% 5667.66秒 将人(元・魔神)  通信の秘密と個人情報の保護に関し、受信者が個人情報保護法に基づき匿名通信の発信者情報の開示を求めた場合には、発信者の通信にかかる通信の秘密は保護されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q512. 9人中5人正解 55.5% 4948.40秒 将人(元・魔神)  個人情報の保護に関する法律は、憲法上の自由との関係で、個人情報取扱事業者のうち一定の者については、その活動目的を基準として、第4章(個人情報取扱事業者の義務等)の規定を適用除外としている。報道機関は、その名称が法の適用除外規定のリストに載っている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q513. 10人中3人正解 30.0% 1816.33秒 将人(元・魔神)  個人情報の保護に関する法律は、憲法上の自由との関係で、個人情報取扱事業者のうち一定の者については、その活動目的を基準として、第4章(個人情報取扱事業者の義務等)の規定を適用除外としている。大学は、その名称が法の適用除外規定のリストに載っている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q514. 5人中0人正解 0.0% 0.00秒 将人(元・魔神)  個人情報の保護に関する法律は、憲法上の自由との関係で、個人情報取扱事業者のうち一定の者については、その活動目的を基準として、第4章(個人情報取扱事業者の義務等)の規定を適用除外としている。宗教団体は、その名称が法の適用除外規定のリストに載っている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q515. 8人中3人正解 37.5% 215.33秒 将人(元・魔神)  個人情報の保護に関する法律は、憲法上の自由との関係で、個人情報取扱事業者のうち一定の者については、その活動目的を基準として、第4章(個人情報取扱事業者の義務等)の規定を適用除外としている。政治団体は、その名称が法の適用除外規定のリストに載っている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q516. 10人中7人正解 70.0% 7038.28秒 将人(元・魔神)  個人情報の保護に関する法律は、憲法上の自由との関係で、個人情報取扱事業者のうち一定の者については、その活動目的を基準として、第4章(個人情報取扱事業者の義務等)の規定を適用除外としている。弁護士会は、その名称が法の適用除外規定のリストに載っている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q517. 12人中10人正解 83.3% 18545.50秒 将人(元・魔神)  「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」に関して、この法律は、個人情報である限り、日本国民に関する情報のみならず外国人に関する情報も保護の対象としている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q518. 9人中4人正解 44.4% 3649.50秒 将人(元・魔神)  「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」に関して、行政機関は、個人情報を保有するにあたっては、利用の目的をできる限り特定しなければならず、また最初に個人情報を保有した目的を変更してはならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q519. 8人中4人正解 50.0% 11332.50秒 将人(元・魔神)  「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」に関して、本人から、直接、書面に記録された当該本人の個人情報を取得するときには、取得の状況からみて利用目的が明らかであっても、利用目的を明示しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q520. 12人中5人正解 41.6% 8615.40秒 将人(元・魔神)  「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」に関して、この法律によれば本人の個人情報はすべて本人に開示されるが、本人以外の個人情報等一定の不開示情報は原則として開示されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q521. 9人中5人正解 55.5% 6172.80秒 将人(元・魔神)  「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」に関して、この法律に基づく訂正は、保有個人情報の内容が事実でない場合のみならず、評価・判断の内容が不当な場合にも行われる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q522. 16人中10人正解 62.5% 15274.70秒 将人(元・魔神)  各種の裁判所や裁判官に関して、高等裁判所長官、判事、判事補および簡易裁判所判事は、いずれも最高裁判所の指名した者の名簿によって、内閣が任命する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q523. 9人中4人正解 44.4% 16.50秒 将人(元・魔神)  各種の裁判所や裁判官に関して、高等裁判所、地方裁判所および家庭裁判所の裁判官については65歳の定年制が施行されているが、最高裁判所および簡易裁判所の裁判官については定年の定めが存在しない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q524. 3人中2人正解 66.6% 307.50秒 将人(元・魔神)  各種の裁判所や裁判官に関して、地方裁判所や家庭裁判所の裁判は、事案の性質に応じて、三人の裁判官による合議制で行われる場合を除き、原則として一人の裁判官によって行われるが、高等裁判所の裁判は、法律に特別の定めがある場合を除き、複数の裁判官による合議制で行われることになっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q525. 8人中4人正解 50.0% 4297.75秒 将人(元・魔神)  各種の裁判所や裁判官に関して、簡易裁判所は軽微な事件の処理のために設けられた下級裁判所であり、訴訟の目的の価額が一定額を超えない請求に関する民事事件、罰金以下の刑にあたる罪など一定の軽微な犯罪についての刑事事件の第一審を担当する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q526. 8人中5人正解 62.5% 263.00秒 将人(元・魔神)  各種の裁判所や裁判官に関して、最高裁判所は、大法廷または小法廷で審理を行うが、法令等の憲法違反の判断や最高裁判所の判例を変更する判断をするときは、大法廷で裁判しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q527. 8人中4人正解 50.0% 132.50秒 将人(元・魔神)  国家公務員法102条1項が、その禁止対象とする「政治的行為」の範囲の確定を、独立行政委員会である人事院にゆだねていることの是非をめぐっては、次のようにさまざまな意見があり得る。憲法が「行政権はすべて内閣に属する」と規定しているにもかかわらず、公務員の人事管理を内閣のコントロールが及ばない独立行政委員会にゆだねるのは、違憲である。これは、内閣が行う高度に政治的な統治の作用と、一般の国家公務員による行政の作用とは質的に異なるという見地に基づく意見である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q528. 10人中6人正解 60.0% 7479.33秒 将人(元・魔神)  国家公務員法102条1項が、その禁止対象とする「政治的行為」の範囲の確定を、独立行政委員会である人事院にゆだねていることの是非をめぐっては、次のようにさまざまな意見があり得る。公務員の政治的中立性を担保するためには、「政治的行為」の確定それ自体を政治問題にしないことが重要で、これを議会でなく人事院にゆだねるのは適切な立法政策である。これは、内閣が行う高度に政治的な統治の作用と、一般の国家公務員による行政の作用とは質的に異なるという見地に基づく意見である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q529. 9人中4人正解 44.4% 1776.00秒 将人(元・魔神)  国家公務員法102条1項が、その禁止対象とする「政治的行為」の範囲の確定を、独立行政委員会である人事院にゆだねていることの是非をめぐっては、次のようにさまざまな意見があり得る。人事院の定める「政治的行為」の範囲は、同時に国家公務員法による処罰の範囲を定める構成要件にもなるため、憲法が予定する立法の委任の範囲を超えており、違憲である。これは、内閣が行う高度に政治的な統治の作用と、一般の国家公務員による行政の作用とは質的に異なるという見地に基づく意見である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q530. 6人中1人正解 16.6% 36.00秒 将人(元・魔神)  国家公務員法102条1項が、その禁止対象とする「政治的行為」の範囲の確定を、独立行政委員会である人事院にゆだねていることの是非をめぐっては、次のようにさまざまな意見があり得る。国家公務員法で人事官の弾劾訴追が国会の権限とされていることから、国会のコントロールが及んでおり、人事院規則は法律の忠実な具体化であるといえる。これは、内閣が行う高度に政治的な統治の作用と、一般の国家公務員による行政の作用とは質的に異なるという見地に基づく意見である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q531. 7人中5人正解 71.4% 120521.60秒 将人(元・魔神)  国家公務員法102条1項が、その禁止対象とする「政治的行為」の範囲の確定を、独立行政委員会である人事院にゆだねていることの是非をめぐっては、次のようにさまざまな意見があり得る。行政各部の政治的中立性と内閣の議会に対する政治責任の問題は別であり、内閣の所轄する人事院に対して国会による民主的統制が及ばなくても、合憲である。これは、内閣が行う高度に政治的な統治の作用と、一般の国家公務員による行政の作用とは質的に異なるという見地に基づく意見である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q532. 7人中7人正解 100.0% 2049.42秒 将人(元・魔神)  司法権の限界に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、大学は、国公立であると私立であるとを問わず、自律的な法規範を有する特殊な部分社会を形成しているから、大学における法律上の紛争は、一般市民法秩序と直接の関係を有しない内部的な問題にとどまる限り、その自主的・自律的な解決にゆだねられる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q533. 11人中5人正解 45.4% 14471.40秒 将人(元・魔神)  司法権の限界に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、法律が、国会の両議院によって議決を経たものとされ、適法な手続によって公布されている場合、裁判所は両院の自主性を尊重して、法律制定の際の議事手続の瑕疵について審理しその有効無効を判断するべきではない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q534. 2人中0人正解 0.0% 0.00秒 将人(元・魔神)  司法権の限界に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、政党の結社としての自主性にかんがみれば、政党の内部的自律権に属する行為は、法律に特別の定めのない限り尊重すべきであり、政党が党員に対してした処分は、一般市民法秩序と直接の関係を有しない内部的な問題にとどまる限り、裁判所の審判は及ばない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q535. 9人中5人正解 55.5% 31532.20秒 将人(元・魔神)  司法権の限界に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、衆議院の解散がいかなる場合に許されるかは、裁判所の判断すべき法的問題であるのに対して、これを行うために憲法上必要とされる助言と承認の手続に瑕疵があったか否かは、国家統治の基本に関する政治的な問題であるため、裁判所の審査権は及ばない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q536. 10人中5人正解 50.0% 66538.80秒 将人(元・魔神)  司法権の限界に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、具体的な権利義務ないし法律関係に関する紛争であっても、宗教上の教義に関する判断などが必要で、事柄の性質上法令の適用により解決するのに適しないものは、裁判所の審判の対象となりえない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q537. 9人中5人正解 55.5% 5883.80秒 将人(元・魔神)  外国人の憲法上の権利に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、国家機関が国民に対して正当な理由なく指紋の押なつを強制することは、憲法13条の趣旨に反して許されず、また、この自由の保障は我が国に在留する外国人にも等しく及ぶと解される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q538. 6人中4人正解 66.6% 6139.75秒 将人(元・魔神)  外国人の憲法上の権利に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、日本に在留する外国人のうちでも、永住者等であってその居住する区域の地方公共団体と特に緊密な関係を持っている者に、法律によって地方公共団体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与することは、憲法上禁止されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q539. 13人中9人正解 69.2% 13338.66秒 将人(元・魔神)  外国人の憲法上の権利に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、普通地方公共団体は、条例等の定めるところによりその職員に在留外国人を採用することを認められているが、この際に、その処遇について合理的な理由に基づいて日本国民と異なる取扱いをすることは許される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q540. 9人中8人正解 88.8% 24684.87秒 将人(元・魔神)  外国人の憲法上の権利に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、社会保障上の施策において在留外国人をどのように処遇するかについては、国はその政治的判断によって決定することができ、限られた財源の下で福祉的給付を行うに当たって、自国民を在留外国人より優先的に扱うことも許される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q541. 8人中6人正解 75.0% 3020.66秒 将人(元・魔神)  外国人の憲法上の権利に関し、最高裁判所の判例の趣旨に照らして、外国人は、憲法上日本に入国する自由を保障されてはいないが、憲法22条1項は、居住・移転の自由の一部として海外渡航の自由も保障していると解されるため、日本に在留する外国人が一時的に海外旅行のため出国し再入国する自由も認められる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q542. 9人中5人正解 55.5% 14715.60秒 将人(元・魔神)  第31条(何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。)の説明として、「法律の定める手続」とあるので、条例によって刑罰その他についての手続を定めることは、許されていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q543. 6人中2人正解 33.3% 31.00秒 将人(元・魔神)  第31条(何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。)の説明として、日本国憲法は別に罪刑法定主義の条文をもっているので、本条においては、戦前にないがしろにされた刑事手続について、これを法律で定めることが要請されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q544. 12人中7人正解 58.3% 104195.42秒 将人(元・魔神)  第31条(何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。)の説明として、この条文は刑事手続を念頭においており、行政手続などの非刑事手続については、その趣旨が適用されることはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q545. 9人中6人正解 66.6% 32138.83秒 将人(元・魔神)  第31条(何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。)の説明として、刑事手続については、ただ単にこれを法律で定めればよいと規定しているのではなく、その手続が適正なものであることを要求している。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q546. 7人中4人正解 57.1% 16175.25秒 将人(元・魔神)  第31条(何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。)の説明として、この条文は、ニューディール期のアメリカ連邦最高裁判所で猛威を振るった、手続的デュープロセス論を否定したものである。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q547. 13人中7人正解 53.8% 6610.00秒 将人(元・魔神)  電気事業法に基づいて経済産業大臣が行う電気事業の「許可」は、私人の法律行為の法的効果を完成させる効果を有するもので、行政行為の分類上、「認可」とされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q548. 8人中4人正解 50.0% 8827.24秒 将人(元・魔神)  ガス事業法に基づいて経済産業大臣が一般ガス事業者に対して行う供給約款の「認可」は、私人の法律行為の法的効果を完成させる効果を有するもので、行政行為の分類上、「認可」とされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q549. 8人中5人正解 62.5% 8069.40秒 将人(元・魔神)  銀行法に基づいて内閣総理大臣が行う銀行どうしの合併の「認可」は、私人の法律行為の法的効果を完成させる効果を有するもので、行政行為の分類上、「認可」とされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q550. 8人中7人正解 87.5% 4113.85秒 将人(元・魔神)  建築基準法に基づいて建築主事が行う建築「確認」は、私人の法律行為の法的効果を完成させる効果を有するもので、行政行為の分類上、「認可」とされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q551. 18人中11人正解 61.1% 12179.63秒 将人(元・魔神)  農地法に基づいて農業委員会が行う農地の所有権移転の「許可」は、私人の法律行為の法的効果を完成させる効果を有するもので、行政行為の分類上、「認可」とされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q552. 14人中7人正解 50.0% 10916.28秒 将人(元・魔神)  行政上の義務履行確保に関して、不作為義務、非代替的作為義務の履行にかかる直接強制、執行罰の仕組みについては、一般法の根拠はないので、法律もしくは条例による個別の根拠が必要である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q553. 8人中4人正解 50.0% 19.00秒 将人(元・魔神)  行政上の義務履行確保に関して、市水道局による水道サービスの料金を滞納している私人に対し、市は地方自治法に基づき、行政上の強制徴収の仕組みを用いて徴収することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q554. 7人中2人正解 28.5% 12.00秒 将人(元・魔神)  即時強制は法令により個別に根拠づけられている場合にのみ認められるが、いわゆる成田新法(成田国際空港の安全確保に関する緊急措置法)による建物の実力封鎖、警察官職務執行法による武器の行使がその例である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q555. 11人中9人正解 81.8% 40903.44秒 将人(元・魔神)  路上駐車禁止は、それ自体は不作為義務であるが、警察官等は、過失なくして移動を命じる相手方を知ることができない時には、移動命令を発することなく、当該駐車車両を移動することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q556. 12人中4人正解 33.3% 21.00秒 将人(元・魔神)  行政上の義務履行確保に関執行罰は行政上の義務履行確保の手法であるが、処罰としての実質を有するため、二重処罰禁止の法理から、刑事罰との併用ができないことが、その活用の障害となっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q557. 4人中3人正解 75.0% 24121.00秒 将人(元・魔神)  自動車の運転免許制度において、自動車の運転免許は、免許を受けた者に対し、公道上で自動車を運転することができるという新たな法律上の地位を付与するものであるから、行政行為の分類理論でいうところの「特許」に該当する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q558. 3人中3人正解 100.0% 18.00秒 将人(元・魔神)  自動車の運転免許制度において、自動車の運転免許を交付する事務は、都道府県公安委員会が処理しているが、これは本来国の事務であり、国家公安委員会から都道府県公安委員会に対して機関委任されているところの「国の機関委任事務」に該当する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q559. 6人中6人正解 100.0% 16566.33秒 将人(元・魔神)  自動車の運転免許制度において、自動車の運転免許の期限として、免許証に記載されている「○年○月○日まで有効」という条件は、行政行為の付款理論でいうところの「期限」に該当する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q560. 4人中3人正解 75.0% 12128.66秒 将人(元・魔神)  自動車の運転免許制度において、自動車を運転する者は、運転中は必ず免許証を携帯しなければならないものとされているため、免許証を携帯せずに運転し、警察官の求めに対して直ちに免許証を提示できなかった場合は、無免許運転として扱われることになる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q561. 7人中2人正解 28.5% 302.50秒 将人(元・魔神)  自動車の運転免許制度において、道路交通法違反行為をしたことを理由として、公安委員会から運転免許停止処分を受けた者が、その取消しを求めて出訴している間に免許停止期間が終了した場合は、その行為による違反点数が残っていたとしても訴えの利益は消滅する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q562. 8人中4人正解 50.0% 4594.75秒 将人(元・魔神)  行政手続法の定める聴聞に関して、聴聞の主宰者の決定は、不利益処分の名あて人となるべき者(当事者)が聴聞の通知を受けた後、当事者と行政庁との合議によってなされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q563. 11人中9人正解 81.8% 354.66秒 将人(元・魔神)  行政手続法の定める聴聞に関して、不利益処分の名あて人となるべき者の所在が判明しない場合には、行政庁は聴聞の通知や掲示を省略することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q564. 5人中3人正解 60.0% 1136.33秒 将人(元・魔神)  行政手続法の定める聴聞に関して、文書閲覧請求権に基づき、当事者が行政庁に資料の閲覧を求めた場合であっても、正当な理由が認められる場合には、行政庁はその閲覧を拒むことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q565. 17人中10人正解 58.8% 5590.30秒 将人(元・魔神)  行政手続法の定める聴聞に関して、聴聞の主宰者が聴聞の結果作成される報告書に当事者等の主張に理由があるとの意見を記載した場合には、行政庁が報告書の記載に反して不利益処分をすることは許されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q566. 8人中4人正解 50.0% 4905.50秒 将人(元・魔神)  行政手続法の定める聴聞に関して、聴聞を経て行政庁が行った不利益処分について、聴聞に参加した当事者は、当該処分について行政不服審査法による異議申立てをすることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q567. 6人中6人正解 100.0% 5402.16秒 将人(元・魔神)  行政手続法による審査基準に関して、審査基準の設定は、行政手続法の委任に基づくものであり、申請者の権利にかかわるものであるから、審査基準も法規命令の一種である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q568. 7人中5人正解 71.4% 1144.40秒 将人(元・魔神)  行政手続法による審査基準に関して、不利益処分についての処分基準の設定が努力義務にとどまるのに対して、申請に対する処分についての審査基準の設定は、法的な義務であるとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q569. 5人中3人正解 60.0% 20.00秒 将人(元・魔神)  行政手続法による審査基準に関して、審査基準に違反して申請を拒否する処分をしても、その理由だけで処分が違法となることはないが、他の申請者と異なる取扱いをすることとなるため、比例原則違反として、違法となることがある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q570. 7人中3人正解 42.8% 25109.66秒 将人(元・魔神)  行政手続法による審査基準に関して、審査基準の設定には、意見公募手続の実施が義務付けられており、それに対しては、所定の期間内であれば、何人も意見を提出することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q571. 6人中3人正解 50.0% 8858.66秒 将人(元・魔神)  行政手続法による審査基準に関して、国の法律に基づいて地方公共団体の行政庁がする処分については、その法律を所管する主務大臣が審査基準を設定することとなる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q572. 7人中3人正解 42.8% 82044.66秒 将人(元・魔神)  地方公共団体の活動への行政手続法の適用に関して、地方公共団体の職員がする行政指導であっても、法律に基づくものについては、行政手続法の行政指導に関する規定が適用される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q573. 10人中6人正解 60.0% 7281.50秒 将人(元・魔神)  地方公共団体の活動への行政手続法の適用に関して、地方公共団体の制定する命令等であっても、法律の委任によって制定されるものについては、行政手続法の意見公募手続に関する規定が適用される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q574. 3人中2人正解 66.6% 77674.50秒 将人(元・魔神)  地方公共団体の活動への行政手続法の適用に関して、地方公共団体の機関がする不利益処分については、それが自治事務に該当する場合には、行政手続法の不利益処分に関する規定は適用されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q575. 12人中7人正解 58.3% 12701.71秒 将人(元・魔神)  地方公共団体の活動への行政手続法の適用に関して、地方公共団体の条例にその根拠となる規定が置かれている届出の処理については、行政手続法の届出に関する規定は適用されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q576. 3人中0人正解 0.0% 0.00秒 将人(元・魔神)  地方公共団体の活動への行政手続法の適用に関して、地方公共団体の機関がする「申請に対する処分」については、それが国の法定受託事務に該当する場合に限り、行政手続法の「申請に対する処分」の規定が適用される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q577. 11人中9人正解 81.8% 11631.88秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法に関して、処分についての審査請求は、処分庁以外の行政庁に対して行うものであるが、審査請求書を処分庁に提出して、処分庁を経由する形で行うこともできる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q578. 12人中3人正解 25.0% 6429.33秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法に関して、行政不服審査法は、不服申立ての対象となる「行政庁の処分」につき、いわゆる一般概括主義をとっており、不服申立てをすることができない処分を、同法は列挙していない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q579. 9人中6人正解 66.6% 5339.33秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法に関して、再審査請求は、処分についての審査請求の裁決により権利を害された第三者で、自己の責めに帰することができない理由により手続に参加できなかった者が行うものであるから、再審査請求期間についての規定はない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q580. 12人中6人正解 50.0% 27275.50秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法に関して、行政不服審査法は、行政の適正な運営の確保も目的としているので、裁決で処分を変更する場合、審査庁は、審査請求人の不利益に当該処分を変更することを命じることもできる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q581. 7人中5人正解 71.4% 520.20秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法に関して、審査請求人の地位は、一身専属的な法的地位であるので、審査請求人が死亡した場合には、相続人等に承継されることはなく、当該審査請求は、却下裁決をもって終結する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q582. 9人中5人正解 55.5% 15389.00秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法における審査請求と異議申立てに関して、大臣または外局の長がした処分については、審査請求はできるが、異議申立てはできないのが原則である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q583. 9人中5人正解 55.5% 6649.20秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法における審査請求と異議申立てに関して、審査請求と異議申立ての両方が認められている処分については、そのいずれかを自由に選択できるのが原則である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q584. 7人中3人正解 42.8% 21098.66秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法における審査請求と異議申立てに関して、申請に対する不作為については、審査請求のみが認められ、異議申立てはできないのが原則である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q585. 7人中4人正解 57.1% 16.25秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法における審査請求と異議申立てに関して、審査請求においては、口頭審理が原則であるが、異議申立てにおいては、書面審理が原則である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q586. 16人中9人正解 56.2% 20936.00秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法における審査請求と異議申立てに関して、処分について、審査請求が認められている場合には、異議申立てはできないのが原則である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q587. 10人中4人正解 40.0% 182.25秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法上の訴訟類型の選択に関して、 Xの家の隣地にある建築物が建築基準法に違反した危険なものであるにもかかわらず、建築基準法上の規制権限の発動がなされない場合、Xは、当該規制権限の不行使につき、不作為違法確認訴訟を提起することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q588. 5人中3人正解 60.0% 3573.33秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法上の訴訟類型の選択に関して、Xらの近隣に地方公共団体がごみ焼却場の建設工事を行っている場合、建設工事は処分であるから、Xらは、その取消訴訟と併合して、差止め訴訟を提起し、当該地方公共団体に対して建設工事の中止を求めることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q589. 14人中9人正解 64.2% 7155.33秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法上の訴訟類型の選択に関して、Xが市立保育園に長女Aの入園を申込んだところ拒否された場合において、Xが入園承諾の義務付け訴訟を提起する場合には、同時に拒否処分の取消訴訟または無効確認訴訟も併合して提起しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q590. 15人中8人正解 53.3% 8465.00秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法上の訴訟類型の選択に関して、Xが行った営業許可申請に対してなされた不許可処分について、同処分に対する取消訴訟の出訴期間が過ぎた後においてなお救済を求めようとする場合には、Xは、公法上の当事者訴訟として、当該処分の無効の確認訴訟を提起することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q591. 12人中7人正解 58.3% 5950.85秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法上の訴訟類型の選択に関して、X所有の土地について違法な農地買収処分がなされ、それによって損害が生じた場合、Xが国家賠償請求訴訟を提起して勝訴するためには、あらかじめ、当該買収処分の取消訴訟または無効確認訴訟を提起して請求認容判決を得なければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q592. 9人中6人正解 66.6% 286.00秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法における処分無効確認訴訟に関して、無効確認訴訟は、処分の無効確認を求める法律上の利益を有する者に限って提起することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q593. 5人中3人正解 60.0% 11090.00秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法における処分無効確認訴訟に関して、処分が無効であることは、無効確認訴訟によってのみ主張でき、民事訴訟などにおいて、これを主張することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q594. 7人中6人正解 85.7% 43.66秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法における処分無効確認訴訟に関して、無効な処分の違法性は重大かつ明白であるから、無効確認訴訟が提起されると、原則として、処分の執行は停止される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q595. 11人中7人正解 63.6% 33462.00秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法における処分無効確認訴訟に関して、無効確認訴訟については、出訴期間の制限の規定はないが、取消訴訟の出訴期間の規定が準用される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q596. 9人中5人正解 55.5% 1236.40秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法における処分無効確認訴訟に関して、取消訴訟について不服申立ての前置が要件とされている処分については、無効確認訴訟についても、それが要件となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q597. 4人中3人正解 75.0% 6419.00秒 将人(元・魔神)  土地収用法に基づいて、土地所有者が起業者を被告として提起する損失補償に関する訴えは、行政事件訴訟法4条の当事者訴訟に当たる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q598. 10人中6人正解 60.0% 13583.66秒 将人(元・魔神)  公職選挙法に基づいて、選挙人または候補者が中央選挙管理会を被告として提起する衆議院議員選挙の効力に関する訴えは、行政事件訴訟法4条の当事者訴訟に当たる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q599. 10人中6人正解 60.0% 16117.00秒 将人(元・魔神)  食品衛生法に基づいて、都道府県知事に対して行った飲食店営業許可の申請に対して、相当の期間内に何らの処分も行われない場合に、その不作為の違法確認を求める訴えは、行政事件訴訟法4条の当事者訴訟に当たる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q600. 9人中6人正解 66.6% 187.16秒 将人(元・魔神)  地方自治法に基づいて、市町村の境界に係る都道府県知事の裁定に対して関係市町村が提起する訴えは、行政事件訴訟法4条の当事者訴訟に当たる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q601. 10人中7人正解 70.0% 17647.85秒 将人(元・魔神)  日本国籍を有することの確認の訴えは、行政事件訴訟法4条の当事者訴訟に当たる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q602. 11人中9人正解 81.8% 626.55秒 将人(元・魔神)  国家賠償法2条の定める営造物管理責任に関して、国家賠償法2条に定める営造物は、道路・河川などの不動産を指し、公共団体が管理する動産の瑕疵については、それを管理する公務員の同法1条に基づく責任が問題となるほかは、同法2条の適用を受けることはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q603. 14人中9人正解 64.2% 18633.88秒 将人(元・魔神)  国家賠償法2条の定める営造物管理責任に関して、営造物の管理責任は、公物として正規に管理されている行政財産についてのみ及び、事実上私人によって道路として利用されているに過ぎない公有地の管理責任については、国家賠償法2条の適用を受けることはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q604. 4人中3人正解 75.0% 8165.33秒 将人(元・魔神)  国家賠償法2条の定める営造物管理責任に関して、営造物の管理責任は、営造物の物理的瑕疵を問うものであり、営造物を管理する公務員の管理義務違反は国家賠償法1条の責任であって、同法2条の責任が問われることはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q605. 10人中7人正解 70.0% 8816.85秒 将人(元・魔神)  国家賠償法2条の定める営造物管理責任に関して、営造物の瑕疵は、営造物そのものに物理的瑕疵がある場合を元来指すが、第三者の行為により営造物が瑕疵ある状態になった場合にも、その状態を速やかに改善して瑕疵のない状態に回復させる責任が営造物管理者にはある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q606. 7人中4人正解 57.1% 23.25秒 将人(元・魔神)  国家賠償法2条の定める営造物管理責任に関して、営造物の管理責任は、その営造物を設置し、管理する責任を有する公共団体が負い、営造物の設置、管理の費用を負担するに過ぎない公共団体が負うことはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q607. 6人中2人正解 33.3% 37.00秒 将人(元・魔神)  条例に関して、自治体の処理する事務のうち、自治事務に関しては法律で内容的な定めを設けることはできず、このような定めは法定受託事務に限定される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q608. 9人中8人正解 88.8% 48590.50秒 将人(元・魔神)  条例に関して、自治事務に関する条例は法律の個別授権を受けることなく定めることができるが、私人の権利義務に直接かかわる規定は、必ず法律の個別授権を受けなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q609. 9人中6人正解 66.6% 1434.00秒 将人(元・魔神)  条例に関して、地方自治法14条に基づく地方議会の条例制定権限は、当該事務が自治事務である場合のみならず、法定受託事務である場合にも及ぶ。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q610. 15人中8人正解 53.3% 11298.75秒 将人(元・魔神)  条例に関して、法律の規定を具体化するのは、地方公共団体の機関が定める規則等であり、具体化の規定が条例に置かれることはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q611. 5人中4人正解 80.0% 25154.75秒 将人(元・魔神)  条例に関して、法律により規制の対象とされている事項について、法律の明示の授権がなくとも、規制の適用を除外する特例措置を条例により設けることは可能である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q612. 10人中7人正解 70.0% 2667.14秒 将人(元・魔神)  条例の制定改廃請求権に関して、地方自治法上、条例の制定改廃請求権は、普通地方公共団体の議会の議員および長の選挙権を有する住民に限られず、選挙権を有さない外国人に対しても認められている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q613. 7人中2人正解 28.5% 9196.50秒 将人(元・魔神)  条例の制定改廃請求権に関して、住民は、その属する普通地方公共団体のあらゆる条例について、条例制定改廃請求権を行使することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q614. 10人中5人正解 50.0% 10433.20秒 将人(元・魔神)  条例の制定改廃請求権に関して、条例の制定改廃の請求を行う場合については、住民は一人でも請求をなすことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q615. 7人中6人正解 85.7% 3995.00秒 将人(元・魔神)  条例の制定改廃請求権に関して、条例の制定改廃の請求は、普通地方公共団体の長に対して行われ、長から議会に対して付議される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q616. 10人中3人正解 30.0% 1730.66秒 将人(元・魔神)  条例の制定改廃請求権に関して、条例の制定改廃請求が行われた後、その内容について住民投票が行われ、賛成が多数であれば当該条例の制定改廃が行われる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q617. 9人中4人正解 44.4% 16.25秒 将人(元・魔神)  普通地方公共団体の議会に関して、予算を定めることは議会の議決事件とされているが、議会は、予算について増額して議決することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q618. 10人中6人正解 60.0% 9111.50秒 将人(元・魔神)  普通地方公共団体の議会に関して、議会の議決がその権限を超え、または法令もしくは会議規則に違反すると認めるとき、長は、高等裁判所に当該議決の取消しを求めて出訴しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q619. 12人中9人正解 75.0% 16749.88秒 将人(元・魔神)  普通地方公共団体の議会に関して、議会の解散は、議会が長の不信任の議決を行ったとき、または住民から解散請求がなされたときにありうるが、議会が自らの議決に基づき自主解散することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q620. 6人中4人正解 66.6% 13410.00秒 将人(元・魔神)  普通地方公共団体の議会に関して、私法上の一契約の締結は、非権力的行為であるので、普通地方公共団体の契約締結は議会の議決事件には属さない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q621. 11人中5人正解 45.4% 7905.20秒 将人(元・魔神)  普通地方公共団体の議会に関して、議会の議長および議員は、自己の一身上に関する事件または自己の従事する業務に直接関係のある事件については、原則として、その議事に参与することができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q622. 8人中5人正解 62.5% 5828.20秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める地方公共団体の契約に関して、指名競争入札とは、資産、信用その他についてあらかじめ適切と認める特定多数の者を通知によって指名し、入札により競争させる方法であり、政令に特段の定めのない場合にはこの方法によるものとされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q623. 12人中5人正解 41.6% 17912.00秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める地方公共団体の契約に関して、随意契約とは、競争の方法によらないで、特定の相手方を任意に選択して締結する方法であり、政令で定められる場合に該当するときに限り、この方法によることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q624. 9人中7人正解 77.7% 5600.00秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める地方公共団体の契約に関して、予算の執行としての契約締結行為の効力は、原則として当該予算の会計年度内にとどまるが、電気の供給や水道の供給のように、年度を超えて長期の契約を締結することも許される場合がある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q625. 8人中6人正解 75.0% 5776.33秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める地方公共団体の契約に関して、せり売りとは、入札の方法によらないで、不特定多数の者を口頭または挙手によって競争させる方法であり、遺失物等の売り払いのような場合にこの方法がとられることもある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q626. 7人中4人正解 57.1% 65830.25秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める地方公共団体の契約に関して、一般競争入札とは、不特定多数の者を入札に参加させ契約の相手方とするために競争させる方法であり、地方公共団体にとって有利な相手方を広く募ることができるという長所があるとされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q627. 8人中2人正解 25.0% 307.50秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める住民監査請求、住民訴訟に関して、住民監査請求は事務監査請求とは異なり、当該地方公共団体の住民に限らず、何人であっても一人で提起することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q628. 10人中5人正解 50.0% 2882.20秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める住民監査請求、住民訴訟に関して、住民訴訟を提起するには、原則として住民監査請求を経ている必要があり、これを住民監査請求前置(主義)という。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q629. 12人中10人正解 83.3% 7144.00秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める住民監査請求、住民訴訟に関して、住民訴訟においては、当該地方公共団体の執行機関または職員に対して行為の全部または一部の差止めの請求をすることは認められていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q630. 10人中6人正解 60.0% 1827.00秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める住民監査請求、住民訴訟に関して、住民訴訟の対象は、当該地方公共団体の長等の違法な財務会計上の行為または怠る事実であるが、不当な行為または怠る事実は対象とできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q631. 6人中3人正解 50.0% 5230.66秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める住民監査請求、住民訴訟に関して、住民監査請求にも住民訴訟にも期間の制限があり、これを徒過すると提起することはできなくなる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q632. 10人中7人正解 70.0% 12176.85秒 将人(元・魔神)  AがB所有の土地をCに売却した場合に関して、AがBから土地の所有権を取得してCに移転できない場合、Cは、契約時にAに土地の所有権がないことを知っていたとしても、契約の解除ができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q633. 9人中5人正解 55.5% 22667.20秒 将人(元・魔神)  AがB所有の土地をCに売却した場合に関して、Cは、悪意または有過失であっても、20年間、所有の意思をもって平穏かつ公然とBの土地を占有継続すれば、Cは土地の所有権を時効取得する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q634. 5人中4人正解 80.0% 28.00秒 将人(元・魔神)  AがB所有の土地をCに売却した場合に関して、AがBの代理人と称して売却した場合、代理権のないことを知らなかったCがこの売買契約を取り消せば、BはもはやAの代理行為を追認することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q635. 13人中9人正解 69.2% 12295.22秒 将人(元・魔神)  AがB所有の土地をCに売却した場合に関して、AがBの代理人と称して売却した場合、Cは、Aに代理権のないことを過失によって知らなかったとしても、無権代理を行ったAに対して責任を追及できる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q636. 10人中7人正解 70.0% 4996.00秒 将人(元・魔神)  AがB所有の土地をCに売却した場合に関して、所有権者Bが自らA名義で登記をして虚偽の外形を積極的に作出し、そのまま放置していた場合には、Bは、Aを所有者だと信頼して買ったCに対抗できない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q637. 9人中5人正解 55.5% 21239.20秒 将人(元・魔神)  時効制度の存在理由については、次のような考え方の対立がある。A説「時効とは、取得時効が成立した場合には無権利者であった者に権利を取得させ、消滅時効が成立した場合には真の権利者の権利を消滅させる制度である。」B説「時効とは、真に権利を有する者または真に義務を負わない者が、長期間の経過によってそのことを証明できないことにより不利益を被ることのないよう救済するための制度である。」時効の援用(民法145条)に関して、時効の援用は、時効の効果が道徳に反する面があるため、それによる利益を受けるかどうかを当事者の良心にゆだねたものであるとの説明は、A説と矛盾する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q638. 4人中4人正解 100.0% 1079.50秒 将人(元・魔神)  時効制度の存在理由については、次のような考え方の対立がある。A説「時効とは、取得時効が成立した場合には無権利者であった者に権利を取得させ、消滅時効が成立した場合には真の権利者の権利を消滅させる制度である。」B説「時効とは、真に権利を有する者または真に義務を負わない者が、長期間の経過によってそのことを証明できないことにより不利益を被ることのないよう救済するための制度である。」時効の援用(民法145条)に関して、時効の援用は、民事訴訟法上の弁論主義から求められるものであるとの説明は、B説と矛盾する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q639. 8人中7人正解 87.5% 19378.42秒 将人(元・魔神)  時効制度の存在理由については、次のような考え方の対立がある。A説「時効とは、取得時効が成立した場合には無権利者であった者に権利を取得させ、消滅時効が成立した場合には真の権利者の権利を消滅させる制度である。」B説「時効とは、真に権利を有する者または真に義務を負わない者が、長期間の経過によってそのことを証明できないことにより不利益を被ることのないよう救済するための制度である。」時効の援用(民法145条)に関して、時効の援用は、はじめに遡って権利の得喪の効果を生じさせるものであるとの説明は、A説と矛盾する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q640. 4人中3人正解 75.0% 2877.33秒 将人(元・魔神)  時効制度の存在理由については、次のような考え方の対立がある。A説「時効とは、取得時効が成立した場合には無権利者であった者に権利を取得させ、消滅時効が成立した場合には真の権利者の権利を消滅させる制度である。」B説「時効とは、真に権利を有する者または真に義務を負わない者が、長期間の経過によってそのことを証明できないことにより不利益を被ることのないよう救済するための制度である。」時効の援用(民法145条)に関して、時効の援用は、権利関係を証明するための法定証拠を提出する行為であるとの説明は、B説と矛盾しない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q641. 13人中8人正解 61.5% 1320.37秒 将人(元・魔神)  時効制度の存在理由については、次のような考え方の対立がある。A説「時効とは、取得時効が成立した場合には無権利者であった者に権利を取得させ、消滅時効が成立した場合には真の権利者の権利を消滅させる制度である。」B説「時効とは、真に権利を有する者または真に義務を負わない者が、長期間の経過によってそのことを証明できないことにより不利益を被ることのないよう救済するための制度である。」時効の援用(民法145条)に関して、時効の援用は、法定の停止条件であるとの説明は、A説と矛盾する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q642. 10人中7人正解 70.0% 14837.57秒 将人(元・魔神)  美術商Aは、画廊に保管しておいた自己所有の絵画が盗難に遭い、悔しい思いをしていたが、ある日、Bが運営する個人美術館を訪ねた際、そこに盗まれた絵画が掲げられているのを発見した。Aは、その絵画を回収するため次のような行動をとることを考えている。Bに即時取得が成立しているとして、Aは、Bから事情を聴いたところ、その絵画は、ある日それまで面識のなかったCがBのもとに持ち込み買取りを求めたものであることがわかった。Aは、買取りの日から2年以内であれば、Bに対して、その絵画の買取請求権を行使することができる。ただし、Cは商人ではないものとする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q643. 6人中5人正解 83.3% 313.40秒 将人(元・魔神)  美術商Aは、画廊に保管しておいた自己所有の絵画が盗難に遭い、悔しい思いをしていたが、ある日、Bが運営する個人美術館を訪ねた際、そこに盗まれた絵画が掲げられているのを発見した。Aは、その絵画を回収するため次のような行動をとることを考えている。Bに即時取得が成立しているとして、Aは、Bから事情を聴いたところ、その絵画は、ある日それまで面識のなかったCがBのもとに持ち込み買取りを求めたものであることがわかった。Aは、買取りの日から2年以内であれば、Bに対して、保管に要した費用を支払って、その絵画の引渡しを求めることができる。ただし、Cは商人ではないものとする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q644. 11人中3人正解 27.2% 31.00秒 将人(元・魔神)  美術商Aは、画廊に保管しておいた自己所有の絵画が盗難に遭い、悔しい思いをしていたが、ある日、Bが運営する個人美術館を訪ねた際、そこに盗まれた絵画が掲げられているのを発見した。Aは、その絵画を回収するため次のような行動をとることを考えている。Bに即時取得が成立しているとして、Aは、Bから事情を聴いたところ、その絵画は、ある日それまで面識のなかったCがBのもとに持ち込み買取りを求めたものであることがわかった。Aは、盗難の日から2年以内であれば、Bに対してまったく無償で、その絵画の引渡しを求めることができる。ただし、Cは商人ではないものとする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q645. 10人中3人正解 30.0% 774.00秒 将人(元・魔神)  美術商Aは、画廊に保管しておいた自己所有の絵画が盗難に遭い、悔しい思いをしていたが、ある日、Bが運営する個人美術館を訪ねた際、そこに盗まれた絵画が掲げられているのを発見した。Aは、その絵画を回収するため次のような行動をとることを考えている。Bに即時取得が成立しているとして、Aは、Bから事情を聴いたところ、その絵画はBがオークションで落札したものであることがわかった。Aは、盗難の日から2年以内であれば、Bに対して保管に要した費用を支払って、その絵画の引渡しを求めることができる。ただし、Cは商人ではないものとする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q646. 4人中1人正解 25.0% 22216.00秒 将人(元・魔神)  美術商Aは、画廊に保管しておいた自己所有の絵画が盗難に遭い、悔しい思いをしていたが、ある日、Bが運営する個人美術館を訪ねた際、そこに盗まれた絵画が掲げられているのを発見した。Aは、その絵画を回収するため次のような行動をとることを考えている。Bに即時取得が成立しているとして、Aは、Bから事情を聴いたところ、その絵画はBがオークションで落札したものであることがわかった。Aは、オークションの日から2年を超えても、Bに対してオークションで落札した金額と保管に要した費用を支払えば、その絵画の引渡しを求めることができる。ただし、Cは商人ではないものとする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q647. 7人中5人正解 71.4% 6999.80秒 将人(元・魔神)  Aは、Bから建物(以下、本件建物という)を賃借し、Aは、その建物内に電気製品(以下、本件動産という)等を備え付けている。Bの先取特権に関して、本件動産がCの所有物である場合に、本件動産について、Bは、先取特権を即時取得することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q648. 8人中3人正解 37.5% 13999.33秒 将人(元・魔神)  Aは、Bから建物(以下、本件建物という)を賃借し、Aは、その建物内に電気製品(以下、本件動産という)等を備え付けている。Bの先取特権に関して、Aが本件動産をCから買ったが、まだCに対して代金の支払いがない場合において、本件動産についてCの先取特権がBの先取特権よりも優先する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q649. 8人中6人正解 75.0% 2441.33秒 将人(元・魔神)  Aは、Bから建物(以下、本件建物という)を賃借し、Aは、その建物内に電気製品(以下、本件動産という)等を備え付けている。Bの先取特権に関して、Aがその所有物である本件動産をDに売って引き渡した場合に、本件動産について、Bは、先取特権を行使することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q650. 6人中4人正解 66.6% 5949.00秒 将人(元・魔神)  Aは、Bから建物(以下、本件建物という)を賃借し、Aは、その建物内に電気製品(以下、本件動産という)等を備え付けている。Bの先取特権に関して、Aがその所有物である本件動産をDに売った場合に、Aの取得する売買代金について、Bは、Dの支払い前に差押えをすれば、先取特権を行使することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q651. 7人中3人正解 42.8% 209.33秒 将人(元・魔神)  Aは、Bから建物(以下、本件建物という)を賃借し、Aは、その建物内に電気製品(以下、本件動産という)等を備え付けている。Bの先取特権に関して、Aが、Bの承諾を得て、本件建物をEに転貸した場合に、Bの先取特権は、Eの備え付けた動産には及ばない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q652. 9人中4人正解 44.4% 20911.50秒 将人(元・魔神)  Aが「もち米」を50キロ買う契約をB米店との間で行い、Bによる引渡しの準備がまだ終わっていない場合に関して、引渡し場所についてA・B間で決めていなかった場合に、BはAが取りに来るまで待っていればよい。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q653. 15人中7人正解 46.6% 10663.28秒 将人(元・魔神)  Aが「もち米」を50キロ買う契約をB米店との間で行い、Bによる引渡しの準備がまだ終わっていない場合に関して、Bは、目的物が特定されるまでの間は、B米店にある「もち米」の保管について善管注意義務を負うことはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q654. 12人中9人正解 75.0% 5960.22秒 将人(元・魔神)  Aが「もち米」を50キロ買う契約をB米店との間で行い、Bによる引渡しの準備がまだ終わっていない場合に関して、目的物が特定される前に、隣家の火災によりB米店の「もち米」がすべて焼失してしまった場合、その焼失はBの責任ではないので、Bは他から「もち米」を再調達して引き渡す義務はない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q655. 16人中12人正解 75.0% 5589.33秒 将人(元・魔神)  Aが「もち米」を50キロ買う契約をB米店との間で行い、Bによる引渡しの準備がまだ終わっていない場合に関して、A・B間で取り決めがなければ、Bは上等な「もち米」を50キロ引き渡さなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q656. 7人中2人正解 28.5% 345.50秒 将人(元・魔神)  Aが「もち米」を50キロ買う契約をB米店との間で行い、Bによる引渡しの準備がまだ終わっていない場合に関して、「もち米」50キロの所有権は、目的物が特定される前でも、特約がなければ、A・B間の売買契約をした時に移転する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q657. 13人中4人正解 30.7% 12586.25秒 将人(元・魔神)  銀行から500万円を借り入れた企業が、返済の期限が到来したにもかかわらず、返済をしない事例は、直接強制の方法によって債務者の債務の強制的実現を図ることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q658. 11人中9人正解 81.8% 8132.00秒 将人(元・魔神)  画家が、顧客との間で顧客の似顔絵を描く契約を結んだにもかかわらず、似顔絵を描こうとしない事例は、直接強制の方法によって債務者の債務の強制的実現を図ることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q659. 8人中2人正解 25.0% 22527.50秒 将人(元・魔神)  カラオケボックスの経営者と周辺住民との間で騒音をめぐって紛争が起こり、夜12時から朝10時まではカラオケボックスの営業をしないとの合意が両者の間で成立したにもかかわらず、夜12時を過ぎてもカラオケボックスが営業を続けている事例は、直接強制の方法によって債務者の債務の強制的実現を図ることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q660. 4人中1人正解 25.0% 11.00秒 将人(元・魔神)  ある者の名誉を毀損する記事を雑誌に掲載した出版社が、名誉毀損を理由として謝罪広告の掲載を命じる確定判決を受けたにもかかわらず、謝罪広告の掲載をしない事例は、直接強制の方法によって債務者の債務の強制的実現を図ることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q661. 9人中6人正解 66.6% 8803.00秒 将人(元・魔神)  建物の賃貸借契約が終了し、賃借人が建物を明け渡さなければならないにもかかわらず、賃借人が建物を占有し続けている事例は、直接強制の方法によって債務者の債務の強制的実現を図ることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q662. 9人中5人正解 55.5% 3331.40秒 将人(元・魔神)  Aが死亡した場合の法定相続に関して、Aの死亡と近接した時にCも死亡したが、CがAの死亡後もなお生存していたことが明らかでない場合には、反対の証明がなされない限り、Aを相続するのはBおよびDである。なお、Aの死亡時には、配偶者B、Bとの間の子CおよびAの母Dがいるものとする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q663. 12人中7人正解 58.3% 269.57秒 将人(元・魔神)  Aが死亡した場合の法定相続に関して、Aが死亡した時点でCがまだ胎児であった場合には、Aを相続するのはBおよびDであるが、その後にCが生まれてきたならば、CもBおよびDとともにAを相続する。なお、Aの死亡時には、配偶者B、Bとの間の子CおよびAの母Dがいるものとする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q664. 8人中7人正解 87.5% 6524.14秒 将人(元・魔神)  Aが死亡した場合の法定相続に関して、Aにさらに養子Eがいる場合には、Aを相続するのはB、CおよびEであり、Eの相続分はCの相続分に等しい。なお、Aの死亡時には、配偶者B、Bとの間の子CおよびAの母Dがいるものとする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q665. 9人中6人正解 66.6% 4242.16秒 将人(元・魔神)  Aが死亡した場合の法定相続に関して、Aが自己に対する虐待を理由に家庭裁判所にCの廃除を請求して、家庭裁判所がこれを認めた場合には、たとえCに子Fがいたとしても、FはCを代襲してAの相続人となることはできず、Aを相続するのはBおよびDである。なお、Aの死亡時には、配偶者B、Bとの間の子CおよびAの母Dがいるものとする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q666. 9人中4人正解 44.4% 3459.50秒 将人(元・魔神)  Aが死亡した場合の法定相続に関して、Cが相続の放棄をした場合において、Cに子Fがいるときには、Aを相続するのはBだけでなく、FもCを代襲してAの相続人となる。なお、Aの死亡時には、配偶者B、Bとの間の子CおよびAの母Dがいるものとする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q667. 11人中8人正解 72.7% 6632.62秒 将人(元・魔神)  会社の設立に際しては、発起設立または募集設立のいずれの方法による場合も、創立総会を開催しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q668. 6人中4人正解 66.6% 205886.00秒 将人(元・魔神)  会社の設立に際して現物出資を行うことができるのは発起人のみであるが、財産引受については、発起人以外の者もその相手方となることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q669. 6人中3人正解 50.0% 5947.00秒 将人(元・魔神)  設立時募集株式の引受人が払込みをせず、当該引受人が失権した場合には、発起人は、自らその株式を引き受けなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q670. 11人中5人正解 45.4% 49.40秒 将人(元・魔神)  設立時取締役は、その選任の日から会社の設立の登記がなされるまでの期間において、発起人に代わって設立中の会社のすべての業務を行う権限を有する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q671. 9人中4人正解 44.4% 169.25秒 将人(元・魔神)  会社の設立手続が行われたにもかかわらず会社が成立しなかったときは、発起人は、連帯して、会社の設立に関してした行為についてその責任を負い、会社の設立に関して支出した費用を負担する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q672. 4人中2人正解 50.0% 8.50秒 将人(元・魔神)  株式買取請求権に関して、単元未満株式を有する者は、投下資本の回収を保証するため、いつでも会社に対して単元未満株式の買取りを請求できる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q673. 5人中4人正解 80.0% 64.00秒 将人(元・魔神)  株式買取請求権に関して、議決権制限株式を発行する旨の定款変更決議に反対する株主は、株式買取請求権を行使することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q674. 8人中4人正解 50.0% 649.00秒 将人(元・魔神)  株式買取請求権に関して、株主総会決議に反対する株主が買取請求権を行使するには、原則として、その決議に先立ち反対の旨を会社に通知し、かつ、その総会において反対しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q675. 8人中5人正解 62.5% 139.60秒 将人(元・魔神)  株式買取請求権に関して、株式の買取りを会社に対して請求した株主であっても、会社の承諾があれば、買取請求を撤回することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q676. 14人中6人正解 42.8% 6986.50秒 将人(元・魔神)  株式買取請求権に関して、合併承認決議に反対する株主からの買取請求により支払った金額が分配可能額を超えた場合には、取締役はその超過額について責任を負う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q677. 7人中3人正解 42.8% 21217.33秒 将人(元・魔神)  株式会社の機関等に関して、株主総会の招集手続および決議方法を調査するため、総会検査役が選任されることがある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q678. 13人中7人正解 53.8% 43333.28秒 将人(元・魔神)  株式会社の機関等に関して、取締役が6名以上で、1名以上の社外取締役がいる会社は、特別取締役を取締役会決議で選定することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q679. 12人中6人正解 50.0% 21340.83秒 将人(元・魔神)  株式会社の機関等に関して、委員会設置会社の業務を執行し代表権を有する執行役は、指名委員会が指名する候補者の中から株主総会で選任される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q680. 10人中6人正解 60.0% 14311.66秒 将人(元・魔神)  株式会社の機関等に関して、会計参与は、会計監査人とは異なる会社役員であり、取締役と共同して計算書類等を作成する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q681. 9人中6人正解 66.6% 396.00秒 将人(元・魔神)  株式会社の機関等に関して、取締役会または監査役を設置していない株式会社も設立することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q682. 5人中1人正解 20.0% 264.00秒 将人(元・魔神)  取締役会設置会社の代表取締役Aが、取締役会の承認を得て、会社から金銭の貸付を受けた場合に関して、取締役会の承認を得て金銭の貸付を受けた場合であっても、Aは、事後にその貸付に関する重要な事実を取締役会に報告しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q683. 12人中5人正解 41.6% 3582.20秒 将人(元・魔神)  取締役会設置会社の代表取締役Aが、取締役会の承認を得て、会社から金銭の貸付を受けた場合に関して、Aが自ら会社を代表してA自身を借主とする契約を締結することは、自己契約に当たるため、他の取締役が会社を代表しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q684. 8人中4人正解 50.0% 331.00秒 将人(元・魔神)  取締役会設置会社の代表取締役Aが、取締役会の承認を得て、会社から金銭の貸付を受けた場合に関して、Aが金銭の返済を怠った場合には、取締役会で金銭の貸付を承認した他の取締役は、Aと連帯して会社に対する弁済責任を負う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q685. 4人中2人正解 50.0% 5415.50秒 将人(元・魔神)  取締役会設置会社の代表取締役Aが、取締役会の承認を得て、会社から金銭の貸付を受けた場合に関して、Aへの金銭貸付に関する承認決議に参加した他の取締役は、取締役会の議事録に当該貸付について異議をとどめなければ、決議に賛成したものと推定される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q686. 6人中2人正解 33.3% 26241.50秒 将人(元・魔神)  取締役会設置会社の代表取締役Aが、取締役会の承認を得て、会社から金銭の貸付を受けた場合に関して、金銭の貸付を受けたAの損害賠償責任は、株主総会の特別決議によっても一部免除することができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q687. 7人中3人正解 42.8% 16975.00秒 将人(元・魔神)  場屋営業等に関して、商人がその営業の範囲内において物品の寄託を受けた場合には、報酬を受けないときであっても、善良な管理者の注意をもってその物品を保管する義務を負う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q688. 6人中3人正解 50.0% 11.66秒 将人(元・魔神)  場屋営業等に関して、場屋の主人は、客より寄託を受けた物品が滅失または毀損した場合には、それが不可抗力によることを証明しない限り、損害賠償の責任を免れることができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q689. 4人中4人正解 100.0% 11767.50秒 将人(元・魔神)  場屋営業等に関して、場屋の主人は、客から高価品の寄託を受けた場合には、客がその種類および価額を明告して寄託したときでなければ、その物品の滅失または毀損によって生じた損害を賠償する責任を負わない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q690. 10人中6人正解 60.0% 2217.66秒 将人(元・魔神)  場屋営業等に関して、客が物品を特に寄託することなく場屋中に携帯した場合において、場屋の主人または使用人の不注意によってその物品が滅失または毀損したときは、場屋の主人は、損害賠償の責任を負う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q691. 7人中2人正解 28.5% 8.50秒 将人(元・魔神)  場屋営業等に関して、客が携帯する物品について責任を負わない旨を告示した場合には、場屋の主人は、損害賠償の責任を負うことはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q692. 4人中3人正解 75.0% 5866.00秒 将人(元・魔神)  議院内閣制に関して、議院内閣制を採用している国では議会が内閣創出の基盤となるので、一般に、内閣の活動を支持する与党と内閣に反対の立場をとる野党との区別が重要になり、各政党議員の国会活動は議院内で形成される会派を中心として行われる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q693. 3人中1人正解 33.3% 1562.00秒 将人(元・魔神)  議院内閣制に関して、議院内閣制の母国とされるイギリスには成文の憲法典が存在せず、議院内閣制も憲法習律といわれる一種の慣行として成立しており、内閣を構成する閣僚についても全員が議員でなければならないという習律が確立している。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q694. 10人中2人正解 20.0% 16531.50秒 将人(元・魔神)  議院内閣制に関して、イギリスの議院内閣制における議会は「政府対野党」の論戦の場であるから、議事を主宰する議長の中立性が重んじられ、議院運営委員会による議事運営と各派交渉会の協議が重要な役割を果たしている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q695. 9人中4人正解 44.4% 20391.25秒 将人(元・魔神)  議院内閣制に関して、日本の国会では、国会審議の活性化を図るために、イギリス議会にならって首相と野党の党首が論戦を展開する党首討論の制度を導入することとし、衆参両院合同の特別委員会である国家基本政策委員会で行う方式をとっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q696. 11人中5人正解 45.4% 5949.40秒 将人(元・魔神)  選挙制度に関して、小選挙区制の特徴は、一般に大きな政党に有利に、また小さな政党に不利に作用して、二大政党制を促進することにあるが、死票が多くなり、政党の得票率と議席率の間に大きな差がでることが多いという問題点がある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q697. 5人中4人正解 80.0% 387.75秒 将人(元・魔神)  選挙制度に関して、比例代表制の特徴は、各政党の得票率と議席率との一致率(比例度)が最も高く、民意を政治に反映しやすいところにあるが、議会制民主主義を支持しない小さな政党が議席を獲得した場合には政治的緊張を引き起こす可能性もある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q698. 12人中8人正解 66.6% 18821.62秒 将人(元・魔神)  選挙制度に関して、日本の衆議院議員選挙では、小選挙区比例代表並立制がとられ、重複立候補制が認められているが、小選挙区での得票順位と当落が逆転するなどの事例がでてきたために、重複立候補の場合に、小選挙区で供託金没収点未満の得票だった候補者が比例代表で当選となる「復活当選」は認められなくなった。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q699. 10人中4人正解 40.0% 1558.00秒 将人(元・魔神)  選挙制度に関して、日本の参議院議員選挙では、都道府県を単位とする選挙区選挙と比例代表制選挙がとられており、比例代表制選挙においては、政党名の得票数に従って各政党の議席数を配分したあとで、選挙前に各政党があらかじめ届け出た名簿の順番に基づいて当選者を決定していく方式となっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q700. 9人中7人正解 77.7% 17318.14秒 将人(元・魔神)  選挙制度に関して、日本の最高裁判所は、選挙区間の議員1人当たりの有権者数に3倍を超える格差があった1990年衆議院議員選挙について、憲法に定める「法の下の平等」に反して憲法違反であるとし、一部選挙区の選挙を無効であるとした。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q701. 5人中4人正解 80.0% 25485.00秒 将人(元・魔神)  日本の地方交付税制度に関して、地方交付税は国税5税の一定割合を原資としており、その税目は所得税・法人税・消費税・酒税・たばこ税の五つである。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q702. 8人中4人正解 50.0% 19264.25秒 将人(元・魔神)  日本の地方交付税制度に関して、地方交付税総額のうち、特別な事情に応じて交付される特別交付税の占める割合は、その年の自然災害や景気動向によって決定されることとなっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q703. 11人中5人正解 45.4% 69417.40秒 将人(元・魔神)  日本の地方交付税制度に関して、少子高齢化を背景とした自治体の役割の増大により、国から地方へ交付される地方交付税の総額は、2000年以降増加する傾向にあり、2000年比でほぼ倍化している。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q704. 8人中6人正解 75.0% 61.50秒 将人(元・魔神)  日本の地方交付税制度に関して、普通交付税はその総額を人口と面積によって国から自治体に配分する仕組みとなっており、都道府県では、人口の多い東京都や面積の広い北海道で、交付額が多くなっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q705. 6人中5人正解 83.3% 10056.00秒 将人(元・魔神)  日本の地方交付税制度に関して、三位一体の改革を通じて、国が自治体に支出する義務教育費国庫負担金の制度は廃止され、自治体は地方税や地方交付税などの一般財源によって、義務教育経費を賄うこととなった。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q706. 6人中2人正解 33.3% 12.50秒 将人(元・魔神)  「個人情報の保護に関する法律」に関して、この法律は、個人情報データベースという言葉を用いていることからも明かなように、電子計算機処理された個人情報のみを規律の対象としている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q707. 8人中4人正解 50.0% 6570.00秒 将人(元・魔神)  .「個人情報の保護に関する法律」に関して、この法律は、中小規模の事業者に配慮して、一定の数を超える従業者を有する事業者のみを規律の対象としている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q708. 16人中6人正解 37.5% 896.33秒 将人(元・魔神)  .「個人情報の保護に関する法律」に関して、この法律は、情報通信、金融などの分野に適用されることはなく、これらの分野では従来どおりガイドラインによる規制が行われている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q709. 12人中4人正解 33.3% 24517.50秒 将人(元・魔神)  .「個人情報の保護に関する法律」に関して、この法律は、個人情報取扱事業者の従業者が保有個人データを自己もしくは第三者の不正な利益を図る目的で盗用した場合について、懲役刑または罰金刑で臨んでいる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q710. 7人中4人正解 57.1% 6541.75秒 将人(元・魔神)  .「個人情報の保護に関する法律」に関して、この法律は、認定個人情報保護団体という制度を用意して、苦情処理などを事業者団体が処理することを期待している。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q711. 9人中4人正解 44.4% 1554.00秒 将人(元・魔神)  死者の個人情報は、原則として「個人情報の保護に関する法律」による規律の対象となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q712. 5人中4人正解 80.0% 15275.75秒 将人(元・魔神)  法人の有する顧客情報や従業者情報は、原則として「個人情報の保護に関する法律」による規律の対象となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q713. 10人中8人正解 80.0% 21926.87秒 将人(元・魔神)  6歳未満の者の個人情報は、原則として「個人情報の保護に関する法律」による規律の対象となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q714. 14人中10人正解 71.4% 1459.50秒 将人(元・魔神)  外国人の個人情報は、原則として「個人情報の保護に関する法律」による規律の対象となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q715. 5人中4人正解 80.0% 16.75秒 将人(元・魔神)  民間の病院のカルテに記載されている個人情報は、原則として「個人情報の保護に関する法律」による規律の対象となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q716. 6人中1人正解 16.6% 2880.00秒 将人(元・魔神)  「行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律」(いわゆる行政手続オンライン化法)に関して、この法律は、行政手続のオンライン化を認める基本法ではあるが、個別の手続ごとに法改正を行うことが必要とされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q717. 12人中5人正解 41.6% 3978.60秒 将人(元・魔神)  「行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律」(いわゆる行政手続オンライン化法)に関して、この法律は、個別法および主務省令の改正を必要とすることなく、従来の書面による行政手続を電子化またはオンライン化することを認めた。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q718. 6人中3人正解 50.0% 17573.33秒 将人(元・魔神)  「行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律」(いわゆる行政手続オンライン化法)に関して、この法律は、行政処分の申請についてのオンライン化は認めているが、行政機関側からの処分通知などの重要書類は文書によることとしている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q719. 15人中6人正解 40.0% 11826.50秒 将人(元・魔神)  「行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律」(いわゆる行政手続オンライン化法)に関して、この法律では、オンラインの行政手続のうち申請については発信主義をとっており、申請者の利用する電子計算機から申請が発せられた日時を申請日時とみなしている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q720. 8人中4人正解 50.0% 7665.99秒 将人(元・魔神)  「行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律」(いわゆる行政手続オンライン化法)に関して、この法律は、行政機関が他の法令により書面での作成を義務づけられた文書等の作成も、主務省令の定めるところにより電子化することを認めている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q721. 15人中6人正解 40.0% 65.16秒 将人(元・魔神)  「電子署名に係る地方公共団体の認証業務に関する法律」(いわゆる公的個人認証法)に関して、この法律は、地方公共団体の住民である外国人に対しても認証業務を提供することを定めている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q722. 11人中6人正解 54.5% 13996.33秒 将人(元・魔神)  「電子署名に係る地方公共団体の認証業務に関する法律」(いわゆる公的個人認証法)に関して、この法律は、地方公共団体で公的な機関として署名をする職員をも公的個人として認証することを定めている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q723. 7人中2人正解 28.5% 2856.50秒 将人(元・魔神)  「電子署名に係る地方公共団体の認証業務に関する法律」(いわゆる公的個人認証法)に関して、この法律により発行される電子証明書には、氏名、生年月日、性別、本籍地が記載される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q724. 12人中6人正解 50.0% 8063.50秒 将人(元・魔神)  「電子署名に係る地方公共団体の認証業務に関する法律」(いわゆる公的個人認証法)に関して、この法律により発行される電子証明書は、民間での取引にも使えるように、一般の民間企業等でもその検証(失効情報の問い合わせ)が認められている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q725. 8人中4人正解 50.0% 7147.50秒 将人(元・魔神)  「電子署名に係る地方公共団体の認証業務に関する法律」(いわゆる公的個人認証法)に関して、この法律により発行される電子証明書は、その発行の日から起算して3年の有効期間が定められている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q726. 8人中5人正解 62.5% 15437.60秒 将人(元・魔神)  法令の適用範囲および効力等に関して、わが国の法令は、原則としてわが国の領域内でのみ効力を有するが、わが国に属する船舶および航空機内では、外国の領域内や公海においても効力を有することがある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q727. 7人中6人正解 85.7% 759.66秒 将人(元・魔神)  法令の適用範囲および効力等に関して、渉外的な要素が含まれる事件については、わが国の裁判所が外国の法令を準拠法として裁判を行うことがある一方で、外国の裁判所がわが国の法令を準拠法として裁判を行うことがある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q728. 6人中3人正解 50.0% 168.00秒 将人(元・魔神)  法令の適用範囲および効力等に関して、法律は、その法律または他の法令に定められた日から施行されるが、施行期日の定めがない場合には、公布の日から20日を経過した日から施行される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q729. 8人中0人正解 0.0% 0.00秒 将人(元・魔神)  法令の適用範囲および効力等に関して、法令に違反する行為に対して刑罰の定めがあり、その法令の失効前に違反行為が行われた場合には、その法令の失効後においても処罰を行うことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q730. 6人中4人正解 66.6% 15933.25秒 将人(元・魔神)  法令の適用範囲および効力等に関して、法律Aと法律Bが一般法と特別法の関係にあり、Aが全面的に改正されて施行された場合には、後から施行された新しいAがBに優先して適用される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q731. 5人中1人正解 20.0% 38639.00秒 将人(元・魔神)  最高裁判所の判例に照らし、憲法25条の規定の趣旨にこたえて具体的にどのような立法措置を講じるかの選択決定は、立法府の広い裁量にゆだねられている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q732. 11人中4人正解 36.3% 14618.75秒 将人(元・魔神)  最高裁判所の判例に照らし、国は、子ども自身の利益のため、あるいは子どもの成長に対する社会公共の利益と関心にこたえるために、必要かつ相当な範囲で教育の内容について決定する権能を有する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q733. 7人中4人正解 57.1% 4174.00秒 将人(元・魔神)  最高裁判所の判例に照らし、労働基本権に関する憲法上の規定は、国の責務を宣言するもので、個々の国民に直接に具体的権利を付与したものではなく、国の立法措置によってはじめて具体的権利が生じる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q734. 4人中2人正解 50.0% 47.00秒 将人(元・魔神)  最高裁判所の判例に照らし、労働基本権は、勤労者の経済的地位の向上のための手段として認められたものであって、それ自体が自己目的ではなく、国民全体の共同利益の見地からの制約を受ける。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q735. 12人中7人正解 58.3% 9039.14秒 将人(元・魔神)  最高裁判所の判例に照らし、憲法が義務教育を定めるのは、親が本来有している子女を教育する責務をまっとうさせる趣旨によるものであるから、義務教育に要する一切の費用を当然に国が負担しなければならないとは言えない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q736. 6人中5人正解 83.3% 33522.80秒 将人(元・魔神)  国家機関の権限について、内閣は、実質的にみて、立法権を行使することがある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q737. 11人中7人正解 63.6% 6640.71秒 将人(元・魔神)  国家機関の権限について、最高裁判所は、実質的にみて、行政権を行使することがある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q738. 8人中5人正解 62.5% 5280.60秒 将人(元・魔神)  国家機関の権限について、衆議院は、実質的にみて、司法権を行使することがある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q739. 6人中3人正解 50.0% 9.66秒 将人(元・魔神)  国家機関の権限について、国会は、実質的にみて、司法権を行使することがある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q740. 12人中7人正解 58.3% 7834.28秒 将人(元・魔神)  参議院の政党化を抑制し、その衆議院に対する独自性を強めるために、各都道府県の知事・副知事その他知事の任命する職員が参議院議員となる提案されたとする。最高裁判所の判例を前提とした場合、憲法改正が必要である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q741. 9人中5人正解 55.5% 2818.00秒 将人(元・魔神)  参議院の政党化を抑制し、その衆議院に対する独自性を強めるために、都道府県議会議員が参議院議員を選挙する提案されたとする。最高裁判所の判例を前提とした場合、憲法改正が必要である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q742. 11人中5人正解 45.4% 1846.20秒 将人(元・魔神)  参議院の政党化を抑制し、その衆議院に対する独自性を強めるために、参議院の議員定数を削減し、各都道府県から2名ずつ議員を選挙する提案されたとする。最高裁判所の判例を前提とした場合、憲法改正が必要である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q743. 11人中8人正解 72.7% 8295.50秒 将人(元・魔神)  参議院の政党化を抑制し、その衆議院に対する独自性を強めるために、中立的な委員会が学識絡験に優れた者を参議院議員に選出する提案されたとする。最高裁判所の判例を前提とした場合、憲法改正が必要である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q744. 12人中9人正解 75.0% 17266.77秒 将人(元・魔神)  参議院の政党化を抑制し、その衆議院に対する独自性を強めるために、政党による立候補者名簿の届出が不可能な選挙制度にする提案されたとする。最高裁判所の判例を前提とした場合、憲法改正が必要である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q745. 11人中4人正解 36.3% 123.00秒 将人(元・魔神)  憲法98条2項「日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする」から導かれる考え方として、確立された国際法規は、条約が自動執行力をもつ場合に限って、国内法的効力を有する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q746. 10人中6人正解 60.0% 14601.16秒 将人(元・魔神)  憲法98条2項「日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする」から導かれる考え方として、98条2項や前文を根拠として、条約は、一般的に国内法として受容される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q747. 12人中7人正解 58.3% 14034.00秒 将人(元・魔神)  憲法98条2項「日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする」から導かれる考え方として、当事者が人的に法律を異にする国の国籍を有する場合には、当事者に最も密接な関係のある法律を当事者の本国法とする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q748. 6人中3人正解 50.0% 18337.66秒 将人(元・魔神)  憲法98条2項「日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする」から導かれる考え方として、最高裁判所の判例の考え方によれば、違憲審査の対象は国内法に限られるから、条約に対する違憲審査は認められない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q749. 13人中5人正解 38.4% 2796.60秒 将人(元・魔神)  憲法98条2項「日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする」から導かれる考え方として、条約は、国会によって国内法に変型されることによってはじめて、国内法としての効力を有する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q750. 6人中3人正解 50.0% 60050.66秒 将人(元・魔神)  市町村長等は、消防法上の危険物の製造所の所有者、管理者または占有者が、同法に基づき当該製造所について発せられた移転等の命令に違反したときは、当該製造所の設置許可を取り消すことができる。これは、行政法学上、行政行為の「取消し」にあたる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q751. 16人中7人正解 43.7% 241.14秒 将人(元・魔神)  国土交通大臣は、浄化槽を工場において製造しようとする者に対して行う認定の基準となる浄化槽の構造基準が変更され、既に認定を受けた浄化槽が当該変更後の浄化槽の構造基準に適合しないと認めるときは、当該認定を取り消さなければならない。これは、行政法学上、行政行為の「取消し」にあたる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q752. 13人中8人正解 61.5% 82459.87秒 将人(元・魔神)  国家公務員(職員)に対する懲戒処分について不服申立てがなされた場合、事案の調査の結果、その職員に処分を受けるべき事由のないことが判明したときは、人事院は、その処分を取り消さなければならない。これは、行政法学上、行政行為の「取消し」にあたる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q753. 10人中8人正解 80.0% 7461.87秒 将人(元・魔神)  一級建築士がその業務に関して不誠実な行為をしたとき、免許を与えた国土交通大臣は、免許を取り消すことができる。これは、行政法学上、行政行為の「取消し」にあたる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q754. 8人中6人正解 75.0% 38715.00秒 将人(元・魔神)  国土交通大臣または都道府県知事は、建設業の許可を受けた建設業者が許可を受けてから一年以内に営業を開始しない場合、当該許可を取り消さなければならない。これは、行政法学上、行政行為の「取消し」にあたる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q755. 12人中5人正解 41.6% 11.00秒 将人(元・魔神)  各種の行政立法に関して、政令は、憲法73条6号に基づき、内閣総理大臣が制定するもので、閣議決定を経て成立し、天皇によって公布される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q756. 7人中5人正解 71.4% 4962.00秒 将人(元・魔神)  各種の行政立法に関して、内閣府令は内閣府の長である内閣総理大臣が制定し、省令は各省大臣がその分担管理する行政事務について制定するが、複数の省にまたがる共管事項については、内閣府令の形式をとらなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q757. 11人中5人正解 45.4% 80177.00秒 将人(元・魔神)  各種の行政立法に関して、国税庁、林野庁など、各省の外局として設置され、庁の名称を持つ組織の長である各庁長官は、その機関の所掌事務について、公示を必要とする場合においては、告示を発することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q758. 16人中8人正解 50.0% 5072.00秒 将人(元・魔神)  各種の行政立法に関して、公正取引委員会、公害等調整委員会、中央労働委員会などの委員会は、庁と同様に外局の一種とされるが、合議体であるため、独自の規則制定権は与えられていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q759. 9人中7人正解 77.7% 3234.42秒 将人(元・魔神)  地方公共団体による契約について、地方公共団体による公共工事の請負契約については、入札手続などの地方自治法の規定が適用されるから、民法の請負契約の規定は適用されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q760. 11人中5人正解 45.4% 587.00秒 将人(元・魔神)  地方公共団体による契約について、地方公務員の免職は行政処分であるが、地方公務員法上、その任命は、雇用契約の締結であって、行政処分によるものではないとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q761. 13人中3人正解 23.0% 209.33秒 将人(元・魔神)  地方公共団体による契約について、公営住宅の賃貸借契約については、公営住宅法及びそれに基づく条例が適用され、民法や借地借家法の規定は適用されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q762. 8人中4人正解 50.0% 4965.75秒 将人(元・魔神)  地方公共団体による契約について、地方公共団体による補助金交付の法律関係については、地方自治法の規定により、贈与契約の締結ではなく、長による交付決定によることとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q763. 8人中6人正解 75.0% 5950.33秒 将人(元・魔神)  地方公共団体による契約について、水道事業者である地方公共団体と利用者との給水に関わる法律関係は、水道法上、水道の使用許可処分ではなく、給水契約の締結によることとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q764. 6人中3人正解 50.0% 1665.00秒 将人(元・魔神)  行政手続法の定める審査基準に関して、審査基準とは、行政庁が不利益処分をするか否かについて判断するために必要な基準である、と定義されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q765. 9人中3人正解 33.3% 56936.66秒 将人(元・魔神)  行政手続法の定める審査基準に関して、審査基準を設定した場合には、設定後の審査基準を私人に対して不利益になるように変更することは許されない、と定められている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q766. 7人中5人正解 71.4% 25.40秒 将人(元・魔神)  行政手続法の定める審査基準に関して、審査基準を定めることは行政庁の努力義務であるが、設定した場合には、これを公にしておく法的義務が課される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q767. 7人中2人正解 28.5% 22054.50秒 将人(元・魔神)  行政手続法の定める審査基準に関して、審査基準には、法律に基づき処分の要件を定める政省令は含まれない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q768. 5人中3人正解 60.0% 3397.66秒 将人(元・魔神)  行政手続法の定める審査基準に関して、審査基準を設定する際には、どのような内容であっても、行政庁は意見公募手続を実施しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q769. 6人中3人正解 50.0% 22611.00秒 将人(元・魔神)  行政手続法における申請拒否処分の取り扱いについて、申請拒否処分は、不利益処分の一種であるから、こうした処分にも、不利益処分に関する規定が適用される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q770. 11人中6人正解 54.5% 6171.00秒 将人(元・魔神)  行政手続法における申請拒否処分の取り扱いについて、申請拒否処分についても、相手方の権利に重大な影響を及ぼす許認可等を拒否する場合などには、事前の聴聞が義務付けられている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q771. 7人中4人正解 57.1% 13262.75秒 将人(元・魔神)  行政手続法における申請拒否処分の取り扱いについて、申請拒否処分の理由については、理由を示さないで処分をすべき差し迫った必要がある場合には、処分後相当の期間内に示せば足りる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q772. 13人中9人正解 69.2% 18717.22秒 将人(元・魔神)  行政手続法における申請拒否処分の取り扱いについて、公にされた標準処理期間を経過しても申請に応答がなされない場合には、申請拒否処分がなされたものとみなされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q773. 10人中3人正解 30.0% 19.00秒 将人(元・魔神)  行政手続法における申請拒否処分の取り扱いについて、申請拒否処分が許されない場合において、それをなしうるとして申請の取下げを求める行政指導は、違法な行政指導である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q774. 11人中7人正解 63.6% 27087.28秒 将人(元・魔神)  行政手続法における届出の取り扱いについて、個別法上は届出の語が用いられていても、それが行政手続法上の届出に当たるとは限らない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q775. 6人中4人正解 66.6% 58065.75秒 将人(元・魔神)  行政手続法における届出の取り扱いについて、法令に基づき、自己に対して何らかの利益を付与する行政庁の応答を求める行為は、行政手続法上の届出に含まれる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q776. 10人中3人正解 30.0% 12567.66秒 将人(元・魔神)  行政手続法における届出の取り扱いについて、届出書の記載事項に不備がある場合であっても、届出がなされた以上は届出義務は尽くされたことになる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q777. 11人中5人正解 45.4% 134.40秒 将人(元・魔神)  行政手続法における届出の取り扱いについて、地方公共団体の機関が、その固有の資格においてすべきこととされている届出には、行政手続法上の屈出に関する規定の適用はない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q778. 6人中3人正解 50.0% 6465.66秒 将人(元・魔神)  行政上の不服申立てについて、行政上の不服申立ての道を開くことは、憲法上の要請ではないので、この制度を廃止しても、憲法違反とはならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q779. 7人中4人正解 57.1% 9862.00秒 将人(元・魔神)  行政上の不服申立てについて、明治憲法下で行政上の不服申立てを定めていた訴願法は、行政裁判法と同時期に制定され、これと同時に廃止された。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q780. 10人中4人正解 40.0% 8272.50秒 将人(元・魔神)  行政上の不服申立てについて、行政不服審査法は、行政事件訴訟法とともに、戦後改革の一環として、現行憲法の制定と同じ時期に制定された。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q781. 9人中2人正解 22.2% 24.50秒 将人(元・魔神)  行政上の不服申立てについて、憲法は、行政機関が裁判を行うことを禁止しているから、裁判手続に類似した行政上の不服申立てを整備することによって地方裁判所における審級を省略することは許されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q782. 8人中5人正解 62.5% 18454.20秒 将人(元・魔神)  行政上の不服申立てについて、憲法による法定手続の保障の趣旨は、行政上の不服申立ての手続にも及ぶので、その手続においても、口頭弁論主義が原則とされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q783. 11人中8人正解 72.7% 1250.87秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法(以下、「法」という。)に規定する不服申立ての対象に関して、法において「処分」には、「人の収容、物の留置その他その内容が継続的性質を有するもの」などの事実行為が含まれるが、これは取消訴訟の対象にはならないが不服申立ての対象となる行為を特に明文で指示したものである。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q784. 10人中4人正解 40.0% 21025.75秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法(以下、「法」という。)に規定する不服申立ての対象に関して、法における「不作為」には、申請が法令に定められた形式上の要件に適合しないとの理由で、実質的審査を経ずに拒否処分がなされた場合も含まれる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q785. 7人中4人正解 57.1% 13700.50秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法(以下、「法」という。)に規定する不服申立ての対象に関して、法は、地方公共団体の機関が条例に基づいてする処分を適用除外としているため、そのような処分については別途条例で不服申立制度を設けなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q786. 4人中1人正解 25.0% 4.00秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法(以下、「法」という。)に規定する不服申立ての対象に関して、法は、不服申立制度全般について統一的、整合的に規律することを目的とするので、別に個別の法令で特別な不服申立制度を規定することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q787. 7人中3人正解 42.8% 309.66秒 将人(元・魔神)  行政不服審査法(以下、「法」という。)に規定する不服申立ての対象に関して、不服申立てをすることができない処分については、法が列挙しているほか、他の法律において特定の処分につき不服申立てをすることができない旨を規定することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q788. 11人中3人正解 27.2% 12145.66秒 将人(元・魔神)  不作為の違法確認訴訟に関し、不作為の違法確認訴訟は、処分の相手方以外の者でも、不作為の違法の確認を求めるにつき法律上の利益を有する者であれば、提起することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q789. 7人中4人正解 57.1% 13513.50秒 将人(元・魔神)  不作為の違法確認訴訟に関し、不作為の違法確認訴訟を提起するときは、対象となる処分の義務付け訴訟も併合して提起しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q790. 8人中5人正解 62.5% 3587.00秒 将人(元・魔神)  不作為の違法確認訴訟に関し、不作為の違法確認訴訟は、行政庁において一定の処分を行わないことが行政庁の義務に違反することの確認を求める公法上の当事者訴訟である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q791. 6人中5人正解 83.3% 3891.60秒 将人(元・魔神)  不作為の違法確認訴訟に関し、平成16年の行政事件訴訟法の改正によって義務付け訴訟が法定されたのと同時に、不作為の違法確認訴訟の対象も、申請を前提としない規制権限の不行使にまで拡大された。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q792. 8人中6人正解 75.0% 1928.83秒 将人(元・魔神)  不作為の違法確認訴訟に関し、不作為の違法確認訴訟自体には出訴期間の定めはないが、その訴訟係属中に、行政庁が何らかの処分を行った場合、当該訴訟は訴えの利益がなくなり却下される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q793. 8人中4人正解 50.0% 4885.25秒 将人(元・魔神)  訴えの利益に関して、、最高裁判所の判例に照らし、建築確認処分の取消しを求める利益は、建築物の建築工事の完了によっては失われない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q794. 3人中2人正解 66.6% 18310.50秒 将人(元・魔神)  訴えの利益に関して、、最高裁判所の判例に照らし、保安林指定解除処分の取消しを求める利益は、洪水の危険を解消するために代替施設が設置されたとしても失われない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q795. 7人中3人正解 42.8% 15195.00秒 将人(元・魔神)  訴えの利益に関して、、最高裁判所の判例に照らし、生活保護法に基づく保護変更決定の取消しを求める利益は、原告の死亡によって失われず、原告の相続人が当該訴訟を承継できる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q796. 8人中6人正解 75.0% 11141.66秒 将人(元・魔神)  訴えの利益に関して、、最高裁判所の判例に照らし、再入国の許可申請に対する不許可処分について取消訴訟を提起した外国人は、本邦を出国した場合、当該処分の取消しを求める利益を失う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q797. 9人中4人正解 44.4% 7062.00秒 将人(元・魔神)  訴えの利益に関して、、最高裁判所の判例に照らし、公文書の非公開決定の取消訴訟において当該公文書が書証として提出された場合、当該公文書の非公開決定の取消しを求める利益は失われる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q798. 9人中5人正解 55.5% 141.20秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法31条1項に規定する事情判決について、事情判決は、処分の違法を認める判決であるから、請求認容の判決である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q799. 14人中10人正解 71.4% 63134.10秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法31条1項に規定する事情判決について、事情判決においては、処分が違法であることが、判決の理由の中だけではなく、その主文においても宣言される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q800. 6人中1人正解 16.6% 18.00秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法31条1項に規定する事情判決について、事情判決においては、処分の違法を宣言するとともに、それを理由として、被告に損害賠償を命ずることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q801. 6人中2人正解 33.3% 1022.50秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法31条1項に規定する事情判決について、事情判決は、行政事作訴訟に特有な制度であり、行政不服審査法には、類似の事情裁決といった制度はない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q802. 5人中3人正解 60.0% 204.00秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法31条1項に規定する事情判決について、事情判決の規定は、公職選挙法上、同法による選挙の効力に関する訴訟にも準用されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q803. 9人中5人正解 55.5% 274.80秒 将人(元・魔神)  国家賠償制度に関して、違法な行政庁の処分に対し国家賠償請求訴訟を提起して勝訴するためには、あらかじめ当該処分に対して取消訴訟または無効確認訴訟を提起し、取消しないし無効確認の判決を得て、当該処分が違法であることを確定しておかなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q804. 8人中4人正解 50.0% 467.75秒 将人(元・魔神)  国家賠償制度に関して、国家賠償法は、憲法17条の規定を受けて制定されたものであるので、日本国民と外国人とを区別せずに損害賠償を認めている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q805. 14人中10人正解 71.4% 32005.90秒 将人(元・魔神)  国家賠償制度に関して、国家賠償法は、国または公共団体の損害賠償責任について、補充的に「民法の規定による」としているが、民法典以外の失火責任法(失火ノ責任二関スル法律)や自動車損害賠償保障法なども、ここにいう「民法の規定」に含まれる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q806. 6人中5人正解 83.3% 1587.80秒 将人(元・魔神)  国家賠償制度に関して、行政事件訴訟法は、行政庁が取消訴訟の対象となる処分をする場合には、当該処分の相手方に対し、取消訴訟と併せて国家賠償法1条に基づいて国家賠償訴訟を提起することができる旨教示する義務を規定している。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q807. 8人中3人正解 37.5% 9771.00秒 将人(元・魔神)  国家賠償制度に関して、国家賠償法は、憲法17条の規定を受けて制定されたものであるから、特別法において、公務員の不法行為による国または公共団体の損害賠償責任を免除し、または制限する規定を置くことは憲法違反であり、許されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q808. 8人中5人正解 62.5% 8116.60秒 将人(元・魔神)  国家賠償法1条にいう「公権力の行使」に関して、最高裁判所の判例に照らし、裁判官の裁判過程における行為は、司法作用にかかわる行為なので、「公権力の行使」には該当しない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q809. 6人中4人正解 66.6% 6642.00秒 将人(元・魔神)  国家賠償法1条にいう「公権力の行使」に関して、最高裁判所の判例に照らし、国会議員の立法過程における行為は、国の統治作用にかかわる行為なので、「公権力の行使」には該当しない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q810. 5人中3人正解 60.0% 18484.66秒 将人(元・魔神)  国家賠償法1条にいう「公権力の行使」に関して、最高裁判所の判例に照らし、国家公務員の定期健康診断における国嘱託の保健所勤務医師による検診は、医師の一般的診断行為と異ならない行為なので、「公権力の行使」には該当しない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q811. 7人中2人正解 28.5% 381.00秒 将人(元・魔神)  国家賠償法1条にいう「公権力の行使」に関して、最高裁判所の判例に照らし、国による国民健康保険法上の被保険者資格の基準に関する通知の発出は、行政組織内部の行為なので、「公権力の行使」には該当しない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q812. 9人中7人正解 77.7% 25637.85秒 将人(元・魔神)  国家賠償法1条にいう「公権力の行使」に関して、最高裁判所の判例に照らし、勾留されている患者に対して拘置所職員たる医師が行う医療行為は、部分社会内部の行為なので、「公権力の行使」には該当しない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q813. 12人中9人正解 75.0% 7997.11秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める町村の条例制定の可否に関して、町村は、住民による直接の選挙で首長を選出せず、議会で首長を選出する旨の条例を制定することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q814. 7人中2人正解 28.5% 68583.00秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める町村の条例制定の可否に関して、町村は、議会を設置せず、選挙権を有する者の総会をもってこれに代える旨の条例を制定することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q815. 10人中5人正解 50.0% 300.60秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める町村の条例制定の可否に関して、町村は、教育委員会を設置せず、教育長にその事務を行わせる旨の条例を制定することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q816. 10人中6人正解 60.0% 11082.83秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める町村の条例制定の可否に関して、町村は、選挙管理委員会を設置せず、首長またはその補助機関に選挙管理の事務を行わせる旨の条例を制定することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q817. 5人中2人正解 40.0% 586.50秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める町村の条例制定の可否に関して、町村は、監査委員を置かず、監査に関する事務を外部に委託する旨の条例を制定することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q818. 5人中3人正解 60.0% 6940.66秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める裁判所への出訴に関して、市町村の境界に関する争論について都道府県知事が行った裁定に不服があるときは、関係市町村は、境界の確定について出訴することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q819. 7人中4人正解 57.1% 18577.25秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める裁判所への出訴に関して、市町村議会議員選挙を無効とする旨の都道府県選挙管理委員会の裁決に不服があるときは、当該議会は、この裁決について出訴することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q820. 5人中3人正解 60.0% 24.33秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める裁判所への出訴に関して、都道府県知事が所定の期限内に法定受託事務に関する是正勧告に係る事項を行わないときは、各大臣は、この不作為について出訴することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q821. 11人中8人正解 72.7% 6510.37秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める裁判所への出訴に関して、都道府県が担当する事務に関する国の是正の要求について国地方係争処理委員会が行った審査の結果に不服があるときは、当該都道府県の知事は、この是正の要求について出訴することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q822. 3人中3人正解 100.0% 4563.33秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める裁判所への出訴に関して、市町村議会における条例制定の議決についての都道府県知事による裁定の結果に不服があるときは、当該市町村の議会又は長は、この裁定について出訴することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q823. 8人中5人正解 62.5% 4687.80秒 将人(元・魔神)  普通地方公共団体の財務に関して、法令または最高裁判所の判例に照らし、公共用財産については、それが長年の間事実上公の目的に供用されることなく放置され、黙示的に公用が廃止されたものとみなしうる場合であっても、取得時効の成立は認められない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q824. 8人中6人正解 75.0% 7544.16秒 将人(元・魔神)  普通地方公共団体の財務に関して、法令または最高裁判所の判例に照らし、行政財産の目的外使用の許可については、当該財産の目的に鑑みて支障がない場合であっても、管理者はその許可を拒否することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q825. 8人中6人正解 75.0% 1108.00秒 将人(元・魔神)  普通地方公共団体の財務に関して、法令または最高裁判所の判例に照らし、地方公共団体は、指名競争入札に参加させようとする者を指名する際に、その者が地元の経済の活性化に寄与するか否かを考慮に入れてはならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q826. 10人中7人正解 70.0% 62373.42秒 将人(元・魔神)  普通地方公共団体の財務に関して、法令または最高裁判所の判例に照らし、地方公共団体の議会があらかじめ承認を与えたときでも、当該地方公共団体は、その財産を適正な対価なくして譲渡することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q827. 10人中8人正解 80.0% 43252.00秒 将人(元・魔神)  普通地方公共団体の財務に関して、法令または最高裁判所の判例に照らし、金銭の給付を目的とする地方公共団体の権利は、時効に関し地方自治法以外の法律に特別の定めがある場合を除くほか、時効により消滅することはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q828. 5人中1人正解 20.0% 172407.00秒 将人(元・魔神)  住民訴訟に関して、最高裁判所の判例に照らし、教育委員会が教頭を退職前の1日だけ校長に任命した行為を前提に、地方公共団体の長が行った退職手当の支給は、任命行為が違法であるならば当然に違法となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q829. 5人中3人正解 60.0% 663.66秒 将人(元・魔神)  住民訴訟に関して、最高裁判所の判例に照らし、懲戒免職処分とすべきところを違法に分限免職処分とした上で行われた退職手当の支給は、当該分限免職処分が退職手当の支給の直接の原因であるから、当然に違法となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q830. 12人中5人正解 41.6% 6722.40秒 将人(元・魔神)  住民訴訟に関して、最高裁判所の判例に照らし、地方公共団体が随意契約の制限に関する法令に違反して契約を締結した場合には、当該契約に基づく債務の履行は当然に違法となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q831. 7人中6人正解 85.7% 17877.66秒 将人(元・魔神)  住民訴訟に関して、最高裁判所の判例に照らし、県議会議長が発した議員の野球大会参加のための旅行命令書に基づき知事の補助職員が行った公金の支出は、当該旅行命令が違法であったとしても適法となる余地がある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q832. 12人中10人正解 83.3% 60166.20秒 将人(元・魔神)  地方自治法の規定に関して、都道府県は、指定都市の市長から要請があった場合には、都道府県の事務の一部又は全部を指定都市に移譲しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q833. 8人中2人正解 25.0% 32.50秒 将人(元・魔神)  地方自治法の規定に関して、指定都市が市長の権限に属する事務を分掌させるために条例で設ける区を、特別区という。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q834. 8人中5人正解 62.5% 10986.60秒 将人(元・魔神)  地方自治法の規定に関して、市が中核市の指定の申出をしようとするときには、当該市は、あらかじめ議会の議決を経て、都道府県の同意を得なければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q835. 9人中6人正解 66.6% 17937.83秒 将人(元・魔神)  地方自治法の規定に関して、中核市は、特例市が処理することができる事務のうち政令で定めるものを処理することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q836. 9人中7人正解 77.7% 17960.85秒 将人(元・魔神)  地方自治法の規定に関して、地方自治法が定める一定の人口要件を下回った市は、町または村となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q837. 7人中2人正解 28.5% 784.00秒 将人(元・魔神)  行政調査に関して、最高裁判所の判例に照らし、保健所職員が行う飲食店に対する食品衛生法に基づく調査の手続は、行政手続法の定めるところに従って行われなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q838. 16人中8人正解 50.0% 33261.62秒 将人(元・魔神)  行政調査に関して、最高裁判所の判例に照らし、税務調査については、質問検査の範囲・程度・時期・場所等について法律に明らかに規定しておかなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q839. 12人中8人正解 66.6% 29456.50秒 将人(元・魔神)  行政調査に関して、最高裁判所の判例に照らし、警察官職務執行法2条1項の職務質問に付随して行う所持品検査は、検査の必要性・緊急性があれば、強制にわたることがあったとしても許される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q840. 6人中5人正解 83.3% 258.60秒 将人(元・魔神)  行政調査に関して、最高裁判所の判例に照らし、自動車検問は国民の自由の干渉にわたる可能性があるが、相手方の任意の協力を求める形で、運転手の自由を不当に制約するものでなければ、適法と解される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q841. 9人中5人正解 55.5% 12447.00秒 将人(元・魔神)  行政調査に関して、最高裁判所の判例に照らし、税務調査の質問・検査権限は、犯罪の証拠資料の収集などの捜査のための手段として行使することも許される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q842. 7人中5人正解 71.4% 1004.60秒 将人(元・魔神)  Aが自己の所有する甲土地をBと通謀してBに売却(仮装売買)した場合に関して、民法の規定および判例に照らし、Bが甲土地をAに無断でCに転売した場合に、善意のCは、A・B間の売買の無効を主張して、B・C間の売買を解消することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q843. 8人中4人正解 50.0% 564.50秒 将人(元・魔神)  Aが自己の所有する甲土地をBと通謀してBに売却(仮装売買)した場合に関して、民法の規定および判例に照らし、Bが甲土地をAに無断でCに転売した場合に、善意のCに対して、AはA・B間の売買の無効を対抗することはできないが、Bはこれを対抗することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q844. 14人中8人正解 57.1% 102.62秒 将人(元・魔神)  Aが自己の所有する甲土地をBと通謀してBに売却(仮装売買)した場合に関して、民法の規定および判例に照らし、Aの一般債権者Dは、A・B間の売買の無効を主張して、Bに対して、甲土地のAへの返還を請求することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q845. 6人中3人正解 50.0% 668.00秒 将人(元・魔神)  Aが自己の所有する甲土地をBと通謀してBに売却(仮装売買)した場合に関して、民法の規定および判例に照らし、Bが甲土地につきAに無断でEのために抵当権を設定した場合に、Aは、善意のEに対して、A・B間の売買の無効を対抗することができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q846. 12人中6人正解 50.0% 15660.16秒 将人(元・魔神)  Aが自己の所有する甲土地をBと通謀してBに売却(仮装売買)した場合に関して、民法の規定および判例に照らし、Bの一般債権者FがA・B間の仮装売買について善意のときは、Aは、Fに対して、Fの甲土地に対する差押えの前であっても、A・B間の売買の無効を対抗することができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q847. 5人中4人正解 80.0% 197.25秒 将人(元・魔神)  Aの子Bが、Aに無断でAの代理人としてA所有の土地をCに売却する契約を結んだ。この場合に関して、民法の規定および判例に照らし、CはAが追認した後であっても、この売買契約を取り消すことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q848. 8人中0人正解 0.0% 0.00秒 将人(元・魔神)  Aの子Bが、Aに無断でAの代理人としてA所有の土地をCに売却する契約を結んだ。この場合に関して、民法の規定および判例に照らし、Bが未成年者である場合、Aがこの売買契約の追認を拒絶したならば、CはBに対して履行の請求をすることはできるが、損害賠償の請求をすることはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q849. 8人中5人正解 62.5% 8882.00秒 将人(元・魔神)  Aの子Bが、Aに無断でAの代理人としてA所有の土地をCに売却する契約を結んだ。この場合に関して、民法の規定および判例に照らし、Aがこの売買契約の追認を拒絶した後に死亡した場合、BがAを単独相続したとしても無権代理行為は有効にはならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q850. 6人中4人正解 66.6% 22012.75秒 将人(元・魔神)  Aの子Bが、Aに無断でAの代理人としてA所有の土地をCに売却する契約を結んだ。この場合に関して、民法の規定および判例に照らし、Aが追認または追認拒絶をしないまま死亡してBがAを相続した場合、共同相続人の有無にかかわらず、この売買契約は当然に有効となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q851. 11人中7人正解 63.6% 10760.42秒 将人(元・魔神)  Aの子Bが、Aに無断でAの代理人としてA所有の土地をCに売却する契約を結んだ。この場合に関して、民法の規定および判例に照らし、Cが相当の期間を定めてこの売買契約を追認するかどうかをAに対して回答するよう催告したが、Aからは期間中に回答がなかった場合、Aは追認を拒絶したものと推定される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q852. 9人中5人正解 55.5% 548.20秒 将人(元・魔神)  A・Bが不動産取引を行ったところ、その後に、Cがこの不動産についてBと新たな取引関係に入った。この場合のCの立場に関して、判例に照らし、AからBに不動産の売却が行われ、BはこれをさらにCに転売したところ、AがBの詐欺を理由に売買契約を取り消した場合に、Cは善意であれば登記を備えなくても保護される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q853. 7人中4人正解 57.1% 187.00秒 将人(元・魔神)  A・Bが不動産取引を行ったところ、その後に、Cがこの不動産についてBと新たな取引関係に入った。この場合のCの立場に関して、判例に照らし、AからBに不動産の売却が行われた後に、AがBの詐欺を理由に売買契約を取り消したにもかかわらず、Bがこの不動産をCに転売してしまった場合に、Cは善意であっても登記を備えなければ保護されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q854. 8人中5人正解 62.5% 46619.60秒 将人(元・魔神)  A・Bが不動産取引を行ったところ、その後に、Cがこの不動産についてBと新たな取引関係に入った。この場合のCの立場に関して、判例に照らし、AからBに不動産の売却が行われ、BはこれをさらにCに転売したところ、Bに代金不払いが生じたため、AはBに対し相当の期間を定めて履行を催告したうえで、その売買契約を解除した場合に、Cは善意であれば登記を備えなくても保護される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q855. 4人中2人正解 50.0% 23338.50秒 将人(元・魔神)  A・Bが不動産取引を行ったところ、その後に、Cがこの不動産についてBと新たな取引関係に入った。この場合のCの立場に関して、判例に照らし、AからBに不動産の売却が行われたが、Bに代金不払いが生じたため、AはBに対し相当の期間を定めて履行を催告したうえで、その売買契約を解除した場合に、Bから解除後にその不動産を買い受けたCは、善意であっても登記を備えなければ保護されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q856. 7人中6人正解 85.7% 386.83秒 将人(元・魔神)  A・Bが不動産取引を行ったところ、その後に、Cがこの不動産についてBと新たな取引関係に入った。この場合のCの立場に関して、判例に照らし、AからBに不動産の売却が行われ、BはこれをさらにCに転売したところ、A・Bの取引がA・Bにより合意解除された場合に、Cは善意であっても登記を備えなければ保護されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q857. 10人中4人正解 40.0% 7829.75秒 将人(元・魔神)  Aは、自己所有の土地につき、Bとの間で賃貸借契約を締結した(賃借権の登記は未了)。AがBにこの土地の引渡しをしようとしたところ、この契約の直後にCがAに無断でこの土地を占拠し、その後も資材置場として使用していることが明らかとなった。Cは明渡請求に応ずる様子もないため、AとBは、Cに対して、Aが、Cの行為を不法行為として損害賠償請求をすることを検討している。この対応は民法の規定および判例に照らし、妥当である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q858. 9人中4人正解 44.4% 30.00秒 将人(元・魔神)  Aは、自己所有の土地につき、Bとの間で賃貸借契約を締結した(賃借権の登記は未了)。AがBにこの土地の引渡しをしようとしたところ、この契約の直後にCがAに無断でこの土地を占拠し、その後も資材置場として使用していることが明らかとなった。Cは明渡請求に応ずる様子もないため、AとBは、Cに対して、Aが、自己の土地所有権に基づき土地明渡請求をすることを検討している。この対応は民法の規定および判例に照らし、妥当である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q859. 10人中6人正解 60.0% 2619.33秒 将人(元・魔神)  Aは、自己所有の土地につき、Bとの間で賃貸借契約を締結した(賃借権の登記は未了)。AがBにこの土地の引渡しをしようとしたところ、この契約の直後にCがAに無断でこの土地を占拠し、その後も資材置場として使用していることが明らかとなった。Cは明渡請求に応ずる様子もないため、AとBは、Cに対して、Bが、自己の不動産賃借権に基づき土地明渡請求をすることを検討している。この対応は民法の規定および判例に照らし、妥当である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q860. 4人中2人正解 50.0% 17628.00秒 将人(元・魔神)  Aは、自己所有の土地につき、Bとの間で賃貸借契約を締結した(賃借権の登記は未了)。AがBにこの土地の引渡しをしようとしたところ、この契約の直後にCがAに無断でこの土地を占拠し、その後も資材置場として使用していることが明らかとなった。Cは明渡請求に応ずる様子もないため、AとBは、Cに対して、Bが、占有回収の訴えに基づき土地明渡請求をすることを検討している。この対応は民法の規定および判例に照らし、妥当である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q861. 6人中4人正解 66.6% 26.25秒 将人(元・魔神)  Aは、自己所有の土地につき、Bとの間で賃貸借契約を締結した(賃借権の登記は未了)。AがBにこの土地の引渡しをしようとしたところ、この契約の直後にCがAに無断でこの土地を占拠し、その後も資材置場として使用していることが明らかとなった。Cは明渡請求に応ずる様子もないため、AとBは、Cに対して、Bが、AがCに対して行使することができる、所有権に基づく土地明渡請求権を代位行使することを検討している。この対応は民法の規定および判例に照らし、妥当である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q862. 9人中4人正解 44.4% 13921.25秒 将人(元・魔神)  AはBに金銭を貸し付け、この貸金債権を担保するためにB所有の土地の上に建っているB所有の建物に抵当権の設定を受けて、その登記を備えた。民法の規定および判例に照らし、Aの抵当権が実行された場合、抵当権設定時に建物内に置いていたB所有の家電製品のテレビには抵当権の効力は及ばない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q863. 6人中3人正解 50.0% 230.33秒 将人(元・魔神)  AはBに金銭を貸し付け、この貸金債権を担保するためにB所有の土地の上に建っているB所有の建物に抵当権の設定を受けて、その登記を備えた。民法の規定および判例に照らし、抵当権設定時にB所有の土地の登記名義はCであった場合でも、抵当権実行により買受人Dのために法定地上権が成立する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q864. 5人中3人正解 60.0% 134.00秒 将人(元・魔神)  AはBに金銭を貸し付け、この貸金債権を担保するためにB所有の土地の上に建っているB所有の建物に抵当権の設定を受けて、その登記を備えた。民法の規定および判例に照らし、抵当権設定登記後にBが同抵当建物をEに賃貸した場合、BのAに対する債務不履行後に生じた賃料について抵当権の効力が及ぶので、抵当権の実行としてAはこの賃料から優先的に弁済を受けることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q865. 8人中6人正解 75.0% 11276.00秒 将人(元・魔神)  AはBに金銭を貸し付け、この貸金債権を担保するためにB所有の土地の上に建っているB所有の建物に抵当権の設定を受けて、その登記を備えた。民法の規定および判例に照らし、抵当権設定登記後にBが同抵当建物をFに賃貸した場合、対抗要件を備えた短期の賃貸借であっても、賃借人Fは抵当権実行による買受人Gに対抗できない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q866. 11人中7人正解 63.6% 4967.85秒 将人(元・魔神)  AはBに金銭を貸し付け、この貸金債権を担保するためにB所有の土地の上に建っているB所有の建物に抵当権の設定を受けて、その登記を備えた。民法の規定および判例に照らし、抵当権設定登記後にBが同抵当建物をHに賃貸してHがその旨の登記を備えた場合、抵当権実行による買受人Iからの明渡請求に対して、賃借人Hは、明渡しまでの使用の対価を支払うことなく、6ヶ月の明渡猶予期間を与えられる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q867. 8人中5人正解 62.5% 11097.80秒 将人(元・魔神)  AがBに対して自己所有の家屋を売る契約をした場合に関して、判例に照らし、Aが当該家屋をBに引き渡すまでの間は善管注意義務をもって当該家屋を保存・管理しなければならないので、Aの履行遅滞中に不可抗力で当該家屋が滅失してもAが善管注意義務を尽くしていれば責任を負わない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q868. 11人中6人正解 54.5% 2129.83秒 将人(元・魔神)  AがBに対して自己所有の家屋を売る契約をした場合に関して、判例に照らし、Bが登記を備える前に、AがCに対して当該家屋を二重に売ってしまった場合、CがBより先に仮登記を備えたときでも、AのBに対する債務は未だ履行不能とはならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q869. 7人中5人正解 71.4% 5960.20秒 将人(元・魔神)  AがBに対して自己所有の家屋を売る契約をした場合に関して、判例に照らし、Bが登記を備える前に、AがBへの譲渡を知っているDに対して当該家屋を二重に売ってしまい、登記を移転してしまった場合、Bは、それだけではDに対して債権侵害を理由とする不法行為責任を追及できない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q870. 9人中5人正解 55.5% 12983.00秒 将人(元・魔神)  AがBに対して自己所有の家屋を売る契約をした場合に関して、判例に照らし、Bが登記を備える前に、AがBへの譲渡を知らないEに対して当該家屋を二重に売ってしまい、登記を移転してしまった場合、BがAに対して履行不能による損害賠償を請求するときは、価格が騰貴しつつあるという特別の事情があれば、転売・処分の可能性がなくても、騰貴前に処分したことが予想されない限り、騰貴した現在の価格を特別損害とすることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q871. 6人中4人正解 66.6% 394.75秒 将人(元・魔神)  AがBに対して自己所有の家屋を売る契約をした場合に関して、判例に照らし、Bが登記を備える前に、Aが、Bを害することを知っているFと通謀して当該家屋をFに対して代物弁済し、登記を移転してしまった場合、Aがその結果無資力となれば、Bは、A・F間の代物弁済を、詐害行為を理由に取り消すことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q872. 7人中4人正解 57.1% 14.00秒 将人(元・魔神)  A、B、C三人がDから自動車1台を購入する契約をし、その売買代金として300万円の債務を負っている場合の売買代金債務は金銭債務であるので不可分債務となることはないため、Dは、A、B、Cに対して、それぞれ100万円の代金支払請求しかすることができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q873. 9人中4人正解 44.4% 5318.00秒 将人(元・魔神)  A、B、C三人がDから自動車1台を購入する契約をし、その売買代金として300万円の債務を負っている場合、Aは、Dに対して、A、B、C三人のために自動車の引渡しを請求することができるが、Dは、A、B、C三人のためであるとしても、Aに対してだけ自動車の引渡しをすることはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q874. 6人中5人正解 83.3% 1543.80秒 将人(元・魔神)  A、B、C三人がDから自動車1台を購入する契約をし、その売買代金として300万円の債務を負っている場合、購入した自動車がA、B、C三人の共有となった場合には、Aは、自動車の全部について、その持分に応じた使用をすることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q875. 7人中3人正解 42.8% 797.66秒 将人(元・魔神)  A、B、C三人がDから自動車1台を購入する契約をし、その売買代金として300万円の債務を負っている場合、自動車の売買代金300万円について、A、B、Cの三人が連帯債務を負担する場合において、Aの債務についてだけ消滅時効が完成したときは、Aの負担部分については、BおよびCも、その債務を免れる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q876. 9人中7人正解 77.7% 1035.14秒 将人(元・魔神)  A、B、C三人がDから自動車1台を購入する契約をし、その売買代金として300万円の債務を負っている場合、自動車の売買代金300万円について、A、B、Cの三人が連帯債務を負担する場合において、Aについては制限行為能力を理由に契約の取消しが認められるときには、Aの負担部分については、BおよびCも、その債務を免れる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q877. 6人中4人正解 66.6% 56809.50秒 将人(元・魔神)  相殺に関して、相殺の効力が生じるものをすべて挙げた場合、民法の規定および判例に照らし、AがBに対して平成20年5月5日を弁済期とする300万円の売掛代金債権を有し、BがAに対して平成20年7月1日を弁済期とする400万円の貸金債権を有している。この場合に、平成20年5月10日にAがBに対してする相殺。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q878. 12人中7人正解 58.3% 17372.42秒 将人(元・魔神)  相殺に関して、相殺の効力が生じるものをすべて挙げた場合、民法の規定および判例に照らし、AがBに対して平成18年5月5日を弁済期とする300万円の貸金債権を有していたところ、平成18年7月1日にAがBに対して暴力行為をはたらき、平成20年7月5日に、Aに対してこの暴力行為でBが被った損害300万円の賠償を命ずる判決がなされた。この場合に、平成20年7月5日にAがBに対してする相殺。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q879. 13人中7人正解 53.8% 12756.57秒 将人(元・魔神)  相殺に関して、相殺の効力が生じるものをすべて挙げた場合、民法の規定および判例に照らし、A銀行がBに対して平成19年7月30日に期間1年の約定で貸し付けた400万円の貸金債権を有し、他方、BがA銀行に対して平成20年7月25日を満期とする400万円の定期預金債権を有していたところ、Bの債権者CがBのA銀行に対する当該定期預金債権を差し押さえた。この場合に、平成20年8月1日にA銀行がBに対してする相殺。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q880. 4人中2人正解 50.0% 9708.00秒 将人(元・魔神)  養子縁組に関して、民法の規定および判例に照らし、配偶者のある者が成年者を養子とする場合には、原則として配偶者の同意を得なければならないが、配偶者がその意思を表示することができない場合には、その同意を得ないで縁組をすることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q881. 16人中13人正解 81.2% 40033.07秒 将人(元・魔神)  養子縁組に関して、民法の規定および判例に照らし、配偶者のある者が未成年者を養子とする場合には、原則として配偶者と共に縁組をしなければならないが、配偶者の嫡出である子を養子とする場合には、単独で縁組をすることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q882. 12人中5人正解 41.6% 733.60秒 将人(元・魔神)  養子縁組に関して、民法の規定および判例に照らし、配偶者のある者が未成年者を養子とする場合には、原則として配偶者と共に縁組をしなければならないが、配偶者もまた未成年者である場合には、単独で縁組をすることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q883. 10人中7人正解 70.0% 20258.14秒 将人(元・魔神)  養子縁組に関して、民法の規定および判例に照らし、真実の親子関係がない親から嫡出である子として出生の届出がされている場合には、その出生の届出は無効であるが、その子が成年に達した後はその出生の届出を養子縁組の届出とみなすことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q884. 11人中6人正解 54.5% 16692.33秒 将人(元・魔神)  養子縁組に関して、民法の規定および判例に照らし、真実の親子関係がない戸籍上の親が15歳未満の子について代諾による養子縁組をした場合には、その代諾による縁組は一種の無権代理によるものであるから、その子は、15歳に達した後はその縁組を追認することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q885. 12人中3人正解 25.0% 8355.66秒 将人(元・魔神)  株式会社の株主等の閲覧権に関して、単独株主Aは、甲会社の株式を市場において1000株取得した時点で、甲会社の株主構成を知りたいと考えた。Aは、営業時間内であれば、いつでも甲会社の株主名簿を閲覧することができる。なお、甲株式会社(以下、甲会社という)は、会社法上の公開会社とする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q886. 9人中5人正解 55.5% 46755.40秒 将人(元・魔神)  株式会社の株主等の閲覧権に関して、甲会社の債権者Bは、甲会社からの債権放棄の要請に対して、甲会社の取締役等の責任追及をしたいと考えている。Bは、責任追及のための情報を得るために、営業時間内であれば、いつでも甲会社の取締役会議事録を閲覧することができる。なお、甲株式会社(以下、甲会社という)は、会社法上の公開会社とする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q887. 6人中4人正解 66.6% 35276.25秒 将人(元・魔神)  株式会社の株主等の閲覧権に関して、単独株主Cは、甲会社が会社の事業とは無関係な美術品を高額で取得したことは、会社財産を著しく減少させ、甲会社に多大な損害を被らせるおそれがあると考えている。Cは、そのことを裏付けるために、営業時間内であれば甲会社の会計帳簿を閲覧することができる。なお、甲株式会社(以下、甲会社という)は、会社法上の公開会社とする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q888. 8人中6人正解 75.0% 14530.83秒 将人(元・魔神)  株式会社の株主等の閲覧権に関して、甲会社の株券を保有しているDは、自己の債権者であるEに、売掛債権の担保としてその株券を略式質として提供したいと申し出た。Eは、甲会社の株主ではないが、Dの保有する株券が喪失株券でないことを確認するために、営業時間内であれば、いつでも甲会社の株券喪失登録簿を閲覧することができる。なお、甲株式会社(以下、甲会社という)は、会社法上の公開会社とする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q889. 9人中2人正解 22.2% 192253.50秒 将人(元・魔神)  株式会社の株主等の閲覧権に関して、単独株主Fは、甲会社の経営が一気に悪化した原因が、甲会社に対する親会社の経営支配によるものであると考えている。Fは、この事実関係を確認するために、裁判所の許可を得て、当該親会社の取締役会議事録を閲覧することができる。なお、甲株式会社(以下、甲会社という)は、会社法上の公開会社とする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q890. 8人中4人正解 50.0% 1518.75秒 将人(元・魔神)  会社法上の公開会社であって取締役会設置会社の代表取締役の権限に関して、取締役会は3ヶ月に1回以上招集しなければならないが、その招集権者を代表取締役とすることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q891. 7人中5人正解 71.4% 19625.40秒 将人(元・魔神)  会社法上の公開会社であって取締役会設置会社の代表取締役の権限に関して、取締役の職務の執行が法令および定款に適合するための体制(いわゆる内部統制システム)の整備については、代表取締役が決定する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q892. 9人中3人正解 33.3% 6294.00秒 将人(元・魔神)  会社法上の公開会社であって取締役会設置会社の代表取締役の権限に関して、代表取締役は、会社の業務に関する一切の裁判上の権限を有するため、取締役の義務違反により会社に損害が生じた場合に、当該取締役に対する責任追及のための訴訟を提起する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q893. 7人中3人正解 42.8% 17744.66秒 将人(元・魔神)  会社法上の公開会社であって取締役会設置会社の代表取締役の権限に関して、代表取締役は、取締役会決議に基づいて、代表権の一部を他の取締役に委譲することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q894. 7人中3人正解 42.8% 21.66秒 将人(元・魔神)  会社法上の公開会社であって取締役会設置会社の代表取締役の権限に関して、取締役会は、法定事項や重要な業務執行について決定権限を有するが、それ以外については、代表取締役に、業務執行の決定を委任することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q895. 6人中3人正解 50.0% 1338.66秒 将人(元・魔神)  株式会社における剰余金の配当に関して、剰余金の配当により株主に交付される金銭等の帳簿価額の総額は、剰余金の配当が効力を生ずる日における分配可能額を超えてはならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q896. 10人中3人正解 30.0% 30.00秒 将人(元・魔神)  株式会社における剰余金の配当に関して、剰余金の配当においては、株主総会の決議により、当該会社の株式、新株予約権または社債を配当財産とすることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q897. 9人中6人正解 66.6% 8074.16秒 将人(元・魔神)  株式会社における剰余金の配当に関して、取締役会設置会社は、1事業年度の途中において1回に限り、取締役会決議により剰余金の配当(中間配当)をすることができる旨を定款で定めることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q898. 7人中5人正解 71.4% 23872.80秒 将人(元・魔神)  株式会社における剰余金の配当に関して、純資産の額が300万円を下回る場合には、剰余金の配当をすることができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q899. 6人中4人正解 66.6% 21208.50秒 将人(元・魔神)  株式会社における剰余金の配当に関して、会社が自己株式を有する場合には、株主とともに当該会社も剰余金の配当を受けることができるが、配当財産の額は利益準備金に計上しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q900. 6人中6人正解 100.0% 4979.50秒 将人(元・魔神)  匿名組合に関して、匿名組合員は、信用や労務を出資の目的とすることはできず、金銭その他の財産のみをその出資の目的とすることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q901. 6人中2人正解 33.3% 15.00秒 将人(元・魔神)  匿名組合に関して、匿名組合員による出資は、組合の財産を形成することはなく、営業者の財産に属する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q902. 10人中5人正解 50.0% 7428.00秒 将人(元・魔神)  匿名組合に関して、匿名組合員は、営業者の行為について、第三者に対して権利および義務を有しないが、匿名組合員が自己の商号などを営業者の商号として使用することを許諾したときには、その使用以後に生じた債務について、営業者と連帯してこれを弁済する責任を負う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q903. 11人中7人正解 63.6% 13261.71秒 将人(元・魔神)  匿名組合に関して、匿名組合員は、営業者の業務を執行し、または営業者を代表することができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q904. 14人中9人正解 64.2% 11422.22秒 将人(元・魔神)  匿名組合に関して、匿名組合契約が終了したときは、営業者は、匿名組合員に対してその出資の価額を返還しなければならず、出資が損失によって減少した場合には、営業者は、その減少額をてん補して匿名組合員に出資の価額を返還する義務を負う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q905. 18人中11人正解 61.1% 7102.27秒 将人(元・魔神)  近代の政治思想に関して、イギリスの法律家コーク(クック)は、「国王はいかなる人の下にも立たないが、神と法の下にある」というブラクトンの言葉を引いて、王権神授説を信奉する国王を諌め、これが「法の支配」の確立につながった。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q906. 3人中2人正解 66.6% 10.00秒 将人(元・魔神)  近代の政治思想に関して、イギリスの哲学者ホッブズは、『リヴァイアサン』において、人間は自然状態では「万人の万人に対する闘争」が生じるため、絶対権力者の存在を認めなければならないとし、社会契約説を否定した。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q907. 13人中7人正解 53.8% 15770.85秒 将人(元・魔神)  近代の政治思想に関して、イギリスの政治思想家ロックは、『市民政府二論』において、自然権を保障するため人びとは契約を結び国家をつくると考え、政府が自然権を守らないとき人民は抵抗権をもつとし、イギリス名誉革命を擁護した。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q908. 11人中6人正解 54.5% 3954.00秒 将人(元・魔神)  近代の政治思想に関して、フランスの啓蒙思想家ルソーは、『社会契約論』において、人間が社会契約によって国家をつくってからも真に自由で平等であるためには、全体の利益をめざす全人民の一般意思による統治を主張し、フランス革命に影響を与えた。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q909. 6人中2人正解 33.3% 384.50秒 将人(元・魔神)  近代の政治思想に関して、フランスの啓蒙思想家モンテスキューは、『法の精神』において、各国の政治体制を比較しながら、自由と権力の均衡の重要性を説き、立法・執行・司法を異なる機関に担当させる三権分立制を提唱して、近代民主政治に大きな影響を与えた。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q910. 5人中2人正解 40.0% 27.00秒 将人(元・魔神)  稟議(りんぎ)制に関して、稟議制は、決定権者の指示の下で、職場の第一線の職員が起案書を作成し、それを関係各部署に回議し、決裁にいたる意思決定の方式であり、トップ・ダウンとボトム・アップの調和を考えた制度である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q911. 9人中4人正解 44.4% 13895.25秒 将人(元・魔神)  稟議(りんぎ)制に関して、稟議制は、わが国においては、行政機関だけでなく民間企業においても用いられてきた。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q912. 12人中6人正解 50.0% 27736.00秒 将人(元・魔神)  稟議(りんぎ)制に関して、稟議制は、日常的な意思決定に際して、組織のトップが各部署の責任者を招集して合議のうえで行う意思決定の方式であり、トップの意向を組織に浸透させるうえで有効な制度とされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q913. 7人中3人正解 42.8% 5782.33秒 将人(元・魔神)  稟議(りんぎ)制に関して、稟議制は、関係する構成員が決定過程に参加でき、その間で情報を共有しやすいという利点がある一方で、最終決定にいたるまで時間がかかるという短所があるとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q914. 12人中10人正解 83.3% 7223.10秒 将人(元・魔神)  稟議(りんぎ)制に関して、情報技術の発達に伴う電子決裁や電子メールの浸透によって、行政機関においても稟議制による意思決定の方式はとられなくなっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q915. 11人中8人正解 72.7% 4364.00秒 将人(元・魔神)  日本の資源や産業の現状に関して、森林資源に恵まれた国土であるが、木材供給量をみると、輸入材が国産材を上回っており、外材依存の傾向にある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q916. 11人中7人正解 63.6% 2446.14秒 将人(元・魔神)  日本の資源や産業の現状に関して、農家世帯の高齢化にともなう耕作放棄地の増加や、外食産業による輸入米の利用増などを背景として、米の自給率は50%台にまで下落した。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q917. 11人中4人正解 36.3% 7017.25秒 将人(元・魔神)  日本の資源や産業の現状に関して、漁業生産量は減少傾向が続いており、近年では、重量ベースでみた魚介類の自給率は30%を下回っている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q918. 9人中3人正解 33.3% 13748.00秒 将人(元・魔神)  日本の資源や産業の現状に関して、二度の石油危機をきっかけに、石油依存型のエネルギー構成の見直しが進められ、今日では、原子力が一次エネルギーの50%以上を占めるようになった。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q919. 12人中5人正解 41.6% 2074.40秒 将人(元・魔神)  日本の資源や産業の現状に関して、金属鉱山の数は減少の一途をたどっており、金属資源の安定的な確保のために、海外での資源開発の支援や、廃棄パソコンなどのリサイクル事業が行われている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q920. 11人中7人正解 63.6% 19819.85秒 将人(元・魔神)  日本の社会保障制度に関して、社会保障制度は、社会保険、公的扶助、公衆衛生、社会福祉の四つの柱から成り立つとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q921. 10人中6人正解 60.0% 9906.00秒 将人(元・魔神)  日本の社会保障制度に関して、医療保険は、民間の給与所得者などを対象とする健康保険、農業・自営業者などを対象とする国民健康保険、公務員などを対象とする共済組合保険などに分立している。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q922. 9人中5人正解 55.5% 17222.20秒 将人(元・魔神)  日本の社会保障制度に関して、生活保護の受給者については、生活保護による給付があるため、介護保険の被保険者にならない制度がとられている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q923. 9人中4人正解 44.4% 8817.25秒 将人(元・魔神)  日本の社会保障制度に関して、介護保険法では、介護サービスを利用する際の利用者負担として費用の1割を負担する原則がとられているが、市町村の条例によってこの負担割合を増減することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q924. 10人中4人正解 40.0% 4217.75秒 将人(元・魔神)  日本の社会保障制度に関して、年金保険の財源調達方式について、かつては賦課方式を採用していたが、制度改正により、しだいに積立方式に移行している。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q925. 6人中1人正解 16.6% 3.00秒 将人(元・魔神)  行政機関個人情報保護法(行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律)に関して、この法律は、個人情報を取り扱う国の行政機関の遵守義務を定めることにより、行政の適正かつ円滑な運営を図りつつ、個人の権利利益を保護することを目的とする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q926. 11人中8人正解 72.7% 61119.50秒 将人(元・魔神)  行政機関個人情報保護法(行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律)に関して、この法律における「行政機関」とは、個人情報データベース等を行政運営に用いる国の行政機関であって、独立行政法人等を除いたものをいう。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q927. 5人中2人正解 40.0% 80587.50秒 将人(元・魔神)  行政機関個人情報保護法(行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律)に関して、行政機関の長は、利用目的の達成に必要な範囲内で、保有個人情報を過去または現在の事実と合致させるよう努めなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q928. 11人中9人正解 81.8% 1543.88秒 将人(元・魔神)  行政機関個人情報保護法(行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律)に関して、保有個人情報の開示請求は、行政機関の長に対し、開示請求者の氏名および住所等の所定事項を記載した開示請求書を提出して行わなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q929. 9人中6人正解 66.6% 7412.00秒 将人(元・魔神)  行政機関個人情報保護法(行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律)に関して、行政機関の長は、開示請求に係る保有個人情報に不開示情報が含まれている場合には、開示請求者に対し、原則として当該保有個人情報を開示してはならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q930. 6人中2人正解 33.3% 15670.00秒 将人(元・魔神)  個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)と行政機関個人情報保護法(行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律)とを比較した場合、個人情報の定義について、個人情報保護法における「個人情報」は死者を含まないが、行政機関個人情報保護法における「個人情報」は死者を含む概念である、と定められている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q931. 12人中7人正解 58.3% 1762.42秒 将人(元・魔神)  個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)と行政機関個人情報保護法(行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律)とを比較した場合、行政機関個人情報保護法にいう「個人情報ファイル」とは、保有個人情報を含む情報の集合物で体系性、検索性のあるもののことをいい、これは個人情報保護法にいう「保有個人データ」という概念にほぼ等しい。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q932. 7人中4人正解 57.1% 10132.50秒 将人(元・魔神)  個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)と行政機関個人情報保護法(行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律)とを比較した場合、行政機関個人情報保護法では、法人が個人と同様に自己を本人とする情報の開示・訂正等を請求することはできないが、民間部門を対象とする個人情報保護法ではこれが認められている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q933. 8人中2人正解 25.0% 55557.00秒 将人(元・魔神)  個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)と行政機関個人情報保護法(行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律)とを比較した場合、行政機関個人情報保護法に基づく訂正請求は、その前に開示請求を行わなければならないが、個人情報保護法に基づく訂正の求めの場合には、開示の求めを前置することは要件ではない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q934. 1人中1人正解 100.0% 495.00秒 将人(元・魔神)  個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)と行政機関個人情報保護法(行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律)とを比較した場合、開示決定等についての不服申立て案件に関して、行政機関個人情報保護法は情報公開・個人情報保護審査会への、個人情報保護法は認定個人情報保護団体への諮問を予定している。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q935. 6人中2人正解 33.3% 4940.50秒 将人(元・魔神)  いわゆる「e−文書通則法」(民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律)に関して、この法律は、法令の規定により民間事業者等が行う書面の保存等に関し、電磁的方法により行うことを義務づけるに際しての共通事項を定めるものである。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q936. 8人中4人正解 50.0% 135899.25秒 将人(元・魔神)  いわゆる「e−文書通則法」(民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律)に関してこの法律は、文書内容の重要性や改ざんのおそれ等に応じて、書面の電子保存の具体的な方法や要件を統一的に定めている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q937. 4人中1人正解 25.0% 2303.00秒 将人(元・魔神)  いわゆる「e−文書通則法」(民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律)に関してこの法律は、地方公共団体が条例や規則により書面による保存等を義務づけている文書についても直接に適用される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q938. 8人中4人正解 50.0% 313.00秒 将人(元・魔神)  いわゆる「e−文書通則法」(民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律)に関してこの法律は、紙で作成された書類をスキャナで読み込んだイメージファイルなど(電子化文書)も一定の技術要件を満たせば原本とみなすことを認めている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q939. 10人中7人正解 70.0% 243.85秒 将人(元・魔神)  いわゆる「e−文書通則法」(民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律)に関してこの法律は、書類の作成と保存については電磁的方法によることを認めたが、利用段階で書面の縦覧等に代えて情報のディスプレイ表示を利用することは認めていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q940. 9人中5人正解 55.5% 635.40秒 将人(元・魔神)  情報セキュリティ技術に関して、電子署名とは、実社会の手書きサイン(署名)や押印を電子的に代用しようとする技術であって、作成名義の同一性(本人性)および内容の同一性(非改ざん性)を確認することができるものをいう。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q941. 13人中7人正解 53.8% 31516.28秒 将人(元・魔神)  情報セキュリティ技術に関して、ファイアーウォールとは、「防火壁」を意味し、インターネットから送られるパケットを識別することを通じて、不正侵入やアタック等をリアルタイムで監視し、管理者に警告するシステムをいう。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q942. 3人中1人正解 33.3% 3.00秒 将人(元・魔神)  情報セキュリティ技術に関して、バイオメトリクス認証とは、指紋、声紋、虹彩、静脈の血管形状パターンなど、個々人の生体固有の情報を用いて本人確認を行う方式をいい、出入国管理や金融の分野における利用が進められている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q943. 7人中5人正解 71.4% 4971.80秒 将人(元・魔神)  情報セキュリティ技術に関して、電子透かしとは、画像、映像、音声などのデジタル・データに、人間の知覚では判別できない特定の情報を埋め込む技術であって、著作権保護技術として用いられることが多い。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q944. 13人中8人正解 61.5% 11012.12秒 将人(元・魔神)  情報セキュリティ技術に関して、侵入検知システムとは、セキュリティ対策用のソフトウェアの一つであり、外部と内部のネットワークを結ぶ箇所に導入することを通じて、データの出入口の段階で不正な攻撃を検知する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q945. 6人中4人正解 66.6% 10567.00秒 将人(元・魔神)  インターネットおよびその利用に関して、インターネットの歴史は、アメリカで国防用を主目的として開発されたコンピュタネットワークの構築に遡るといわれる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q946. 7人中3人正解 42.8% 68012.00秒 将人(元・魔神)  インターネットおよびその利用に関して、IPアドレスとは、インターネットに接続しているコンピュータごとに振られている識別番号のことである。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q947. 6人中0人正解 0.0% 0.00秒 将人(元・魔神)  インターネットおよびその利用に関して、クッキーとは、Webぺ一ジにアクセスした利用者を、Web・サーバ側でチェックするための機能である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q948. 10人中4人正解 40.0% 29289.25秒 将人(元・魔神)  インターネットおよびその利用に関して、Web0とは、ネットワーク型、双方向型の高度な機能を有するビジネスを、旧来のビジネスモデル(O)と比べた表現である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q949. 10人中3人正解 30.0% 16794.33秒 将人(元・魔神)  インターネットおよびその利用に関して、ウィキペディア(Wikipedia)とは、イギリス発祥の出版事業者が運営する百科事典の無償オンラインサービスのことである。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q950. 11人中6人正解 54.5% 10429.66秒 将人(元・魔神)  法律・政省令・条例など、各種の法規の概念や相互の関係等に関して、地方議会が制定する法規が「条例」、知事や市町村長など自治体の長ならびに教育委員会、公安委員会などの行政委員会が定める法規が「命令」であって、総称した概念が「条令」である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q951. 6人中2人正解 33.3% 45487.50秒 将人(元・魔神)  法律・政省令・条例など、各種の法規の概念や相互の関係等に関して、法律と法律、条例と条例など、形式的な効力が同等の法規の間に矛盾抵触が生じる場合は、一般に、「特別法は一般法に優先する」「後法は前法に優先する」という法原則に従って処理されることになる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q952. 12人中11人正解 91.6% 11776.72秒 将人(元・魔神)  法律・政省令・条例など、各種の法規の概念や相互の関係等に関して、教育基本法、環境基本法など「基本法」という名称を持つ法律は、法律の形式をとってはいるものの各議院の特別多数決を経て制定される特別の法律であるから、通常の法律をもって基本法の規定を改廃することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q953. 12人中9人正解 75.0% 1776.55秒 将人(元・魔神)  法律・政省令・条例など、各種の法規の概念や相互の関係等に関して、現行憲法は最高裁に対し、国会が制定した法律が憲法に適合するか否かを審査する違憲審査権を付与したが、この審査権の対象はあくまでも法律だけであるから、内閣の制定する政令や地方議会の制定する条例は違憲審査の対象にならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q954. 12人中6人正解 50.0% 114.33秒 将人(元・魔神)  「日本司法支援センター」(いわゆる「法テラス」のこと。以下、「支援センター」とする。)の業務に関して、支援センターは、利用者からの問合せに応じて、裁判等の法的紛争を解決するための法制度に関する情報、弁護士や隣接法律専門職者(以下、弁護士等という。)の業務および弁護士会や隣接法律専門職者の団体の活動に関する情報を無料で提供する業務を行う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q955. 13人中10人正解 76.9% 7286.00秒 将人(元・魔神)  「日本司法支援センター」(いわゆる「法テラス」のこと。以下、「支援センター」とする。)の業務に関して、支援センターは、利用者から個別の依頼に応じて、法的紛争の解決方法について指導および助言を無料で行い、利用者の資力が十分でない場合には、弁護士等の中から適当な者を紹介して、その報酬および費用を支払う業務を行う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q956. 8人中4人正解 50.0% 29378.50秒 将人(元・魔神)  「日本司法支援センター」(いわゆる「法テラス」のこと。以下、「支援センター」とする。)の業務に関して、支援センターは、刑事事件の被告人または被疑者に国選弁護人を付すべき場合において、裁判所からの求めに応じて国選弁護人の候補を指名して通知を行い、選任された国選弁護人にその事務を取り扱わせて、その報酬および費用を支払う業務を行う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q957. 8人中4人正解 50.0% 20310.25秒 将人(元・魔神)  「日本司法支援センター」(いわゆる「法テラス」のこと。以下、「支援センター」とする。)の業務に関して、支援センターは、いわゆる司法過疎地において、利用者からの個別の依頼に応じ、相当の対価を得て、適当な弁護士等に法律事務を取り扱わせる業務を行う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q958. 9人中6人正解 66.6% 10829.00秒 将人(元・魔神)  「日本司法支援センター」(いわゆる「法テラス」のこと。以下、「支援センター」とする。)の業務に関して、支援センターは、犯罪の被害者やその親族等に対して、刑事手続への適切な関与やその損害または苦痛の回復・軽減を図るための制度その他被害者やその親族等の援助を行う団体等の活動に関する情報を無料で提供する業務を行う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q959. 1人中0人正解 0.0% 0.00秒 将人(元・魔神)  権利の保障が確保されず、権力の分立がなされていない社会は、憲法をもっているとはいえない。これは「実質的意味の憲法」における「立憲的意味の憲法」について述べている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q960. 8人中6人正解 75.0% 40588.16秒 将人(元・魔神)  固有の意味での憲法を論ずるには、古代憲法、中世憲法、近代憲法、現代憲法の順で、社会の基本構造を歴史的に叙述する必要がある。これは「実質的意味の憲法」における「立憲的意味の憲法」について述べている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q961. 5人中3人正解 60.0% 73017.33秒 将人(元・魔神)  日本の憲法の歴史は、大日本帝国憲法の制定につながる、西洋諸国に対する「開国」を出発点として、叙述されなくてはならない。これは「実質的意味の憲法」における「立憲的意味の憲法」について述べている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q962. 7人中3人正解 42.8% 248.00秒 将人(元・魔神)  近代立憲主義が定着したフランス第三共和制においては、その体制の基本を定める法律を「憲法的」と形容して、憲法的法律と呼んでいた。これは「実質的意味の憲法」における「立憲的意味の憲法」について述べている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q963. 7人中5人正解 71.4% 13221.20秒 将人(元・魔神)  絶対君主制とは区別された意味での立憲君主制が、19世紀ヨーロッパの憲法体制では広く普及し、明治時代の日本もこれにならった。これは「実質的意味の憲法」における「立憲的意味の憲法」について述べている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q964. 9人中5人正解 55.5% 14494.20秒 将人(元・魔神)  精神的自由権に関して、判例の趣旨に照らし、憲法19条の「思想及び良心の自由」は、「信教の自由」(20条1項)の保障対象を宗教以外の世俗的な世界観・人生観等にまで拡大したものであるため、信教の自由の場合と同様に、固有の組織と教義体系を持つ思想・世界観のみが保護される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q965. 12人中8人正解 66.6% 13551.37秒 将人(元・魔神)  精神的自由権に関して、判例の趣旨に照らし、憲法19条の「思想及び良心の自由」は、国民がいかなる思想を抱いているかについて国家権力が開示を強制することを禁止するものであるため、謝罪広告の強制は、それが事態の真相を告白し陳謝の意を表するに止まる程度であっても許されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q966. 8人中6人正解 75.0% 20101.50秒 将人(元・魔神)  精神的自由権に関して、判例の趣旨に照らし、憲法20条1項の「信教の自由」は、公認された宗教に属さない宗教的少数派であった人たちにも、多数派と同等の法的保護を与えるために導入されたものであるため、すべての宗教に平等に適用される法律は違憲となることはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q967. 4人中3人正解 75.0% 2609.00秒 将人(元・魔神)  精神的自由権に関して、判例の趣旨に照らし、憲法20条3項は、国が宗教教育のように自ら特定宗教を宣伝する活動を行うことを禁止する趣旨であるため、宗教団体の行う宗教上の祭祀に際して国が公金を支出することが同項に違反することはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q968. 10人中5人正解 50.0% 254.60秒 将人(元・魔神)  精神的自由権に関して、判例の趣旨に照らし、憲法20条3項は、国と宗教とのかかわり合いが、その目的と効果に照らして相当な限度を超えた場合にこれを禁止する趣旨であるため、国公立学校で真摯な宗教的理由から体育実技を履修できない学生に対して代替措置を認めることを一切禁じるものではない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q969. 9人中5人正解 55.5% 689.40秒 将人(元・魔神)  衆議院と参議院の議決に一致がみられない状況において、クローズアップされてくるのが両院協議会の存在である。衆議院が先議した予算について参議院が異なった議決を行った場合は、両院協議会を必ずしも開かなくてもよいとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q970. 7人中6人正解 85.7% 44874.66秒 将人(元・魔神)  衆議院と参議院の議決に一致がみられない状況において、クローズアップされてくるのが両院協議会の存在である。内閣総理大臣の指名について衆参両院が異なった議決を行った場合は、両院協議会を必ずしも開かなくてもよいとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q971. 9人中5人正解 55.5% 20307.00秒 将人(元・魔神)  衆議院と参議院の議決に一致がみられない状況において、クローズアップされてくるのが両院協議会の存在である。衆議院で可決された法律案を参議院が否決した場合は、両院協議会を必ずしも開かなくてもよいとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q972. 8人中3人正解 37.5% 667.33秒 将人(元・魔神)  衆議院と参議院の議決に一致がみられない状況において、クローズアップされてくるのが両院協議会の存在である。衆議院が承認した条約を参議院が承認しない場合は、両院協議会を必ずしも開かなくてもよいとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q973. 7人中1人正解 14.2% 2974.00秒 将人(元・魔神)  衆議院と参議院の議決に一致がみられない状況において、クローズアップされてくるのが両院協議会の存在である。参議院が承認した条約を衆議院が承認しない場合は、両院協議会を必ずしも開かなくてもよいとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q974. 9人中7人正解 77.7% 712.14秒 将人(元・魔神)  行政計画に関して、土地利用を制限する用途地域などの都市計画の決定についても、侵害留保説によれば法律の根拠が必要である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q975. 8人中6人正解 75.0% 5096.00秒 将人(元・魔神)  行政計画に関して、広範な計画裁量については裁判所による十分な統制を期待することができないため、計画の策定は、行政手続法に基づく意見公募手続の対象となっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q976. 7人中1人正解 14.2% 34.00秒 将人(元・魔神)  行政計画に関して、計画策定権者に広範な裁量が認められるのが行政計画の特徴であるので、裁判所による計画裁量の統制は、重大な事実誤認の有無の審査に限られる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q977. 5人中2人正解 40.0% 421.50秒 将人(元・魔神)  行政計画に関して、都市計画法上の土地利用制限は、当然に受忍すべきとはいえない特別の犠牲であるから、損失補償が一般的に認められている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q978. 7人中6人正解 85.7% 1500.33秒 将人(元・魔神)  行政計画に関して、多数の利害関係者に不利益をもたらしうる拘束的な計画については、行政事件訴訟法において、それを争うための特別の訴訟類型が法定されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q979. 10人中8人正解 80.0% 15.50秒 将人(元・魔神)  行政機関に関して、行政庁とは、行政主体の意思を決定し、これを外部に表示する権限を有する行政機関をいう。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q980. 4人中4人正解 100.0% 7774.50秒 将人(元・魔神)  行政機関に関して、国家行政組織法には行政庁は独任制でなければならないとの規定があり、わが国には合議制の行政庁は存在しない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q981. 10人中6人正解 60.0% 8687.66秒 将人(元・魔神)  行政機関に関して、上級行政庁は下級行政庁に対して監視権や取消権などの指揮監督権を有するが、訓令権については認められていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q982. 3人中1人正解 33.3% 29.00秒 将人(元・魔神)  行政機関に関して、行政庁がその権限の一部を他の行政機関に委任した場合であっても、権限の所在自体は、委任した行政庁から受任機関には移らない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q983. 7人中6人正解 85.7% 797.33秒 将人(元・魔神)  行政機関に関して、法定の事実の発生に基づいて、法律上当然に行政機関の間に代理関係の生ずる場合を、授権代理という。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q984. 11人中5人正解 45.4% 545.80秒 将人(元・魔神)  行政強制に関して、法律の委任による条例に基づき行政庁により命ぜられた行為については、行政代執行法は適用されない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q985. 7人中4人正解 57.1% 13.00秒 将人(元・魔神)  行政強制に関して、義務の不履行があった場合、直接に義務者の身体や財産に実力を加えることを即時強制という。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q986. 10人中6人正解 60.0% 9925.33秒 将人(元・魔神)  行政強制に関して、執行罰は、制裁的な要素を有するため、同一の義務違反に対して複数回にわたり処することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q987. 6人中4人正解 66.6% 11225.00秒 将人(元・魔神)  行政強制に関して、強制徴収手続は、租税債務の不履行のみならず、法律の定めがある場合には、その他の金銭債権の徴収についても実施される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q988. 12人中9人正解 75.0% 8060.66秒 将人(元・魔神)  行政強制に関して、行政上の即時強制については、行政代執行法にその手続等に関する通則的な規定が置かれている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q989. 8人中7人正解 87.5% 18172.42秒 将人(元・魔神)  行政手続法が定める不利益処分に関して、弁明の機会の付与における弁明は、行政庁が書面ですることを認めたときを除き、指定された日時及び場所において、口頭で行うものとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q990. 6人中2人正解 33.3% 33683.50秒 将人(元・魔神)  行政手続法が定める不利益処分に関して、許認可等を取り消す不利益処分をしようとするときは、聴聞を行わなければならないとされているが、ここにいう許認可等を取り消す不利益処分には、行政法学上の取消しと撤回の双方が含まれる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q991. 9人中7人正解 77.7% 6726.14秒 将人(元・魔神)  行政手続法が定める不利益処分に関して、行政指導に従わない場合に行われる当該事実の公表は、行政手続法上、不利益処分とされ、それを行う場合は、弁明の機会の付与を行わなければならないと規定されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q992. 9人中5人正解 55.5% 2134.40秒 将人(元・魔神)  行政手続法が定める不利益処分に関して、聴聞において、当事者が利害関係者の参加を求めたにもかかわらず、行政庁がこれを不許可とした場合には、行政不服審査法に基づく不服申立てをすることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q993. 8人中4人正解 50.0% 3226.75秒 将人(元・魔神)  行政手続法が定める不利益処分に関して、申請に対して拒否処分を行う場合は、行政手続法上、不利益処分に該当するので、弁明の機会の付与を行わなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q994. 8人中5人正解 62.5% 5103.60秒 将人(元・魔神)  行政手続法1条が定める同法の目的に関して、行政手続法は、政府の諸活動について国民に説明する責務が全うされるようにすることを主な目的とする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q995. 4人中3人正解 75.0% 43092.33秒 将人(元・魔神)  行政手続法1条が定める同法の目的に関して、行政手続法は、行政運営における公正の確保と透明性の向上を図り、もって国民の権利利益の保護に資することを目的とする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q996. 9人中6人正解 66.6% 13.50秒 将人(元・魔神)  行政手続法1条が定める同法の目的に関して、行政手続法は、簡易迅述な手続による国民の権利利益の救済を図るとともに、行政の適正な運営を確保することを目的とする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q997. 14人中9人正解 64.2% 20141.33秒 将人(元・魔神)  行政手続法1条が定める同法の目的に関して、行政手続法は、国民の的確な理解と批判の下にある公正で民主的な行政の推進に資することを目的とする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q998. 11人中6人正解 54.5% 201.33秒 将人(元・魔神)  行政手続法1条が定める同法の目的に関して、行政手続法は、国の行政事務の能率的な遂行のために必要な組織を整えることによって、公務の民主的かつ能率的な運営を保障することを目的とする。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q999. 11人中5人正解 45.4% 11934.60秒 将人(元・魔神)  海技士等に対する懲戒処分を行うための海難審判所における審判・裁決の手続は、私人間紛争の裁定的性格を有する行政審判に該当する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1000. 7人中4人正解 57.1% 27.25秒 将人(元・魔神)  不当労働行為に係る救済命令のための労働委員会における審問・命令の手続は、私人間紛争の裁定的性格を有する行政審判に該当する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1001. 13人中10人正解 76.9% 24312.70秒 将人(元・魔神)  免許取消しのために実施される電波監理審議会における意見聴取手続は、私人間紛争の裁定的性格を有する行政審判に該当する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1002. 12人中5人正解 41.6% 5006.40秒 将人(元・魔神)  特許無効審判が請求された場合に行われる特許庁における審判断・審決の手続は、私人間紛争の裁定的性格を有する行政審判に該当する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1003. 11人中8人正解 72.7% 44214.37秒 将人(元・魔神)  暴力主義的破壊活動を行う団体に対する規制処分のための公安審査委員会における審査手続は、私人間紛争の裁定的性格を有する行政審判に該当する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1004. 13人中9人正解 69.2% 408.77秒 将人(元・魔神)  処分についての審査請求に対する裁決に関して、裁決には理由を附すこととされているが、これが附されていなくとも、裁決が違法となることはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1005. 11人中7人正解 63.6% 10575.42秒 将人(元・魔神)  処分についての審査請求に対する裁決に関して、裁決においては、違法を理由として処分を取消すことはできるが、不当を理由として取消すことはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1006. 7人中2人正解 28.5% 516.50秒 将人(元・魔神)  処分についての審査請求に対する裁決に関して、裁決は、書面ですることが原則であるが、緊急を要する場合は、口頭ですることも許される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1007. 8人中4人正解 50.0% 254.00秒 将人(元・魔神)  処分についての審査請求に対する裁決に関して、裁決に対して不服がある場合でも、これに対して行政事件訴訟法による取消訴訟を提起することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1008. 6人中4人正解 66.6% 602.75秒 将人(元・魔神)  処分についての審査請求に対する裁決に関して、裁決においては、処分を変更することが許される場合でも、これを審査請求人の不利益に変更することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1009. 10人中7人正解 70.0% 20573.00秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法に関して、国の行政庁がした処分に関する取消訴訟の被告は、国である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1010. 6人中4人正解 66.6% 192.50秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法に関して、国の行政庁が行うべき処分に関する不作為の違法確認訴訟の被告は、当該行政庁である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1011. 7人中5人正解 71.4% 6297.00秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法に関して、国の行政庁が行うべき処分に関する義務付け訴訟の被告は、当該行政庁である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1012. 11人中6人正解 54.5% 39465.66秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法に関して、国の行政庁が行おうとしている処分に関する差止め訴訟の被告は、当該行政庁である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1013. 2人中1人正解 50.0% 9819.00秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法に関して、国又は地方公共団体に所属しない行政庁がした処分に関する取消訴訟の被告は、当該行政庁である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1014. 10人中2人正解 20.0% 1078.00秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法に定められた仮の救済制度に関して、行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為については、行政事件訴訟法の定める執行停止、仮の義務付けおよび仮の差止めのほか、民事保全法に規定する仮処分を行うことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1015. 9人中3人正解 33.3% 354.33秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法に定められた仮の救済制度に関して、仮の義務付けおよび仮の差止めは、それぞれ義務付け訴訟ないし差止め訴訟を提起しなければ申し立てることができないが、執行停止については、取消訴訟または無効等確認訴訟を提起しなくても、単独でこれを申し立てることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1016. 8人中5人正解 62.5% 23621.00秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法に定められた仮の救済制度に関して、申請に対する拒否処分に対して執行停止を申し立て、それが認められた場合、当該申請が認められたのと同じ状態をもたらすことになるので、その限りにおいて当該処分について仮の義務付けが認められたのと変わりがない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1017. 11人中5人正解 45.4% 317.20秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法に定められた仮の救済制度に関して、執行停止は、本案について理由がないとみえるときはすることができないのに対して、仮の義務付けおよび仮の差止めは、本案について理由があるとみえるときでなければすることができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1018. 10人中6人正解 60.0% 4832.50秒 将人(元・魔神)  行政事件訴訟法に定められた仮の救済制度に関して、処分の執行停止は、当該処分の相手方のほか、一定の第三者も申し立てることができるが、処分の仮の義務付けおよび仮の差止めは、当該処分の相手方に限り申し立てることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1019. 7人中5人正解 71.4% 13515.00秒 将人(元・魔神)  行政事作訴訟法の定める当事者訴訟に関して、当事者間の法律関係を確認しまたは形成する処分に関する訴訟で法令の規定によりその法律関係の当事者の一方を被告とするものは、当事者訴訟である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1020. 9人中6人正解 66.6% 8044.16秒 将人(元・魔神)  行政事作訴訟法の定める当事者訴訟に関して、地方自治法の定める住民訴訟のうち、当該執行機関または職員に対する怠る事実の違法確認請求は、当事者訴訟である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1021. 7人中6人正解 85.7% 11590.83秒 将人(元・魔神)  行政事作訴訟法の定める当事者訴訟に関して、国または公共団体の機関相互間における権限の存否に関する紛争についての訴訟は、公法上の法律関係に関するものであるから、当事者訴訟である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1022. 7人中6人正解 85.7% 72.33秒 将人(元・魔神)  行政事作訴訟法の定める当事者訴訟に関して、行政庁が一定の処分をすべきであるにかかわらずこれがされないとき、行政庁がその処分をすべき旨を命ずることを求める訴訟は、当事者訴訟である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1023. 13人中8人正解 61.5% 7971.62秒 将人(元・魔神)  行政事作訴訟法の定める当事者訴訟に関して、公職選挙法に定める選挙無効訴訟は、国民の選挙権に関する訴訟であるから、当事者訴訟である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1024. 6人中3人正解 50.0% 15.66秒 将人(元・魔神)  国家賠償法2条にいう公の営造物に関して、公の営造物とは、国や公共団体が所有するすべての物的施設をいうわけではなく、公の用に供しているものに限られる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1025. 11人中8人正解 72.7% 43921.87秒 将人(元・魔神)  国家賠償法2条にいう公の営造物に関して、公の営造物の設置又は管理の瑕疵とは、公の営造物が通常有すべき安全性を欠いていることをいうが、賠償責任が成立するのは、当該安全性の欠如について過失があった場合に限られる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1026. 10人中5人正解 50.0% 9324.20秒 将人(元・魔神)  国家賠償法2条にいう公の営造物に関して、河川・海浜等の自然公物は公の営造物に当たらないが、これに付随する堤防や防波堤は人工公物であり公の営造物に当たるので、賠償責任が成立するのは、堤防等に起因する損害の場合に限られる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1027. 4人中2人正解 50.0% 28.00秒 将人(元・魔神)  国家賠償法2条にいう公の営造物に関して、公の営造物の管理者と費用負担者とが異なる場合、被害者に対して損害賠償責任を負うのは、費用負担者に限られる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1028. 13人中8人正解 61.5% 9032.37秒 将人(元・魔神)  国家賠償法2条にいう公の営造物に関して、公の営造物の設置または管理に起因する損害について賠償を請求することができるのは、その利用者に限られる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1029. 9人中6人正解 66.6% 29651.83秒 将人(元・魔神)  権限の不行使と国家賠償責任に関して、最高裁判所の判例に照らし、宅地建物取引業法に基づき免許を更新された業者が不正行為により個々の取引関係者に対して被害を負わせたとしても、当該免許制度は業者の人格・資質等を一般的に保証するものとはにわかに解しがたく、免許権者が更新を拒否しなかったことは、被害を受けた者との関係において直ちに国家賠償法1条1項の適用上違法となるものではない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1030. 11人中7人正解 63.6% 19054.71秒 将人(元・魔神)  権限の不行使と国家賠償責任に関して、医薬品の副作用による被害が発生した場合であっても、監督権者が当該被害の発生を防止するために監督権限を行使しなかった不作為は、不作為当時の医学的・薬学的知見の下で当該医薬品の有用性が否定されるまでに至っていない場合には、被害を受けた者との関係において国家賠償法1条1項の適用上違法となるものではない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1031. 6人中3人正解 50.0% 31465.33秒 将人(元・魔神)  権限の不行使と国家賠償責任に関して、国または公共団体の公務員による規制権限の不行使は、その権限を定めた法令の趣旨、目的や、その権限の性質等に照らし、具体的事情の下において、その不行使が許容される限度を逸脱して著しく合理性を欠くと認められるときは、その不行使により被害を受けた者との関係において国家賠償法1条1項の適用上違法となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1032. 14人中7人正解 50.0% 16585.00秒 将人(元・魔神)  権限の不行使と国家賠償責任に関して、鉱山労働者を保護するための省令が後に科学的知見に適合しない不十分な内容となったとしても、制定当時の科学的知見に従った適切なものである場合には、省令を改正しないことが、被害を受けた者との関係において国家賠償法1条1項の適用上違法となるものではない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1033. 11人中6人正解 54.5% 41.16秒 将人(元・魔神)  権限の不行使と国家賠償責任に関して、犯罪被害者が公訴の提起によって受ける利益は、公益上の見地に立って行われる公訴の提起によって反射的にもたらされる事実上の利益にすぎず、法律上保護された利益ではないので、検察官の不起訴処分は、犯罪被害者との関係で国家賠償法1条1項の適用上違法となるものではない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1034. 8人中5人正解 62.5% 342.40秒 将人(元・魔神)  地方自治法に規定されている内容として、地方自治法に定める「自治事務」とは、地方公共団体が処理する事務のうち、法定受託事務以外のものをいう。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1035. 11人中7人正解 63.6% 3299.57秒 将人(元・魔神)  地方自治法に規定されている内容として、地方公共団体は、その事務を処理するに当たっては、住民の福祉の増進に努めるとともに、最少の経費で最大の効果を挙げるようにしなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1036. 6人中2人正解 33.3% 159.50秒 将人(元・魔神)  地方自治法に規定されている内容として、地方公共団体は、常にその組織及び運営の合理化に努めるとともに、他の地方公共団体に協力を求めてその規模の適正化を図らなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1037. 6人中5人正解 83.3% 2296.40秒 将人(元・魔神)  地方自治法に規定されている内容として、市町村が当該都道府県の条例に違反して事務を処理した場合には、その市町村の行為は無効とされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1038. 6人中5人正解 83.3% 426.40秒 将人(元・魔神)  地方自治法に規定されている内容として、市町村は、その事務を処理するに当たり、当該都道府県知事の認可を得て、総合的かつ計画的な行政の運営を図るための基本構想を定めなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1039. 4人中4人正解 100.0% 8650.25秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める監査制度に関して、戦後、地方自治法が制定された際に、監査委員による監査制度のみならず、外部監査制度についても規定された。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1040. 11人中6人正解 54.5% 5592.66秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める監査制度に関して、普通地方公共団体の事務の執行に関する事務監査請求は、当該普通地方公共団体の住民であれば、1人でも行うことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1041. 8人中4人正解 50.0% 9799.25秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める監査制度に関して、普通地方公共団体の事務の執行に関する事務監査請求は、当該普通地方公共団体の住民であれば、外国人でも行うことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1042. 6人中4人正解 66.6% 78159.25秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める監査制度に関して、監査委員による監査は、長、議会または住民からの請求があったときのみに行われるため、その請求がなければ監査が行われることはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1043. 4人中2人正解 50.0% 128547.00秒 将人(元・魔神)  地方自治法の定める監査制度に関して、監査委員の監査の対象となる事務には、法定受託事務も含まれている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1044. 4人中3人正解 75.0% 32735.66秒 将人(元・魔神)  一部事務組合について、一部事務組合は、地方公共団体がその事務の一部を共同して処理するために設ける組織であるが、その例としては、土地区画整理組合、市街地再開発組合などがある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1045. 6人中3人正解 50.0% 9.00秒 将人(元・魔神)  一部事務組合について、市町村や特別区は、一部事務組合に加入できるが、都道府県は、これに加入することができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1046. 11人中9人正解 81.8% 40250.88秒 将人(元・魔神)  一部事務組合について、一部事務組合には議会が設置されることはないので、その独自の条例が制定されることもない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1047. 5人中4人正解 80.0% 7.50秒 将人(元・魔神)  一部事務組合について、地方自治法の定める「地方公共団体の組合」には、一部事務組合のほか、広域連合などがある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1048. 6人中1人正解 16.6% 98.00秒 将人(元・魔神)  一部事務組合について、一部事務組合自体は、地方公共団体ではないから、その活動について、住民監査請求や住民訴訟が認められることはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1049. 7人中3人正解 42.8% 105852.66秒 将人(元・魔神)  住民監査請求について、住民監査請求をすることができる者は、当該地方公共団体の住民に限られ、それ以外の者が請求することは認められていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1050. 7人中4人正解 57.1% 7123.75秒 将人(元・魔神)  住民監査請求について、住民監査請求の対象は、公金の支出などの地方公共団体の職員等の作為に限られ、公金の賦課徴収を怠るなどの不作為は、対象とならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1051. 6人中2人正解 33.3% 18742.50秒 将人(元・魔神)  住民監査請求について、地方公共団体の長の行為についての住民監査請求は、長に対してすべきこととなるが、長は、監査委員の意見を聴いて、監査結果を通知すべきこととされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1052. 13人中4人正解 30.7% 14488.25秒 将人(元・魔神)  住民監査請求について、住民監査請求によって請求できる内容は、当該行為の差止めなど、法定された4類型に限定されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1053. 13人中4人正解 30.7% 93629.50秒 将人(元・魔神)  住民監査請求について、監査結果などに不服がある場合は、請求人に限らず、何人もこれに対する住民訴訟を提起することが認められている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1054. 13人中9人正解 69.2% 5830.77秒 将人(元・魔神)  国家公務員について、国家公務員には、一般職と特別職があるが、国家公務員法は、両者に等しく適用される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1055. 11人中4人正解 36.3% 32329.00秒 将人(元・魔神)  国家公務員について、独立行政法人は、国とは独立した法人であるから、その職員が国家公務員法上の公務員としての地位を有することはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1056. 7人中5人正解 71.4% 410.00秒 将人(元・魔神)  国家公務員について、その不法行為について国が国家賠償法1条1項により賠償責任を負うのは、国家公務員法上の公務員に限られる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1057. 13人中6人正解 46.1% 42023.66秒 将人(元・魔神)  国家公務員について、国家公務員の懲戒免職は、行政処分であると解されており、行政不服審査法による不服申立ての対象となる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1058. 5人中3人正解 60.0% 22390.66秒 将人(元・魔神)  国家公務員について、国家公務員の人事行政に関する各種の事務をつかさどるため、総務省の外局として人事院が設置されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1059. 7人中6人正解 85.7% 10093.00秒 将人(元・魔神)  国の行政組織に関して、国家行政組織法は、内閣府を含む内閣の統轄の下における行政機関の組織の基準を定める法律である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1060. 11人中7人正解 63.6% 3768.42秒 将人(元・魔神)  国の行政組織に関して、内閣府は、内閣に置かれる行政機関であって、その長は内閣総理大臣である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1061. 8人中8人正解 100.0% 6233.75秒 将人(元・魔神)  国の行政組織に関して、省には外局として、委員会及び庁が置かれるが、内閣府にはそのような外局は置かれない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1062. 5人中3人正解 60.0% 12738.00秒 将人(元・魔神)  国の行政組織に関して、各省および内閣府には、必置の機関として事務次官を置くほか、内閣が必要と認めるときは、閣議決定により副大臣を置くことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1063. 6人中1人正解 16.6% 17.00秒 将人(元・魔神)  国の行政組織に関して、内閣は、政令を制定するほか、内閣府の所掌事務について、内閣府の命令として内閣府令を発する権限を有する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1064. 9人中6人正解 66.6% 25088.16秒 将人(元・魔神)  代理に関して、民法の規定および判例に照らし、Aは留守中の財産の管理につき単に妻Bに任せるといって海外へ単身赴任したところ、BがAの現金をA名義の定期預金としたときは、代理権の範囲外の行為に当たり、その効果はAに帰属しない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1065. 8人中5人正解 62.5% 89651.00秒 将人(元・魔神)  代理に関して、民法の規定および判例に照らし、未成年者Aが相続により建物を取得した後に、Aの法定代理人である母Bが、自分が金融業者Cから金銭を借りる際に、Aを代理して行ったCとの間の当該建物への抵当権設定契約は、自己契約に該当しないので、その効果はAに帰属する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1066. 3人中2人正解 66.6% 712.50秒 将人(元・魔神)  代理に関して、民法の規定および判例に照らし、A所有の建物を売却する代理権をAから与えられたBが、自らその買主となった場合に、そのままBが移転登記を済ませてしまったときには、AB間の売買契約について、Aに効果が帰属する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1067. 10人中6人正解 60.0% 13695.00秒 将人(元・魔神)  代理に関して、民法の規定および判例に照らし、建物を購入する代理権をAから与えられたBが、Cから建物を買った場合に、Bが未成年者であったときでも、Aは、Bの未成年であることを理由にした売買契約の取消しをCに主張することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1068. 7人中4人正解 57.1% 16631.75秒 将人(元・魔神)  代理に関して、民法の規定および判例に照らし、Aの代理人Bが、Cを騙してC所有の建物を安い値で買った場合、AがBの欺罔行為につき善意無過失であったときには、B自身の欺罔行為なので、CはBの詐欺を理由にした売買契約の取消しをAに主張することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1069. 9人中7人正解 77.7% 8325.14秒 将人(元・魔神)  Aに対して債務を負うBは、Aのために、自己が所有する土地に抵当権を設定した(他に抵当権者は存在しない)。この場合における抵当権の消滅に関して、Aの抵当権が根抵当権である場合において、Bが破産手続開始の決定を受けたときは、被担保債権は確定して満足し、根抵当権は確定的に消滅する。これは、民法の規定および判例に照らし、妥当である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1070. 11人中6人正解 54.5% 56594.33秒 将人(元・魔神)  Aに対して債務を負うBは、Aのために、自己が所有する土地に抵当権を設定した(他に抵当権者は存在しない)。この場合における抵当権の消滅に関Aの抵当権が根抵当権である場合において、元本が確定した後に、Bから土地の所有権を取得したCが、極度額に相当する金額をAに支払い、根抵当権の消滅請求をしたときは、確定した被担保債権の額が極度額を超えていたとしても、Aの根抵当権は、確定的に消滅する。これは、民法の規定および判例に照らし、妥当である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1071. 10人中1人正解 10.0% 26.00秒 将人(元・魔神)  Aに対して債務を負うBは、Aのために、自己が所有する土地に抵当権を設定した(他に抵当権者は存在しない)。この場合における抵当権の消滅に関BがAに対し、残存元本に加えて、最後の2年分の利息および遅延損害金を支払った場合には、Aの抵当権は、確定的に消滅する。これは、民法の規定および判例に照らし、妥当である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1072. 9人中2人正解 22.2% 33.00秒 将人(元・魔神)  Aに対して債務を負うBは、Aのために、自己が所有する土地に抵当権を設定した(他に抵当権者は存在しない)。この場合における抵当権の消滅に関第三者Cが、土地の所有権を時効によって取得した場合には、Aの抵当権は、確定的に消滅する。これは、民法の規定および判例に照らし、妥当である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1073. 6人中4人正解 66.6% 1849.25秒 将人(元・魔神)  Aに対して債務を負うBは、Aのために、自己が所有する土地に抵当権を設定した(他に抵当権者は存在しない)。この場合における抵当権の消滅に関第三者Cが、BのAに対する債務の全額を弁済し、その弁済と同時にAの承諾を得ていた場合には、CはAに代位することができるが、抵当権は、確定的に消滅する。これは、民法の規定および判例に照らし、妥当である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1074. 4人中4人正解 100.0% 40469.50秒 将人(元・魔神)  A、B、C三人がDに対して60万円の連帯債務を負っている場合に関して、AがDに60万円を弁済した場合に、A、B、C三人の負担部分が平等であるときは、Aは、B、Cに20万円ずつ求償できるが、もしCが無資力のときは、Bに対して30万円の求償をすることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1075. 10人中5人正解 50.0% 840.40秒 将人(元・魔神)  A、B、C三人がDに対して60万円の連帯債務を負っている場合に関して、AがDに60万円を弁済した場合に、A、B、Cの負担部分が1:1:0であり(Cには負担部分がない)、また、Bが無資力のときは、Aは、B、Cに20万円ずつ求償することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1076. 7人中5人正解 71.4% 18354.20秒 将人(元・魔神)  A、B、C三人がDに対して60万円の連帯債務を負っている場合に関して、DがAに対して60万円の債務を免除した場合に、A、B、C三人の負担部分が平等であるときは、B、Cは、40万円ずつの連帯債務を負うことになる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1077. 9人中4人正解 44.4% 22182.75秒 将人(元・魔神)  A、B、C三人がDに対して60万円の連帯債務を負っている場合に関して、DがAに対して連帯の免除をした場合に、A、B、C三人の負担部分が平等であったときは、Aは、20万円の分割債務を負い、B、Cは、40万円ずつの連帯債務を負うことになる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1078. 10人中8人正解 80.0% 3886.37秒 将人(元・魔神)  A、B、C三人がDに対して60万円の連帯債務を負っている場合に関して、A、B、C三人の負担部分が平等である事情の下で、DがAに対して連帯の免除をした場合に、Bが債務全額を弁済したときに、もしCが無資力であったとすると、Cが弁済することができない部分のうちAが負担すべき10万円はDが負担する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1079. 8人中3人正解 37.5% 311.33秒 将人(元・魔神)  他人の財産に対する費用の支出とその償還請求に関して、民法の規定および判例に照らし、A・B間の家屋売買契約が解除されても、買主Aは解除前に支出した有益費の償還を受けるまで家屋を留置することができるが、Aは、留置中にこれを使用することにより、法律上の原因なく利得することとなるから、その利得を不当利得として返還する義務がある。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1080. 6人中2人正解 33.3% 19037.00秒 将人(元・魔神)  他人の財産に対する費用の支出とその償還請求に関して、民法の規定および判例に照らし、Aは、Bに対して自己が所有する土地を売り渡したが、この売買契約と同時に買戻しの特約をしていた場合において、Aが買戻権を行使したときは、この売買契約成立後Aが買戻権を行使するまでにBがその土地につき必要費を支出していたとしても、Bは、Aに対してこの費用の償還請求をすることができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1081. 17人中8人正解 47.0% 54799.62秒 将人(元・魔神)  他人の財産に対する費用の支出とその償還請求に関して、民法の規定および判例に照らし、Aは、Bから建物を賃借して居住し、その間に同建物につき有益費を支出したが、その後に、B・C間で賃貸人たる地位の移転が生じた場合に、Aは、原則としてBに対しては有益費の償還を請求することができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1082. 11人中5人正解 45.4% 2399.40秒 将人(元・魔神)  他人の財産に対する費用の支出とその償還請求に関して、民法の規定および判例に照らし、Aは、Bに対して自己が所有する建物を賃貸していたが、Bが有益費を支出して同建物に増築部分を付加して同建物と一体とした場合において、後にその増築部分が隣家の火災により類焼して失われたときにも、Bは、Aに対して増築部分につき有益費の償還請求をすることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1083. 6人中5人正解 83.3% 4756.20秒 将人(元・魔神)  他人の財産に対する費用の支出とその償還請求に関して、民法の規定および判例に照らし、Aは、Bと寄託契約に基づき受寄物を保管していたが、保管事務を処理するのに必要と認められる費用を支出したときは、Bに対し、その費用および支出の日以後におけるその利息の償還を請求することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1084. 8人中4人正解 50.0% 1772.00秒 将人(元・魔神)  不法行為の成立に関して、民法の規定および判例に照らし、鍵が掛けられていた、他人の自転車を盗んだ者が、その自転車を運転している最中に不注意な運転により第三者に怪我を負わせてしまった場合、自転車の所有者は、第三者に対して不法行為責任を負う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1085. 6人中5人正解 83.3% 25.40秒 将人(元・魔神)  不法行為の成立に関して、民法の規定および判例に照らし、責任能力を有する未成年者が不法行為をなした場合、親権者の未成年者に対して及ぼしうる影響力が限定的で、かつ親権者において未成年者が不法行為をなすことを予測し得る事情がないときには、親権者は、被害者に対して不法行為責任を負わない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1086. 7人中5人正解 71.4% 8189.20秒 将人(元・魔神)  不法行為の成立に関して、民法の規定および判例に照らし、飲食店の店員が出前に自動車で行く途中で他の自動車の運転手と口論となり、ついには同人に暴力行為を働いてしまった場合には、事業の執行につき加えた損害に該当せず、店員の使用者は、使用者責任を負わない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1087. 5人中5人正解 100.0% 40324.60秒 将人(元・魔神)  不法行為の成立に関して、民法の規定および判例に照らし、請負人がその仕事について第三者に損害を与えてしまった場合、注文者と請負人の間には使用関係が認められるので、注文者は、原則として第三者に対して使用者責任を負う。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1088. 10人中3人正解 30.0% 2388.66秒 将人(元・魔神)  不法行為の成立に関して、民法の規定および判例に照らし、借家の塀が倒れて通行人が怪我をした場合、塀の占有者である借家人は通行人に対して無過失責任を負うが、塀を直接占有していない所有者が責任を負うことはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1089. 8人中5人正解 62.5% 7550.79秒 将人(元・魔神)  相続欠格と相続人の廃除に関して、相続欠格においては、その対象者となりうるのは全ての推定相続人であるが、相続人の廃除においては、その対象者となるのは遺留分を有する推定相続人に限られる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1090. 10人中3人正解 30.0% 17846.33秒 将人(元・魔神)  相続欠格と相続人の廃除に関して、相続欠格においては、その効果は一定の欠格事由があれば法律上当然に生ずるが、相続人の廃除においては、その効果は被相続人からの廃除請求による家庭裁判所の審判の確定によって生ずる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1091. 6人中2人正解 33.3% 2969.00秒 将人(元・魔神)  相続欠格と相続人の廃除に関して、相続欠格においては、被相続人および同順位相続人は欠格の宥恕をすることができるが、相続人の廃除においては、被相続人は審判確定後は家庭裁判所にその取消しを請求することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1092. 9人中4人正解 44.4% 3198.75秒 将人(元・魔神)  相続欠格と相続人の廃除に関して、相続欠格においては、被相続人の子が欠格者となった場合には、欠格者の子は代襲相続人となることができないが、相続人の廃除においては、被相続人の子について廃除が確定した場合でも、被廃除者の子は代襲相続人となることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1093. 7人中4人正解 57.1% 1266.00秒 将人(元・魔神)  相続欠格と相続人の廃除に関して、相続欠格においては、その効果としてすべての相続にかかわる相続能力が否定されるが、相続人の廃除においては、その効果として廃除を請求した被相続人に対する相続権のみが否定される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1094. 8人中7人正解 87.5% 4579.14秒 将人(元・魔神)  商人間の取引に関して、 A株式会社は、輸入業者Bとの間で牛肉の売買契約を締結し、Aの仕入れ担当者が引渡しに立ち会った。4ヶ月後に、当該牛肉に狂牛病の可能性のある危険部位があることが分かったため、直ちにBに通知した。この場合に、AはBに対して売買契約の解除、代金の減額または損害賠償を請求することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1095. 7人中3人正解 42.8% 4780.66秒 将人(元・魔神)  商人間の取引に関して、A株式会社は、輸入業者Bとの間でコーヒー豆の売買契約を締結した。Aの仕入れ担当者はコーヒー豆の納入に立ち会い、数量の確認および品質の検査を行った。その際、コーヒー豆の品質の劣化を認識していたが、Bに直ちには通知しなかった。この場合に、AはBに対して売買契約の解除、代金の減額または損害賠償を請求することができない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1096. 11人中8人正解 72.7% 19294.75秒 将人(元・魔神)  商人間の取引に関して、A株式会社は、輸入業者Bとの間でチューリップの球根の売買契約を締結した。Aの仕入れ担当者が引渡しに立ち会ったところ、球根の種類が予定していたものと異なっていた。そこで、Aは直ちに売買契約の解除をBに通知した。Bの営業所が同一市内にあったため、Bが引き取りに来るまでの間、Aは球根を放置していたところ、発芽し、売り物には適さないものになったが、Aには責任はない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1097. 10人中5人正解 50.0% 2783.60秒 将人(元・魔神)  商人間の取引に関して、A株式会社は、輸入業者Bとの間でバナナの売買契約を締結した。履行期日になったが、Aの加工工場でストライキが起こり、Aは期日にバナナを受領することができなかった。そこでBは、Aへの催告なしに、そのバナナを競売に付し、競売の代金をバナナの代金に充当したが、これについて、Bに責任はない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1098. 6人中4人正解 66.6% 8266.00秒 将人(元・魔神)  商人間の取引に関して、A株式会社は、輸入業者Bとの間でクリスマス商品の売買契約を締結したが、輸出国の工場での製造工程にトラブルが生じ、商品の製造が遅れたため、納入がクリスマスに間に合わなかった。Aが、Bに対して契約の解除等何らの意向を示さずに、Bからの度重なる連絡を無視し続けた場合、クリスマス商品の受領を拒むことはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1099. 7人中1人正解 14.2% 47820.00秒 将人(元・魔神)  株式会社の定款に関して、会社法の規定および判例に照らし、会社設立時に株式会社が発行する株式数は、会社法上の公開会社の場合には、発行可能株式総数の4分の1を下回ることができないため、定款作成時に発行可能株式総数を定めておかなければならないが、会社法上の公開会社でない会社の場合には、発行株式数について制限がなく、発行可能株式総数の定めを置かなくてよい。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1100. 4人中1人正解 25.0% 72159.00秒 将人(元・魔神)  株式会社の定款に関して、会社法の規定および判例に照らし、株式会社は株券を発行するか否かを定款で定めることができるが、会社法は、株券を発行しないことを原則としているので、株券を発行する旨を定款に定めた会社であっても、会社は、株主から株券の発行を請求された段階で初めて株券を発行すれば足りる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1101. 8人中5人正解 62.5% 6381.00秒 将人(元・魔神)  株式会社の定款に関して、会社法の規定および判例に照らし、株主総会は株主が議決権を行使するための重要な機会であるため、本人が議決権を行使する場合のほか、代理人による議決権行使の機会が保障されているが、会社法上の公開会社であっても、当該代理人の資格を株主に制限する旨を定款に定めることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1102. 3人中1人正解 33.3% 319.00秒 将人(元・魔神)  株式会社の定款に関して、会社法の規定および判例に照らし、取締役会は、取締役が相互の協議や意見交換を通じて意思決定を行う場であるため、本来は現実の会議を開くことが必要であるが、定款の定めにより、取締役の全員が書面により提案に同意した場合には、これに異議を唱える者は他にありえないため、当該提案を可決する旨の取締役会の決議があったものとみなすことができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1103. 9人中4人正解 44.4% 4811.75秒 将人(元・魔神)  株式会社の定款に関して、会社法の規定および判例に照らし、取締役会設置会社は監査役を選任しなければならないが、会社法上の公開会社でない取締役会設置会社の場合には、会計監査人設置会社であっても、定款で、監査役の監査権限を会計監査に限定することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1104. 10人中8人正解 80.0% 9243.74秒 将人(元・魔神)  株主名簿に関して、会社法の規定および判例に照らし、すべての株式会社は、株主名簿を作成して、株主の氏名または名称および住所ならびに当該株主の有する株式の種類および数などを記載または記録しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1105. 8人中5人正解 62.5% 19768.60秒 将人(元・魔神)  株主名簿に関して、会社法の規定および判例に照らし、基準日以前に株式を取得した者で、株主名簿に株主として記載または記録されていない者について、会社は、その者を株主として扱い、権利の行使を認容することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1106. 13人中5人正解 38.4% 3953.80秒 将人(元・魔神)  株主名簿に関して、会社法の規定および判例に照らし、株券発行会社においては、株式の譲受人は、株主名簿の名義書換えをしなければ、当該会社および第三者に対して株式の取得を対抗できない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1107. 6人中5人正解 83.3% 12426.60秒 将人(元・魔神)  株主名簿に関して、会社法の規定および判例に照らし、会社が株主による株主名簿の名義書換え請求を不当に拒絶した場合には、当該株主は、会社に対して、損害賠償を請求することができるが、株主であることを主張することはできない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1108. 3人中1人正解 33.3% 3731.00秒 将人(元・魔神)  株主名簿に関して、会社法の規定および判例に照らし、会社が株主に対してする通知または催告は、株主名簿に記載または記録された株主の住所または株主が別に通知した場所もしくは連絡先に宛てて発すれば足り、当該通知または催告は、それが通常到達すべきであった時に、到達したものとみなされる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1109. 9人中6人正解 66.6% 810.66秒 将人(元・魔神)  株式会社の事業譲渡に関して、事業譲渡を行う場合には、譲渡会社と譲受会社の間で、譲渡する資産、債務、雇用契約その他の権利義務に関する事項を包括的に定めた事業譲渡契約を締結しなければならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1110. 13人中9人正解 69.2% 48.22秒 将人(元・魔神)  株式会社の事業譲渡に関して、譲受会社が譲渡会社の商号を引き続き使用する場合には、譲受会社は、譲渡会社の事業によって生じた債務を弁済する責任を負い、譲渡会社は当該債務を弁済する責任を免れる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1111. 5人中1人正解 20.0% 94985.00秒 将人(元・魔神)  株式会社の事業譲渡に関して、譲渡会社は、当事者の別段の意思表示がない限り、同一の市町村の区域内およびこれに隣接する市町村の区域内においては、その事業を譲渡した日から20年間は、同一の事業を行ってはならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1112. 11人中7人正解 63.6% 10662.00秒 将人(元・魔神)  株式会社の事業譲渡に関して、会社がその事業の全部または重要な一部の譲渡を行う場合には、譲渡会社において株主総会の特別決議による承認を要するが、譲渡する資産の帳簿価格が譲渡会社の総資産の額の五分の一を超えないときは、株主総会の承認は不要である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1113. 5人中2人正解 40.0% 20134.00秒 将人(元・魔神)  株式会社の事業譲渡に関して、会社が他の会社の事業の全部または重要な一部を譲り受ける場合には、譲受会社において株主総会の特別決議による承認を要するが、譲受会社が対価として交付する財産の帳簿価格の合計額が譲受会社の総資産の額の五分の一を超えないときは、株主総会の承認は不要である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1114. 8人中2人正解 25.0% 1258.50秒 将人(元・魔神)  取締役の選任および解任に関して、すべての株式会社は、定款において、取締役の資格として当該株式会社の株主である旨を定めることができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1115. 13人中7人正解 53.8% 25256.71秒 将人(元・魔神)  取締役の選任および解任に関して、取締役の辞任により員数が欠けた場合、当該取締役は、直ちに取締役としての地位を失うのではなく、新たな取締役が就任するまでの間は、引き続き取締役としての権利義務を有する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1116. 2人中0人正解 0.0% 0.00秒 将人(元・魔神)  取締役の選任および解任に関して、解任された取締役であっても、正当な事由がなく解任された場合には、新たな取締役が就任するまでの間は、当該取締役は引き続き取締役としての権利義務を有する。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1117. 7人中1人正解 14.2% 68009.00秒 将人(元・魔神)  取締役の選任および解任に関して、利害関係人の申立により裁判所が一時取締役を選任した場合、当該一時取締役が株式会社の常務に属しない行為をするには、裁判所の許可が必要である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1118. 9人中3人正解 33.3% 13.66秒 将人(元・魔神)  取締役の選任および解任に関して、取締役が法令もしくは定款に違反する行為をし、当該行為によって株式会社に著しい損害が生じるおそれがある場合には、株主は直ちに当該取締役の解任の訴えを提起することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1119. 8人中6人正解 75.0% 74285.83秒 将人(元・魔神)  日本の選挙制度に関して、一般に小選挙区制は、政治が安定しやすいという長所がある反面、小政党の議席獲得が難しく、死票が多いという問題点が指摘されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1120. 7人中5人正解 71.4% 8.00秒 将人(元・魔神)  日本の選挙制度に関して、一般に比例代表制は、有権者の意思を公正に反映できるという長所がある反面、小党分立になり、政治が不安定になりやすいという問題点が指摘されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1121. 11人中5人正解 45.4% 11025.80秒 将人(元・魔神)  日本の選挙制度に関して、衆議院議員選挙では、小選挙区比例代表並立制がとられ、重複立候補が認められているが、小選挙区での得票順位と当落が逆転するなどの問題点があったため、重複立候補の場合の比例区での当選の要件を厳しくした。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1122. 8人中4人正解 50.0% 149.75秒 将人(元・魔神)  日本の選挙制度に関して、参議院議員選挙では、都道府県を単位とする選挙区選挙と比例代表制選挙がとられており、比例代表制選挙では各政党の得票数によって議席数を決め、各政党が作成した名簿上の順位によって当選者を決めることとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1123. 14人中12人正解 85.7% 13394.25秒 将人(元・魔神)  日本の選挙制度に関して、最高裁判所は、一票の価値について最大4倍以上の格差があった衆議院議員選挙について、憲法の法の下の平等に反して憲法違反であるとし、一部選挙区の選挙を無効とした。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1124. 11人中4人正解 36.3% 22215.25秒 将人(元・魔神)  行政改革に関して、NPM(New Public Management)は、ケインズ主義を理論的基礎として、1980年代にイギリスのサッチャー政権において採用され、これに基づいて公的部門の見直しが行われた。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1125. 6人中4人正解 66.6% 46594.75秒 将人(元・魔神)  行政改革に関して、エージェンシー制度は、企画立案部門と実施部門を分離し、実施部門に大きな裁量を与えることによって柔軟な組織運営をめざすものであり、日本でもこれをモデルとして独立行政法人制度がつくられた。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1126. 10人中5人正解 50.0% 35524.60秒 将人(元・魔神)  行政改革に関して、PFI(Private Finance Initiative)は、公共施設等の施設や運営に民間の資金やノウハウを活用する手法であり、日本でもこれを導入する法律が制定され、国や自治体で活用されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1127. 6人中2人正解 33.3% 20176.00秒 将人(元・魔神)  行政改革に関して、指定管理者制度は、それまで自治体の直営か外郭団体に限定されていた公共施設の管理運営を、営利企業、NPO法人などの団体にも包括的に代行させる制度であり、地方自治法の改正によって導入された。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1128. 8人中3人正解 37.5% 18.00秒 将人(元・魔神)  行政改革に関して、市場化テストは、民間企業と行政組織の間でサービスの質や効率性を競う入札を実施し、行政に勝る民間企業があれば、当該業務を民間企業に委託する制度であるが、日本ではまだ導入されていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1129. 10人中4人正解 40.0% 56921.00秒 将人(元・魔神)  わが国の教育制度に関して、教育委員会は、政治的中立性の確保や合議制による慎重な意思決定等を目的として設けられた行政委員会であり、国、都道府県、市町村にそれぞれ設置されている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1130. 10人中3人正解 30.0% 15.00秒 将人(元・魔神)  わが国の教育制度に関して、教育委員会を構成する教育委員は、かつては住民の選挙によって選ばれていたが、現在では地方公共団体の長が議会の同意を得て任命する制度となっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1131. 9人中4人正解 44.4% 3862.00秒 将人(元・魔神)  わが国の教育制度に関して、小中学校の教員の採用や給与の支払いについては、かつては県費負担教職員制度の下で都道府県が実施していたが、地方分権改革の下でこの制度が廃止され、現在は各市町村が実施している。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1132. 11人中6人正解 54.5% 31145.16秒 将人(元・魔神)  わが国の教育制度に関して、学校の自立的な運営体制をつくるため、教員免許を有する者であれば、教育に関する職の経験がなくても、校長に任用できる制度が新たに導入され、現在、いわゆる民間人校長が多数誕生している。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1133. 11人中6人正解 54.5% 8449.50秒 将人(元・魔神)  わが国の教育制度に関して、従来、小中学校について通学すべき区域を定める学区制がとられていたが、現在この制度は法令上廃止され、保護者の希望によって通学校を選択する学校選択制に切り替えられた。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1134. 3人中2人正解 66.6% 21.00秒 将人(元・魔神)  日本の公的介護保険制度に関して、65歳以上の被保険者が負担することとされている保険料額は、市町村を基本とする保険者ごとに異なっているが、同じ地域に住む被保険者が負担する保険料は一律とされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1135. 6人中3人正解 50.0% 11614.33秒 将人(元・魔神)  日本の公的介護保険制度に関して、介護保険によるサービスを利用する場合には、あらかじめ要介護認定を受ける必要があり、要介護、要支援、自立のいずれかに認定されるが、介護予防給付を受けることができるのは、自立または要支援と認定された者に限られる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1136. 6人中4人正解 66.6% 63470.75秒 将人(元・魔神)  日本の公的介護保険制度に関して、介護保険によるサービスを利用する際には、原則として利用料の1割を自己負担すれば、あとの9割が保険給付によってまかなわれることとされているが、その利用には要介護度ごとに限度額が設けられている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1137. 10人中3人正解 30.0% 9743.33秒 将人(元・魔神)  日本の公的介護保険制度に関して、介護保険制度の導入により、民間事業者が参入することとなったが、民間事業者の監督業務は、基本的には、広域性の観点から都道府県が実施することとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1138. 9人中3人正解 33.3% 8609.33秒 将人(元・魔神)  日本の公的介護保険制度に関して、介護保険のサービスには、居宅サービスと施設サービスとがあるが、保険制度の導入以降、居宅サービスよりは施設サービスの利用割合を高くすることか目指されており、施設整備が急速に進んでいる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1139. 11人中6人正解 54.5% 27581.83秒 将人(元・魔神)  日本の租税構造に関して、近代では、国に納める国税と、都道府県や市町村などに納める地方税との税収の比率は、おおよそ6:4となっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1140. 12人中7人正解 58.3% 57550.71秒 将人(元・魔神)  日本の租税構造に関して、近年の税収構造をみると、所得税や法人税などの直接税と、消費税や酒税などの間接税の税収の比率は、おおよそ1:1となっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1141. 11人中8人正解 72.7% 10658.87秒 将人(元・魔神)  日本の租税構造に関して、国税収入の内訳をみると、近年では消費税の割合がもっとも高くなっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1142. 9人中6人正解 66.6% 43510.16秒 将人(元・魔神)  日本の租税構造に関して、消費税は、税収が景気の影響を比較的受けにくい安定的な税目とされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1143. 10人中6人正解 60.0% 90532.33秒 将人(元・魔神)  日本の租税構造に関して、資産課税には例えば相続税や固定資産税、都市計画税があるが、これらはいずれも地方税に区分される。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1144. 5人中3人正解 60.0% 99.33秒 将人(元・魔神)  日本の生活保護制度に関して、生活扶助は被保護者の居宅において行うこととされているが、ホームレスなどのように安定した居住地がない場合であっても、保護の申請を行うことは認められている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1145. 10人中6人正解 60.0% 20391.16秒 将人(元・魔神)  日本の生活保護制度に関して、生活保護法では、生活困窮者に対する最低限度の生活保障が規定されているが、その扶助はすべて現金での給付によるものとされ、財やサービスの現物給付による保障は行われていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1146. 7人中5人正解 71.4% 10052.80秒 将人(元・魔神)  日本の生活保護制度に関して、たとえ生活に困窮する高齢者であっても、公的年金の給付を受けている場合には、生活保護の受給権は認められない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1147. 7人中3人正解 42.8% 12222.33秒 将人(元・魔神)  日本の生活保護制度に関して、生活保護は、世帯ではなく個人を単位とした申請主義をとることとされており、保護を受けるためには、保護を必要とする者が、自ら申請を行わなくてはならない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1148. 13人中7人正解 53.8% 193.00秒 将人(元・魔神)  日本の生活保護制度に関して、地方自治体では、被保護者の自立促進を目的とした自立支援プログラムを策定しており、生活習慣改善などの取組が推進されているが、職業訓練や職業紹介などの就労支援は公共職業安定所の役割とされ、これには含まれていない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1149. 8人中7人正解 87.5% 22864.28秒 将人(元・魔神)  「個人情報の保護に関する法律」に関して、この法律は、「プライバシーの権利」という言葉を明文で目的規定に掲げ、高度情報通信社会におけるこの権利の重要性を説いている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1150. 8人中7人正解 87.5% 14403.00秒 将人(元・魔神)  「個人情報の保護に関する法律」に関して、この法律にいう「個人情報」は、生存する個人に関する情報であれば、日本国民のみならず外国人の個人情報も含む。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1151. 9人中6人正解 66.6% 5292.16秒 将人(元・魔神)  「個人情報の保護に関する法律」に関して、法人等の団体そのものに関する情報も、法人等の役員の情報も「法人」の情報であって、この法律にいう「個人情報」ではない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1152. 10人中5人正解 50.0% 1594.80秒 将人(元・魔神)  「個人情報の保護に関する法律」に関して、外部に情報提供する目的で個人情報データベース等を作成・管理しているだけのデータベース事業者は、「個人情報取扱事業者」に該当しない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1153. 17人中11人正解 64.7% 3046.00秒 将人(元・魔神)  「個人情報の保護に関する法律」に関して、行政書士会、税理士会などの士業の団体は、営利事業を営むものではないので、この法律にいう「個人情報取扱事業者」に該当することはない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1154. 16人中10人正解 62.5% 4107.50秒 将人(元・魔神)  青少年のインターネット利用環境が社会的な問題となっているが、中高生が、プロフ(Web上で自分のプロフィールを作成して公開するサービス)で安易に個人情報を発信してトラブルに巻き込まれる事例が少なくないことが問題となっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1155. 7人中5人正解 71.4% 226.80秒 将人(元・魔神)  青少年のインターネット利用環境が社会的な問題となっているが、フィルタリングとは、インターネット利用における情報閲覧の制限や受発信を制限することをいい、子どもたちに見せたくない出会い系サイトやアダルトサイト等の有害情報が含まれるサイトを画面に表示しないようにできる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1156. 6人中2人正解 33.3% 17718.50秒 将人(元・魔神)  青少年のインターネット利用環境が社会的な問題となっているが、子どもたちが安全に安心してインターネットを利用できるようにすることを目的とした法律(青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律)が制定されたが、この法律では、何が有害な情報かは民間ではなく政府が認定することとされている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1157. 6人中4人正解 66.6% 15171.00秒 将人(元・魔神)  青少年のインターネット利用環境が社会的な問題となっているが、あらたに18歳未満の子どもが携帯電話・PHSでインターネットを利用する場合には、青少年有害情報フィルタリングサービスが提供されるが、これは保護者の申し出があれば解除できる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1158. 12人中5人正解 41.6% 2152.00秒 将人(元・魔神)  青少年のインターネット利用環境が社会的な問題となっているが、Webサイトの管理者には、自分のWebサイトや自社サーバーからの有害な情報発信があった場合、子どもが閲覧できないような措置をとる努力義務が、法律(青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律)に定められている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1159. 6人中6人正解 100.0% 7057.50秒 将人(元・魔神)  情報通信に関する諸法律について、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」は、近年改正され、あらかじめ同意した者に対してのみ広告宣伝メールの送信を認める方式(いわゆる「オプトイン」方式)を導入した。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1160. 9人中7人正解 77.7% 16035.28秒 将人(元・魔神)  情報通信に関する諸法律について、プロバイダ責任制限法(特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律)は、インターネット上の情報流通によって権利侵害を受けたとする者が、プロバイダ等に対し、発信者情報の開示を請求できる権利を定めている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1161. 13人中9人正解 69.2% 15923.11秒 将人(元・魔神)  情報通信に関する諸法律について、e−文書通則法(民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律)は、民間事業者等が書面に代えて電磁的記録による保存、作成、縦覧、交付を行うことができるようにするための規定を置いている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1162. 9人中2人正解 22.2% 330.50秒 将人(元・魔神)  情報通信に関する諸法律について、「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」は、不正アクセス行為およびコンピュータウイルスの作成行為等を禁止し、それらに対する罰則を定めている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1163. 10人中8人正解 80.0% 17923.25秒 将人(元・魔神)  情報通信に関する諸法律について、電子消費者契約法(電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律)は、インターネットを用いた契約などにおける消費者の操作ミスによる錯誤について、消費者保護の観点から民法の原則を修正する規定を置いている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1164. 6人中2人正解 33.3% 34580.50秒 将人(元・魔神)  2011年に予定されているテレビ放送のデジタル化について、デジタルテレビはハイビジョン(高画質)で放送されることが多いが、標準画質のデジタル放送も可能である。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1165. 12人中10人正解 83.3% 5269.90秒 将人(元・魔神)  2011年に予定されているテレビ放送のデジタル化について、デジタル放送は双方向サービスであるので、上りの電話回線を用いなくても、オンデマンドの動画配信サービスを地上デジタル波を用いて受信できる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1166. 11人中9人正解 81.8% 2694.77秒 将人(元・魔神)  2011年に予定されているテレビ放送のデジタル化について、アナログ受像機であっても、外付けチューナーを装着すれば、デジタル波を受信してテレビ放送を視聴することができる。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1167. 6人中3人正解 50.0% 24247.66秒 将人(元・魔神)  2011年に予定されているテレビ放送のデジタル化について、地上波をVHF専用のアンテナで受信している場合、受像機のみならずアンテナも交換しなければデジタル放送を受信できない。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1168. 9人中5人正解 55.5% 6243.40秒 将人(元・魔神)  2011年に予定されているテレビ放送のデジタル化について、デジタル放送が全国普及する2011年以降も、2015年までアナログテレビ放送が並行して放送され続けることになっている。
【行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など】より
by 将人(元・魔神)
行政書士試験の練習用の「肢別」の過去問題など
Q1169. 654人中324人正解 49.5% 2305.75秒 平成15年 法令等 第1問  平成15年 法令等 第1問
次の記述のうち、誤っているものはどれか。
【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第1問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1170. 684人中381人正解 55.7% 1444.92秒 平成15年 法令等 第2問  平成15年 法令等 第2問
わが国における紛争解決制度についての記述として、正しいものはどれか。
【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第2問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1171. 710人中416人正解 58.5% 878.63秒 平成15年 法令等 第3問  平成15年 法令等 第3問
次の憲法条文の例のうち、権利の保障のあり方について、他とは異なる考え方に基づくものはどれか。
【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第3問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1172. 695人中334人正解 48.0% 2722.12秒 平成15年 法令等 第4問  平成15年 法令等 第4問
次の文章は、ある最高裁判決の一部である。そこにいう検閲の定義にあてはまると考えられる事例は、ア〜オのうち、いくちあるか?

 憲法21条2項にいう「検閲」とは、行政権が主体になって、思考内容等の表現物を対象とし、その全部又は一部の発表を禁止の目的として、対象とされる一定の表現物につき網羅的一般的に、発表前にその内容を審査した上、不適当と認めるものの発表を禁止することを、その特質として備えるものを指す。

ア・税関で、関税定率法における輸入禁制品の検査の結果、わいせつ表現を含む書物の輸入を禁止すること
イ・当事者の申請に基づき審理した上で、裁判所が、名誉毀損表現を含む出版物を、仮処分により事前に差し止めること
ウ・高等学校用「政治・経済」の教科書として出版しようとした書物につき、文部化学省で検定し、不合格の処分を行うこと
エ・メーデー式典に使用する目的で出された、公共の用に供されている広場の利用申請に対して、不許可の処分を行うこと
オ・総務省で、出版前に書物を献本することを義務づけ、内閣の結果、風俗を害すべき書物については、発行を禁止すること
【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第4問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1173. 688人中324人正解 47.0% 1771.08秒 平成15年 法令等 第5問  平成15年 法令等 第5問
次の記述のうち、刑事手続きに関する日本国憲法の条文の字句に照らして、誤っているものはどれか。
【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第5問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1174. 689人中378人正解 54.8% 1832.88秒 平成15年 法令等 第6問  平成15年 法令等 第6問
衆議院の解散に関する日本国憲法の条文に照らして、次の記述のうち誤っているものはどれか。
【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第6問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1175. 760人中430人正解 56.5% 2202.80秒 平成15年 法令等 第7問  平成15年 法令等 第7問
日本国憲法の条文およびその解釈によって導かれる「最高裁判所の権能」として、誤っているものはどれか。
【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第7問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1176. 635人中233人正解 36.6% 3498.30秒 平成15年 法令等 第8問  平成15年 法令等 第8問
情報公開法(「行政機関の保有する情報の公開に関する法律」)は、何人にも「行政文章」の開示請求権を認める(第3条)。
開示請求は、開示請求書を行政機関の長に提出してしなければならないが、次にあげる事項(ア〜オ)のうち、同法第4条が開示請求書の記載事項として要求してくるのは、いくつあるか。

ア・開示請求をする者の氏名または名称および住所または並びに法人その他の団体にあっては代表者の氏名。
イ・開示請求をする者の本人性を証する書類
ウ・行政文書の名称その他の開示請求に係る行政文書を特定するに足りる事項
エ・当該行政文書の開示を請求する理由
オ・開示請求に対して決定がなされるべき期限
【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第8問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1177. 725人中380人正解 52.4% 1328.94秒 平成15年 法令等 第9問  平成15年 法令等 第9問
行政に関する公法と私法の関係について次の記述のうち、最高裁判所の判例に照らして妥当なものはどれか。
【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第9問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1178. 673人中373人正解 55.4% 2164.96秒 平成15年 法令等 第10問  平成15年 法令等 第10問
国家賠償法についての次の記述のうち、判例に照らして妥当なものはどれか。

【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第10問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1179. 668人中247人正解 36.9% 4370.05秒 平成15年 法令等 第11問  平成15年 法令等 第11問
訴訟を提起することができる期間が法律によって定められている場合、それを「出訴期間」という。
行政庁の処分をめぐって各訴訟とその出訴期間の原則に関するア〜オの記述のうち、正しいものはいくつあるか?

ア・行政事件訴訟法によると、無効等確認訴訟の出訴期間は、処分があった事を知った日から3ヶ月以内である。
イ・行政事件訴訟法によると、取消訴訟の出訴期間は、処分があったことを知った日から3ケ月以内である。
ウ・国家賠償法によると、国家賠償請求訴訟の出訴期間は、原因となる行為のあったことを知った日から3ヶ月以内である。
エ・行政訴訟法によると、不作為の違法確認訴訟の出訴期間は、申請をした日から3ケ月以内である。
オ・行政事件訴訟法によると、義務づけ訴訟の出訴期間は、申請をした日から3ケ月以内である。

【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第11問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1180. 688人中183人正解 26.5% 5329.67秒 平成15年 法令等 第12問  平成15年 法令等 第12問
次の手続的権利には、行政手順法に定められているものと行政不服審査法に定められている物とがある。
そのうち、両方に定められているのは、いくつあるか?

ア・関係職員への質問
イ・反論書の提出
ウ・証拠書類等の提出
エ・物件の提出要求の申し立て
オ・検証の申し立てと立ち会い
【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第12問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1181. 665人中253人正解 38.0% 1862.24秒 平成15年 法令等 第13問  平成15年 法令等 第13問
行政手続法が施行された時点(平成6年10月1日)では、同法と地方自治法の関係は希薄であった。
ところが、いわゆる地方分権一括法(「地方分権の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」)により改正された新地方自治法(平成12年4月1日施行)には、第245条以下に、行政手続法と極めて似かよった規定がいくつか置かれることになった。
次のア〜オのうち、行政手続法と地方自治法が共通して定めを設けている事項は、いくつあるか。

ア・申請拒否処分の際の理由の提示
イ・許認可に際しての標準処理期間の作成・公表
ウ・許認可の取消しに先立つ聴講の実施
エ・許認可の取消しに際しての書面主義
オ・届出に関する到達主義
【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第13問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1182. 679人中274人正解 40.3% 3088.31秒 平成15年 法令等 第14問  平成15年 法令等 第14問
次の記述のうち、行政手続法上正しいものはどれか。
【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第14問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1183. 671人中328人正解 48.8% 2947.20秒 平成15年 法令等 第15問  平成15年 法令等 第15問
行政不服審査法による不服申立てをめぐる次の記述のうち、
正しいものはどれか。

【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第15問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1184. 664人中170人正解 25.6% 4680.70秒 平成15年 法令等 第16問  平成15年 法令等 第16問
ア〜オの記述のうち、行政不服審査法に照らして誤っているものは、いくつあるか。

ア・不服申立てを審査する行政庁は、申請した利害関係人に、参考人として不服申立てに参加する事を許可する権限を有する。
イ・不服申立人は、不服申立てを審査する行政庁に、必要と考える参考人の事実陳述を求めるように申し立てることができる。
ウ・不服申立人は、不服申立てを審査する行政庁に、処分の理由となった事実を証する書類等の閲覧を正当な事由があれば求めることができる。
エ・不服申立てを審査する行政庁は、審査の必要に応じて、書類その他の物件の所持人にそれらの提出を命ずる事ができる。
オ・不服申立ての審理は書面によるのが原則で、不服申立人に口頭意見陳述の機会を与えるのは、不服申立てを審査する行政庁が必要と認めた場合のみである。
【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第16問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1185. 702人中318人正解 45.2% 1146.13秒 平成15年 法令等 第17問  平成15年 法令等 第17問
次の記述のうち、誤っているものはどれか。
【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第17問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1186. 660人中276人正解 41.8% 1641.61秒 平成15年 法令等 第18問  平成15年 法令等 第18問
地方公共団体のいわゆる100条調査権に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。
【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
by 平成15年 法令等 第18問
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1187. 518人中219人正解 42.2% 2148.94秒   平成18年 法令等 第4問
次のア〜オの記述のうち、憲法上、天皇の国事行為として認められていないものはいくつあるか。

ア 内閣総理大臣の指名
イ 憲法改正、法律、政令及び条約の裁可
ウ 国務大臣の任免
エ 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権の決定
オ 衆議院の解散


【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1188. 540人中175人正解 32.4% 5052.44秒   平成18年 法令等 第5問
次の文章は、表現と行為の関係に言及した、ある最高裁判所判決の一節である。これを読み、同様に純然たる意見表明ではない各種の行為に対して、判例が採っている考え方として誤っているものは、次の1〜5のうちどれか。

 憲法21条の保障する表現の自由は、民主主義国家の政治的基盤をなし、国民の基本的人権のうちでもとりわけ重要なものであり、法律によってもみだりに制限することができないものである。そして、およそ政治的行為は、行動としての面をもつほかに、政治的意見の表明としての面をも有するものであるから、その限りにおいて、憲法21条による保障を受けるものであることも、明らかである。


【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1189. 537人中299人正解 55.6% 2561.98秒   平成18年 法令等 第1問
裁判外の紛争処理手続の種類に関する次の文章の空欄[A]〜[D]内に当てはまる語として、正しいものの組合せはどれか。

 紛争当事者は、話し合いにより互いに譲り合って紛争を解決することができる。しかし当事者間で話し合いがつかないときは、権威のある第三者に入ってもらって、紛争を解決するほかない。国家はそのために、正式な裁判のほかにも種々の制度を用意しているが、その一つが裁判上の[A]である。また「当事者の互譲により、条理にかない実情に即した解決を図ることを目的とする」紛争解決方法として、わが国では[B]が発達し、争いの性質によっては訴訟よりも活用されてきた。たとえば家事審判法によれば、[B]を行うことのできる事件についてはいきなり訴訟を提起することはできず、まずは[B]の申立てをしなければならない。裁判によらない紛争解決の方法としては、さらに[C]がある。これは紛争当事者が争いの解決のために第三者を選び、その判断に服することを約束することによって争いを解決する手段であり、特に商人間の紛争解決手法として古くから発達してきた。近時はこのような裁判外の紛争処理方法を[D]として捉えて、その機能を強化することへの期待が高まっており、関係する制度の整備が行われている。

【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1190. 559人中227人正解 40.6% 2774.29秒   平成18年 法令等 第2問
外国人に関する次のア〜オの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

ア 父母がともに外国人である場合において、子が日本で生まれたときは、その子は、日本国民となる。

イ 外国人が日本国外において犯罪を行った場合には、日本の刑法が適用されることはない。

ウ 地方公共団体は、条例により、その区域内に住所のある外国人に対して、当該地方公共団体の長および議会の議員の選挙権を付与することができる。

エ 外国人は、法令または条約により禁止される場合を除いて、私法上の権利を亨有する。

オ ともに外国人である者が日本において婚姻する場合の婚姻の成立および効力については、日本の法律による。


【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1191. 530人中242人正解 45.6% 1661.50秒   平成18年 法令等 第3問
私人間における人権規定の効力に関する次の記述のうち、最高裁判所の判例の述べるところはどれか。
【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1192. 545人中259人正解 47.5% 3231.01秒   平成18年 法令等 第6問
次の条文の[]部@〜Dについての記述として、妥当なものはどれか。

 第11条 @[国民]は、すべてのA[基本的人権の享有]を妨げられない。B[この憲法]が国民にC[保障]する基本的人権は、侵すことのできないD[永久の権利]として、現在及び将来の国民に与へられる。


【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1193. 574人中283人正解 49.3% 2523.84秒   平成18年 法令等 第7問
次のア〜オの記述のうち、日本国憲法に規定されているものは、いくつあるか。

ア 何人も、同時に両議院の議員たることはできない。
イ 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
ウ 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
エ 何人も、正当な理由がなければ、拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ち
に本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければならない。
オ 刑事事件について、別に法律で陪審の制度を設けることを妨げない。


【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1194. 536人中311人正解 58.0% 1109.41秒   平成18年 法令等 第8問
公法と私法が交錯する領域に係る次の記述のうち、妥当なものはどれか。
【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1195. 544人中301人正解 55.3% 2179.50秒   平成18年 法令等 第9問
行政庁などの行政機関の概念に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など
Q1196. 559人中249人正解 44.5% 1598.98秒   平成18年 法令等 第10問
行政行為の職権取消と撤回に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

【行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など】より
行政書士試験の練習用の「本試験型」の過去問題など

qqq systems Ver2.24